田中一光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

田中 一光(たなか いっこう、本名:たなか かずあき、1930年1月13日 - 2002年1月10日)は、日本のグラフィックデザイナー[1]奈良県奈良市出身。

昭和期を代表するグラフィックデザイナーとして活躍した。グラフィックデザイン、広告の他、デザイナーとして日本のデザイン界、デザイナーたちに大きな影響を与えた。作風は琳派に大きな影響を受けている。

略歴[編集]

主な受賞歴[編集]

  • ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ 銀賞
  • 毎日デザイン賞
  • ニューヨークADC 金賞
  • 東京ADC 会員最高賞
  • 毎日芸術賞
  • TDC 会員金賞
  • 第一回亀倉賞
  • 織部賞
  • 講談社出版文化賞

主な仕事[編集]

西武百貨店の包み紙(2012年撮影)

著書[編集]

  • 『デザインの周辺』 白水社、ISBN 978-4560039427
  • 『デザインの仕事机から』 白水社、ISBN 978-4560039434
  • 『デザインの前後左右』 白水社、978-4560038611
  • 『田中一光自伝 われらデザインの時代』 白水社、ISBN 978-4560073704
  • 『デザインと行く』白水社、978-4560073391
  • 『伝統と今日のデザイン』トランスアート、ISBN 978-4924956889

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 尾登誠一 「1 色のセンスのよしあし」『色彩楽のすすめ』 岩波書店〈岩波アクティブ新書〉、2004年1月7日、第1刷、7ページ。ISBN 4-00-700101-4

関連人物[編集]



田中一光デザイン室出身のデザイナー