佐藤卓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

佐藤 卓(さとう たく、1955年 - )は、東京都出身のグラフィックデザイナー

パッケージデザイングラフィックデザインアートディレクションを中心に活躍する。

来歴[編集]

日常生活や消費社会における商品デザインを中心に、VIやプロダクトデザイン、商品企画テレビ番組のアートディレクションなど、その活動は多岐にわたる。また商業デザインのかたわら、「バーバーサインプロジェクト」のようなデザインをアートワークとしての切り口から考察、検証するプロジェクトやエキシビションにも注力する。

ラテン音楽の愛好家で、学生時代はプロミュージシャンパーカッショニスト)を目指したこともある。「ミネソタ・ファッツ」というバンドでパーカッションを担当。

電通で鈴木八朗に師事。鈴木に「佐藤はデザイナーに向いていない」と言われる。

毎日デザイン賞、東京ADC賞、JAGDA 新人賞、東京TDC賞、ニューヨークADC賞、日本パッケージデザイン大賞金賞、Gマーク大賞、デザインフォーラム金賞、原弘賞受賞。東京ADC東京TDCJAGDA・日本デザインコミッティー・AGI会員。21_21 DESIGN SIGHTディレクター

略歴[編集]

主な作品[編集]

エキシビション[編集]

  • 1990年 - 「NEO-ORNAMENTALISM」展(アクシスギャラリー)
  • 2001年 - 「デザインの解剖」展(松屋デザインギャラリー)
  • 2002年 - 「都市に潜むルーメン」展(ギャラリー「巷房」)
  • 2002年 - 「デザインの原形」展(松屋銀座8階大催場)
  • 2002年 - 「INVISIBLE DESIGNER 」佐藤卓展(トロント日本文化センター)
  • 2002年 - 「ANATOMIA DO DESIGN a obra de Taku Satoh 」佐藤卓展(サンパウロ日本文化センター)
  • 2004年 - 佐藤卓展〈PLASTICITY〉(ギンザ・グラフィック・ギャラリー
  • 2006年 - 佐藤卓展「日常のデザイン」(水戸芸術館
  • 2007年 - 佐藤卓ディレクション「water」(21_21 DESIGN SIGHT

主な著書[編集]

テレビ出演[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]