青春とはなんだ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

青春とはなんだ(せいしゅん ‐ )は、1965年から1966年にかけて東宝制作、テアトル・プロ共同制作で日本テレビ系で放送された夏木陽介主演の学園ドラマ。東宝青春学園ドラマの先駆け的作品である。

解説[編集]

アメリカ帰りの野々村健介は、田舎町・森山町の森山高校の英語教師に就任し、ラグビーを通じて生徒たちと心の交流、人間教育を展開していく。また同時に町に蔓延する黒い影と戦っていくのだった。

原作は、石原慎太郎の同名小説で、当初は2クール26話の予定で放送されていたが、好評で1年間の放送になった。よって原作から離れたオリジナル・ストーリーになったため第27話からそれまでの「原作・石原慎太郎」から「原案・石原慎太郎」というクレジット表記に変更された。

2クール終了での最終回予定の第25話「どろんこ作戦」は2人の監督がクレジットされているが、実質は松森健、児玉進に高瀬昌弘を加えた3人体制で演出していた。出演していた俳優の加東大介が「さすが東宝、3人で監督とは」と唸ったという[1]

本作が始まる3ヶ月前に日活によって映画化(1965年7月14日公開)。野々村健介役は石原裕次郎だった。その後、番組の終了直後に本作と同じ東宝によっても、劇場版が『これが青春だ!』(1966年)のタイトルで製作、公開された。これは『でっかい太陽』、『燃えろ!太陽』(1967年)とシリーズ化された。

本作は大正製薬一社提供だが、本作をもってこの枠の大正製薬一社提供番組は終結した。しかし大正製薬は以後も、2011年現在放送中の『世界の果てまでイッテQ!』に至るまでこの枠の提供を続けている。

当時入社3年目で若手のホープだった徳光和夫が最終回にラグビー中継のアナウンサー役で出演している(徳光は当時『日本プロレス中継』の実況を担当していた)。

放送データ[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

主な出演者[編集]

【森山高校教師・職員】

【森山高校生徒・OB】

【町の人々】

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放映日 サブタイトル  監督 脚本 ゲスト
第 1話 1965年
10.24
汽車から降りた男 松森健   井手俊郎 丸山英明(駅員)  
第 2話 10.31 こんにちわ学生諸君! 松森健 井手俊郎
第 3話 11.7 若い息吹き 松森健 須崎勝弥 堤康久 (質屋)
第 4話 11.14 青空教室 松森健 須崎勝弥
第 5話 11.21 渦の中 松森健  浅川清道
第 6話 11.28 黒い雲 松森健  浅川清道 中北千枝子(友田の母)
第 7話 12.5 暴力追放 児玉進 浅川清道
第 8話 12.12 若い旋風 児玉進 須崎勝弥 有島一郎(部長)、堺左千夫(課長)
第 9話 12.19 台風一過 児玉進 須崎勝弥 美川陽一郎(吉野の父)
第10話 12.26 風に立つ 児玉進 浅川清道 田崎潤 (長沼)
第11話 1966年
1.2
暖かい冬 松森健 井手俊郎 柳川慶子(鈴子)、青山京子(竹村里枝)
第12話 1.9 子供の夢 松森健 井手俊郎 久保明(杉本弘)、千石規子(寺の女房)
柳川慶子、青山京子
第13話 1.16 危険な年輪 松森健   須崎勝弥 酒井和歌子(木塚初子)、中村是好(初子の義父)
中丸忠雄(陣内)、清川玉枝(スナックのママ)
第14話 1.23 フェアープレイ 松森健  須崎勝弥 中丸忠雄、白川由美(矢吹医師)
第15話 1.30 みんな恋人   松森健  浅川清道 高橋紀子(宗方洋子)、白川由美
第16話 2.6 愛情の輪     松森健    井手俊郎 布施明(本人役)、高橋紀子
第17話 2.13 遠い空の果てに 高瀬昌弘   浅川清道 藤岡重慶(冬山捜索隊員)
第18話 2.20 制服の日誌    高瀬昌弘   須崎勝弥 二木てるみ (西条真理)、南美江(真理の叔母)
第19話 2.27 ハッピーバースデイ [3]  松森健     井手俊郎
第20話 3.6 試験と泥棒     松森健    須崎勝弥 矢竹真一
第21話 3.13 わが道を行く   高瀬昌弘   井手俊郎 若林映子(柴田弓子)
第22話 3.20 おお! 落第     松森健   田波靖男 久世竜
第23話 3.27 螢の光      松森健  田波靖男
第24話 4.3 高校三年      高瀬昌弘     須崎勝弥 E・H・エリック (マ-トン)
第25話 4.10 どろんこ作戦 [4]  松森健
児玉進
須崎勝弥 藤岡琢也
第26話 4.17 大山鳴動     高瀬昌弘   須崎勝弥 佐原健二(関根)、星十郎(工藤)
第27話 4.24 逃げた連休    松森健    倉本聰 川知ミミ(木下ナナミ)、市川好郎
第28話 5.1 いかすぜ! 鉄腕   高瀬昌弘   田波靖男 岩上正宏(西村)
第29話 5.15 二人の虹     松森健   田波靖男 藤田淑子(松崎英子)
第30話 5.22 花咲く丘     高瀬昌弘  田中美樹 市川中車(北原大造)
第31話 5.29 ある初恋      松森健     須崎勝弥 南弘子(並木和子)、松村達雄(和子の父)
第32話 7.10 エレキで助けろ 松森健    田中美樹 新門宏泰(高井英二)、渋谷英男岩本弘司
第33話 7.24 風が見ていた   松森健   井手俊郎
田中美樹
小栗一也(若松)、和田孝(石川信夫)
第34話 8.21 太陽と青春    高瀬昌弘  倉本聰 逗子とんぼ(ホテル経営者)、うえづ・みのる
第35話 9.4 夏山讃歌     高瀬昌弘 田波靖男 成瀬昌彦(相沢)
第36話 10.2 泣き虫健介    松森健   須崎勝弥 渡辺篤、平井岐代子(永井先生の母)
第37話 10.9 あの標的を狙え 松森健    倉本聰 松本めぐみ(君子) 、人見明(受験コンサルタント)
第38話 10.23 ひとりぽっち君   高瀬昌弘     田波靖男 梓英子(みどり)、小川真司(森下)
第39話 10.30 大空に夢を描けば 高瀬昌弘  井手俊郎
高瀬昌弘
左卜全、松島真一(勝田真一)、如月寛多(真一の父)
第40話 11.6 なぐられた青春 高瀬昌弘  須崎勝弥 瞳麗子 (中川の妻)
第41話 11.13 この日を永遠に 松森健   須崎勝弥 徳光和夫 (実況アナウンサー)

ロケ地[編集]

メディア[編集]

  • 青春とはなんだミュージックファイル(1993年7月1日、vap発売 VPCD-81011)
思い出の青春ドラマ音楽全集CDとしてドラマのBGM等63曲(音楽:いずみたく)を収録しており、ビデオ化されていないこのドラマを音で再現している。
  • 人気テレビドラマ作品であるが、これまでに全話を収録したDVD、ブルーレィ等のソフト化はされていない。

書籍・新聞・雑誌[編集]

  • 石原慎太郎著「青春とはなんだ」(1963年9月3日~1964年7月まで『新潟日報』他の地方紙に303回連載。挿絵:長谷川春子)
  • 石原慎太郎著『青春とはなんだ』(1965年2月16日、講談社
  • 石原慎太郎著『青春とはなんだ』(1967年、講談社ロマン・ブックス)
  • 石原慎太郎著『青春とはなんだ』(1968年3月30日、講談社文庫)
  • 石原慎太郎著「青春とはなんだ」(『現代長編文学全集44 石原慎太郎』収録。1968年9月6日、講談社)
  • テレビ小説「青春とはなんだ」(『週刊マーガレット』1966年13号~1966年45号掲載、集英社
  • 青春文庫『青春とはなんだ―付 海外青春小説』(『高二時代』1966年9月号付録、旺文社

参考文献[編集]

  • 林真理子著『チャンネルの5番』(講談社、1991年2月)‐ ロケ高校について
  • 岡田可愛著『失敗なんて怖くない』(KSS出版、1998年10月) ISBN 4-87709-289-7
  • 宇留野仁一著『「青春とはなんだ」大全』(朝日出版社、2003年4月25日)自家版
  • 岡田晋吉著『青春ドラマ夢伝説 ― あるプロデューサーのテレビ青春日記』(日本テレビ放送網、2003年9月) ISBN 4-8203-9863-6
  • 高瀬昌弘著『昭和千本のドラマたち』(廣済堂出版、2007年11月15日)ISBN 978-4-331-51242-5

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「芝居のシーンは松森さんが担当し、北日高校と森山高校との試合のラグビーシーンは(中略)児玉さんが撮り、客席のカットは私が撮った」(高瀬昌弘著『昭和千本のドラマたち』)
  2. ^ 次作『これが青春だ』でも副主題歌として扱われ、応援歌として青春学園シリーズほぼ全作の重要な挿入歌となり、不定期で開催される青春学園同窓会でも毎回歌われている。
  3. ^ 初回放映時は「母の歌」だったが、再放送以降に改題した。予告篇のナレーションでは「母の歌」と言っているが、字幕表示では「ハッピーバースデー」となっている。
  4. ^ 当初の最終回予定作品。監督も実際は高瀬昌弘含めた3人体制だった。脚注1.を参照のこと。
日本テレビ 日曜20:00枠
【ここからドラマ枠
前番組 番組名 次番組
日曜ロードショー(第2期)
(20:00~21:25)
青春とはなんだ
日本テレビ系 大正製薬一社提供
日曜ロードショー(第2期)
※ただし20:56まで
青春とはなんだ
(終了)

i