フランツ・クサーヴァー・グルーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランツ・クサーヴァー・グルーバー(セバスチャン・シュタイフ画、1846年)

フランツ・クサーヴァー・グルーバー: Franz Xaver Gruber1787年11月25日 - 1863年6月7日)は、19世紀オーストリアの小学校教師・教会オルガン奏者。

親友で司祭ヨーゼフ・モールとみんなで歌えるクリスマス・キャロルを考えていたときに「きよしこの夜」を作曲した。

その歌を作ったと言われている教会が、今もザルツブルク州オーベルンドルフ・バイ・ザルツブルクに残っている。