大下容子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おおした ようこ
大下 容子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 広島県広島市南区
生年月日 1970年5月16日(44歳)
血液型 A型
最終学歴 慶應義塾大学法学部法律学科
勤務局 テレビ朝日
部署 アナウンス部課長
活動期間 1993年 -
ジャンル 全般
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
現在 ワイド!スクランブル
SmaSTATION!!
SMAP☆がんばりますっ!!』 など
過去 Jリーグ A GOGO!!
ステーションEYE
GET SPORTS』 など

大下 容子(おおした ようこ、1970年5月16日 - )は、テレビ朝日アナウンサー血液型A型

来歴・人物[編集]

広島県広島市南区生まれ[1][2]広島大学附属小学校中学校、高等学校慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、1993年入社[1]。初めてのレギュラー番組は『Jリーグ A GOGO!!』。

1998年10月から『ワイド!スクランブル』の司会を務め、大和田獏とともにお昼の顔となる。また2002年1月からは、SMAP香取慎吾メイン司会の『SmaSTATION!!』で、前年末に諸事情により降板した小宮悦子の後任としてパートナーを務める。週6日生番組出演という民放キー局アナウンサーでは異例のハードスケジュール(夏休みを取っても、『スマステ』までは休まない)となっている。

  • なお土曜日は、年末年始以外だと7月の全英オープンゴルフ中継による『スマステ』休止時に休みがあると見られる。実際、2007年は『ワイスク』を含め、夏休みもその週に合わせて取得している。

2004年、サッカーアジアカップ2004決勝、日本中国戦の現地リポーターとして北京へ赴く。

中学・高校時代はバレーボール部に所属した他、同級生と女子バンドを組んでいたという[2][3][4]。大学ではテニスサークルに所属。神楽坂女声合唱団[4]とスター混声合唱団のメンバー。大の尾崎豊ファンでもある。

現在、アナウンス部課長である。

エピソード[編集]

  • 実家は医院を経営しており[1]吉田拓郎や、サッカー解説者木村和司、元セレッソ大阪森島寛晃の実家と家が近所にあった。新人の頃、レギュラーを務めた『Jリーグ A GOGO!!』に森島がゲスト出演した際、「私の実家に一番近いJリーガー」と紹介したことがある。
  • 広島県出身の元プロ野球選手・指導者で、現在は野球解説者である大下剛史(大下容子のテレビ朝日入社当時に同局と契約していた)の娘であると、一部で報道された事があるが、これは誤りである[5]
  • グルメ番組で高価なワインを試飲したが、スタジオトーク中しばらくして顔が真っ赤になり、呂律が回らなくなった[4]
  • 深夜番組でラッパーに挑戦していたことがある。
  • ステーションEYE』のスポーツ担当だった頃、世田谷の三十数件連続放火魔逮捕のニュースで、蟹瀬誠一岡田洋子両キャスターとともに出演。大下自身もこの事件の被害者で、ある日の23時過ぎに大下の住むアパートも火事になり、入浴中だった彼女は、玄関ドアをたたく「火事だ!」の声に服を着るのがやっとで、命からがら避難した。翌日、鎮火後にアパートに戻ってみたら、大下の部屋も含め全焼。それでも当時の状況を番組内で、自身の感情をこめずに淡々と語った。この火事で、過去の写真も失われたという[6]
  • 1994年秋、柏レイソルが勝てばJリーグ昇格となるJFL最終戦、『Jリーグ A GOGO!!』の取材でレイソルサポーターの長い1日を追うレポートに行った大下は、自分もレイソルのユニフォームを着てこの試合を応援。が、1-0勝利でJリーグ昇格を決めた瞬間、取材を忘れサポーターより興奮してしまい、その姿が「柏レイソルJリーグ昇格」の見出しと共に、各一般紙一面に掲載されたことがある。このため世間に知名度が浸透しておらず、最前列にいた大下はレイソルの熱狂的女性サポーターと間違えられたことがある(当時これは番組内でも話題になり、しばらくネタになっていたほか、レイソルサポーターの間でも有名になった)。番組後、両脇にレオナルド、ジョルジーニョ両選手のスナップが撮れたことを非常に喜んでいた[4]
  • 2003年8月2日に放送された『SmaSTATION!!』で、広島からの生中継の際、実兄(医師)が出演、『SmaSTATION!!』司会の香取との英語で対決を繰り広げている[7]
  • 本人曰く、アナログ人間でパソコンをあまり使用しない[4]
  • デビッド・ベッカムの大ファンで、ベッカムのスキャンダル報道では「ありえない」と擁護している。

出演[編集]

現在の出演番組[編集]

レギュラー
不定期

過去の出演番組[編集]

テレビドラマ[編集]

同期入社[編集]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c 中国新聞2012年7月30日11面
  2. ^ a b 大下容子 インタビュー
  3. ^ テレビ朝日・大下容子アナ×恒川英里~WonderNotes Inspire~刺激人 後編
  4. ^ a b c d e 自己紹介Q&A
  5. ^ 本人もプロフィールページにて否定している[1]。なお、親戚関係については不明。
  6. ^ 2012年4月6日放送『徹子の部屋』出演時に本人が明かした。
  7. ^ - Sma STATION-2

外部リンク[編集]