狂った果実 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
狂った果実
Crazed Fruit
著者 石原慎太郎
イラスト 奥野肇
発行日 1956年7月10日
発行元 新潮社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本 紙装
Portal.svg ウィキポータル 文学

Portal.svg ウィキポータル 映画

Portal.svg ウィキポータル テレビ
テンプレートを表示

狂った果実』(くるったかじつ)は、石原慎太郎短編小説1956年(昭和31年)、文芸雑誌「オール讀物」7月号に掲載。単行本は同年7月10日に新潮社より刊行された。同名のタイトルの映画作品も同年7月12日に公開された。

あらすじ[編集]

夏の逗子海岸で、大学生と高校生の兄弟二人が、ヨットやボートで遊んでいる。兄の夏久は、太陽族と呼ばれ、享楽的で不良っぽい。反して弟の春次は、かたくて純真なタイプで、女性にもうぶである。あるとき、二人は恵梨という美女と海で知り合う。春次は彼女に惹かれ、真剣な思いで次第につきあうようになる。ところが別の日に横浜のクラブで恵梨を見かけた兄の夏久は、彼女に夫がいたことを知る。春次との浮気を正当化する恵梨だが、夏久は弟に言わない代わりに自分と浮気するように迫り、強引に抱きしめ関係を持ってしまう。恵梨は春次に心はあるものの、夏久の魅力、肉体にも惹かれていく。あるとき夏久は、弟を出し抜いて恵梨をヨットで海に連れ出し、弟も夫も捨てて俺についてくるようにと迫る。恵梨を奪われたと知った春次は、二人が乗ったヨットをモーターボートで徹夜で探す。とうとう二人が一緒のところを見つけた春次は、ヨットの周囲を無言で何度も回り続ける。兄は、お前の勝ちだと言い、恵梨は、春次の名前を呼んで海に飛び込む。しかし春次はボートで恵梨をはね、ヨットに体当たりするのだった。

映画[編集]

狂った果実
監督 中平康
脚本 石原慎太郎
原作 石原慎太郎
出演者 石原裕次郎
北原三枝
津川雅彦
音楽 佐藤勝
武満徹
撮影 峰重義
編集 辻井正則
製作会社 日活
配給 日活
公開 日本の旗 1956年7月12日
上映時間 87分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要[編集]

1956年日活により映画化・公開(太陽族映画)された。石原慎太郎が同名の原作小説を書き始める段階で日活から「映画化したい」という話があり、慎太郎が弟・裕次郎の主演を条件に承諾したという。慎太郎自身が脚本も手がけている。

津川雅彦についても、ある結婚式で慎太郎がたまたま見かけた津川の印象が強烈で「彼でなければ駄目だ」という慎太郎の強力な推薦により出演が決定した。ちなみに、津川の芸名もこの作品に出演した時に慎太郎が自らの小説『太陽の季節』のメインキャラクター「津川竜哉」から命名した(いずれのエピソードも慎太郎の小説『弟』に詳細が書かれている)。

石原裕次郎の実質的なデビュー作品であり、裕次郎は本作で一躍スターダムに上り詰めた。後に結婚に至る北原三枝(=石原まき子)との初共演もこの作品であった。 太陽族ブームを当て込んでの企画であったため、強行スケジュールでの撮影となる。監督に起用された当時新人の中平は、この作品で、一躍注目を浴びることになった。 また中平康監督の代表作であるのみならず、フランスのヌーヴェル・ヴァーグへの影響も指摘されるなど、映画史の上でも重要な作品となっている。

公開後の影響[編集]

この作品で一躍スターになった裕次郎は、翌年公開された『嵐を呼ぶ男』で文字通り爆発的な人気となる。これによって、日活映画は、生真面目な文芸映画や純愛ものの作品から、アクションものに路線が変わっていく。また、松竹なども、優男が出てくる作品、女性のメロドラマなどが、急速に人気を失っていった。一人のスターの登場によって、映画界の様相が変化したと言われている。[1]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

なお、『海浜の情熱』というタイトルで海外でも上映されている。

テレビドラマ[編集]

2002年9月9日TBSの単発スペシャルドラマにて『狂った果実2002』として放映された。舞台設定を現代に変更している。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本映画の巨匠たちⅢ 佐藤忠男 学陽書房1997年

外部リンク[編集]