NHK鳥取放送局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NHK鳥取放送局
NHK logo.svg
NHK Tottori.jpg
NHK鳥取放送局局舎
所在地 680-8701
鳥取県鳥取市寺町100番地
公式サイト
総合テレビ
放送対象地域 鳥取県
コールサイン JOLG-DTV
デジタル親局 鳥取 29ch (キーID3)
アナログ親局 鳥取 3ch
Eテレ
放送対象地域 鳥取県東中部
コールサイン JOLC-DTV
デジタル親局 鳥取 20ch (キーID 2)
アナログ親局 鳥取 4ch
ラジオ第1
放送対象地域 同上
コールサイン JOLG
親局 鳥取 1368kHz
ラジオ第2
放送対象地域 鳥取県東中部及び兵庫県新温泉町
コールサイン JOLC
親局 鳥取 1125kHz
FM
コールサイン JOLG-FM
親局 鳥取 85.8MHz
主な中継局
アナログテレビ
米子:総合32ch、日野:総合2ch
テンプレートを表示

NHK鳥取放送局(エヌエイチケイとっとりほうそうきょく)は、鳥取県放送対象地域とする日本放送協会(NHK)の地方放送局。テレビとラジオで県域放送を行っている。

沿革[編集]

支局・報道室[編集]

支局
報道室
  • NHK倉吉報道室

主なチャンネル・周波数[編集]

太字は親局、それ以外はすべて中継局。コールサインは総合系統がJOLG、教育系統がJOLC

テレビ[編集]

総合テレビ・Eテレ鳥取局は鳥取県鳥取市(毛無山)にある。なお、倉吉局(栗尾山)と鉢伏局(鉢伏山)は鳥取県東伯郡湯梨浜町にある。

  • ch番号の前にVが付いた局は垂直偏波
NHK総合のリモコンキーID
  • 日本海テレビの親局が1chだったため、総合テレビのIDは「3」である。
  • このため、岡山県で本局を受信される場合は枝番が付かないが、島根県・兵庫県で本局を受信される場合は031・032の後に枝番が付く(島根県ではNHK松江総合に、兵庫県ではサンテレビに「3」が割り当てられているため)。

総合テレビ リモコンキーID:3[編集]

Eテレ リモコンキーID:2[編集]



※鉢伏局、倉吉局、香取局はデジタル新局。

米子中継局[編集]

総合テレビ・Eテレ米子局は、民放テレビ局が鳥取・島根の相互乗り入れをしている関係で、島根県松江市内の(枕木山)からの域外送信である[1]

NHK鳥取放送局は1980年代末期まで、県西部向けの総合テレビ・Eテレの中継局を、境港市内米子市内などの県内に複数設置していたが、アンテナの向きから良好に受信できる世帯が少なかった。そこで、当時NHK米子ラジオ送信所内から42chで送信していた旧米子局を、近郷の中継局ともども枕木山に移し、域外送信を行なうことになった。 島根県向けの総合テレビ松江局も、枕木山から別チャンネルで放送されているため、UHFアンテナが1本で済むだけでなく、総合テレビがアナログ・デジタルともに2局受信可能となっていた[2]。総合テレビ旧米子局の実際の停波は、経過措置後の1999年1月であった。

また、鳥取県のケーブルテレビ局の一部で、総合テレビにおいて、鳥取局と松江局の2局を同時に再送信しているところもある[3]

なお、地上デジタル放送の域外送信はそのほかに、広島県江田島市野登呂山山口県岩国市向けのNHK山口放送局と山口県の民放3局・2006年10月1日開局)、岡山県玉野市金甲山・香川県北部向けのNHK高松放送局・2006年12月1日開局)、北海道室蘭市測量山・渡島地方北部向けのNHK函館放送局〈総合テレビのみ〉・2007年10月1日開局)などにも存在する。

ラジオ[編集]

※ラジオ第2放送は、兵庫県北西部(新温泉町など)も放送エリアとしている。

ラジオ第1放送[編集]

ラジオ第2放送[編集]

  • 鳥取 1125kHz JOLC 1kW
  • 倉吉 1359kHz 100W
  • 米子 1521kHz 1kW
  • 松江 1593kHz 10kW


FM放送[編集]

アナログ放送概要[編集]

2011年7月24日の12時で終了した時点のもの。鳥取県東伯郡湯梨浜町(鉢伏山)にあった(FM放送は現存)。

  • ch番号の前にVが付いた局は垂直偏波

総合テレビ[編集]

Eテレ[編集]


※松江のEテレはNHK松江放送局の電波であるが、Eテレは全国放送のためローカル放送は基本的[4]にない。

主な鳥取局制作番組[編集]

現在[編集]

総合テレビ
ラジオ第一
FM放送
  • 鳥取文芸館(最終日曜日 11:00 - 11:50)

過去[編集]

アナウンサー・キャスター[編集]

アナウンサー[編集]

キャスター[編集]

気象予報士[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アナログ放送は1998年11月26日開局。本州での域外送信の最初の例となった。デジタル放送は2006年10月1日、鳥取親局と同時開局。
  2. ^ デジタル総合テレビの場合は「031」、「032」のあとに枝番が付く。
  3. ^ 基本的に区域外再放送を禁止する民放連の方針とは異なり、NHKの場合、地上デジタル放送であっても、放送対象地域外の地方放送局から送出される総合テレビ・Eテレの区域外再放送を禁止する方針は一切出されていない。放送内容の相違は18時台などの地域情報番組が異なる点に限られ、全体の約9割強は同じ放送内容である。
  4. ^ 高校野球の県大会やNHK全国学校音楽コンクールが放送される程度

外部リンク[編集]