秋刀魚の味

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
秋刀魚の味
監督 小津安二郎
脚本 野田高梧
小津安二郎
製作 山内静夫
出演者 岩下志麻
笠智衆
佐田啓二
岡田茉莉子
中村伸郎
東野英治郎
北竜二
音楽 斎藤高順
撮影 厚田雄春
編集 浜村義康
配給 松竹
公開 日本の旗 1962年11月18日
上映時間 113分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

秋刀魚の味』(さんまのあじ)は、1962年松竹が製作・配給した日本映画小津安二郎監督の遺作でもある。昭和37年度芸術祭参加作品。

概要[編集]

これまでに小津安二郎監督が一貫して描いてきた、妻に先立たれた初老の父親と婚期を迎えた娘との関わりを、娘を嫁がせた父親の「老い」と「孤独」というテーマと共に描かれている。また、笠智衆演じる父親と中村伸郎北竜二演じる友人たちとの応酬が喜劇味を加えている。

主演の笠は孤独な父親を見事に演じたほか、娘役の岩下志麻も快活な演技を披露し、これまでの小津作品とは違った味わいを醸し出している。『彼岸花』『秋日和』に続いて高橋とよが「若松の女将」役で出演している。

この作品を発表した翌年の1963年、小津監督は60歳の誕生日に亡くなったため、この作品が彼の遺作となった。

1962年度のキネマ旬報ベストテンに第8位にランクインされたほか、毎日映画コンクール東野英治郎が男優助演賞、岸田今日子が女優助演賞、厚田雄春が撮影賞をそれぞれ受賞した。1999年キネマ旬報社が発表した「映画人が選ぶオールタイムベスト100・日本映画編」では第82位にランクインされた(同じ順位に『砂の女』、『椿三十郎』、『影武者』、『カルメン故郷に帰る』など)。

2013年、小津の生誕110年・没後50年を記念して、松竹東京国立近代美術館フィルムセンターが共同でデジタル修復を行い、カンヌ国際映画祭クラシック部門で上映された。画像の修復にはかつて小津作品で撮影助手を行ったことがある川又昂が担当した。

キャスト[編集]

  • 平山周平:笠智衆
    サラリーマン。妻を亡くし、長女と次男の3人で暮らす。
  • 平山路子:岩下志麻
    周平の長女。24歳。父と弟の身の回りの世話をする。
  • 平山幸一:佐田啓二
    周平の長男。路子の兄。妻と団地暮らし。
  • 平山秋子:岡田茉莉子
    幸一の妻。
  • 三浦豊:吉田輝雄
    幸一の同僚。
  • 田口房子:牧紀子
    周平の会社のOL。
  • 平山和夫:三上真一郎
    周平の次男。学生。幸一と路子の弟。
  • 河合秀三:中村伸郎(文学座)
    周平の旧友。路子の会社の上司。
  • 佐久間清太郎:東野英治郎(俳優座)
    周平のかつての恩師。今はラーメン屋を営む。
  • 河合のぶ子:三宅邦子
    河合の妻。
  • バーのマダム:岸田今日子(文学座)
    周平の亡き妻の若い頃に似ている。
  • 堀江タマ子:環三千世
    堀江の後妻。
  • 堀江晋:北竜二
    周平の旧友。若い妻を娶っている。
  • 「若松」の女将:高橋とよ
    河合にからかわれてばかりいる。
  • 佐々木洋子:浅茅しのぶ
    周平の秘書。
  • 渡辺:織田政雄
    周平の同窓生。
  • バーの客:須賀不二男稲川善一
  • アパートの女:志賀真津子
  • 坂本芳太郎:加東大介(東宝)
    周平の軍隊時代の部下。佐久間の店で周平とバッタリ再会する。
  • 佐久間伴子:杉村春子(文学座)
    佐久間の娘。父親の世話をしているうちに婚期を逃す。
  • 菅井:菅原通済(特別出演)
    周平の同窓生。
  • 緒方:緒方安雄(特別出演)
    周平の同窓生。

スタッフ[編集]

テレビドラマ[編集]

2003年1月3日にフジテレビで、小津安二郎生誕100周年記念「新春ドラマスペシャル」としてリメイク版が放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本:野田高梧、小津安二郎、(加筆・福本義人共同テレビ))
  • プロデューサー:足立弘平(松竹)、高橋萬彦
  • 演出:福本義人(共同テレビ)
  • 演出補:都築淳一
  • 記録:幸縁栄子
  • 局系列:FNN
  • 制作会社:CX
  • 制作協力:共同テレビジョン松竹
  • 企画:永山耕三、(編成・金井卓也)
  • 音楽:(選曲・大貫悦男)(音響効果・原田慎也)(MA・亀山貴之)
  • 撮影:川田正幸(技術プロデューサー・石井勝浩)
  • 照明:米田俊一
  • 映像:下山一仁
  • 音声:片寄正一
  • 編集:深沢佳文
  • 美術プロデューサー:杉川廣明
  • デザイン:根本研二
  • 美術進行:吉見邦弘
  • 大道具制作:宮本昌和
  • 大道具操作:下ノ門勝広
  • 装飾:池田護、大津泰雄
  • 持道具:和泉直子
  • 衣裳:森脇茂
  • メイク:森田京子
  • 着物スタイリスト:冨田伸明
  • スタイリスト:岡のぞみ
  • アクリル装飾:中村哲治
  • 建具:阿久津正巳
  • 電飾:谷口雅彦
  • 植木装飾:潟山直希
  • 題字吉川紫暎

外部リンク[編集]