アイ・アイゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイ・アイゲーム
ジャンル クイズ番組
放送時間 日曜 22:00 - 22:30(30分)
放送期間 1979年10月14日 - 1985年9月29日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
出演者 山城新伍
川島なお美
小倉智昭(ナレーター)
ほか
テンプレートを表示

アイ・アイゲーム』は、1979年10月14日から1985年9月29日までフジテレビ系列局で放送されたフジテレビ製作のトークショーを兼ねたクイズ番組。放送時間は毎週日曜 22時00分 - 22時30分 (JST) 、武田薬品工業グループほか複数社による提供で放送。

概要[編集]

アメリカCBSの『マッチ・ゲーム』(フリーマントルメディア制作)を基に企画された番組で、山城新伍が司会を務めていた。解答者(いわゆるパネリスト)には名高達郎クロード・チアリ芹沢博文中尾ミエデヴィ・スカルノせんだみつお高見知佳島田紳助成田三樹夫山下規介などがいた。また、最初はアシスタントとして出演していた川島なお美も、後期では解答メンバーに加わった。ほか、小倉智昭がオープニングの解答者紹介と司会者紹介のナレーションを担当していた。

この番組の穴埋め言葉を指す「チョメチョメ」は、この番組が生んだ流行語として知られるが、週刊少年サンデーに掲載されていた『まことちゃん』が本番組開始以前から「チョメチョメ」「ちょめちょめ」を多用しており、そちらが起源である。昭和52年掲載分の「ちょめちょめ」描写は現在の文庫本版でも確認することが出来る。 芸能人の奇妙な答え、そして山城らとのやり取りからクイズというよりも大喜利的な要素も強かった。チャンピオンゲーム以外の問題は基本的に、素直に考えるとチョメチョメの部分が下ネタになるような文章が選ばれており、いかにそれを避けるかが考えどころだった。ちなみに「チョメチョメ」とは×の意味で、「駄目」「いけない」などの意味である。テロップでは「××」と表記されていた。放送禁止用語スレスレの発言も少なくなかった。

一般参加者は女性2人と男性1人だったが、この番組はほぼ100%男性に勝たせないというのが不文律になっており、山城は女性2人に対しては「近い答え」をどんどん拡大解釈していき、まったく関係ない答えにも点数を与えていたが、女性2人に対する恣意的な得点は同じになるように配慮していた。ただ、年に1回ぐらいは男性がズバリ一致を連発して勝ってしまうこともあった。

番組開始当初は、司会の山城自身が「3か月で終わる」と発言していた。しかし、ふたを開けてみれば日曜の振るわない時間帯にして驚異の視聴率を記録した。1985年9月29日放送分をもって6年間の放送に幕を閉じた。

ルール[編集]

番組は毎週3人の一般参加者と6人の芸能人解答者が登場し、山城が出題するある文章の一部分を穴埋めした。前半戦の一問一答(3人がそれぞれ、別の問題に 1問答える)では一般参加者は芸能人解答者がどのような解答をするか推理し、芸能人解答者と答えが一致すれば1人につき2点。また、山城の裁量で「近い答え」と判断された答えには、1名につき1点がプラスされる場合もあった。最終問題の「ダブルチャンス」は3人の一般参加者と芸能人解答者が一斉に問題に対する答えを書き、双方一致で4点を獲得できた。また、山城の裁量による追加得点(2点)もあった。芸能人解答者席には一致率が表示されていたが、これは番組終了前の時期には撤去されていた。最終的にポイントを多く獲得した一般参加者と芸能人解答者はLOOK JTBで行くシンガポール旅行を懸けたチャレンジクイズ「チャンピオンゲーム」に挑戦できた。

チャンピオンゲームでも一般参加者が答えを予想し、さらに芸能人の中から2名を選び答えがどちらかが一致すれば、天井に吊るされていたくす玉が割られて紙吹雪風船が降り、シンガポール旅行を(後期では2人とも正解ならペア分、紙吹雪は1人目正解の段階で降った)獲得できた。なお、不正解だった場合はくす玉が割られず、箱根1泊旅行がプレゼントされた。賞金は1点につき5000円で、参加者全員にプレゼントされた。

ネット局に関して[編集]

  • 青森テレビ(ATV)では日曜日17時からの放送(時差ネット)。後番組の『TVプレイバック』から『カルトQ』までこの時間帯に放送。
  • テレビ岩手(TVI)では当初、日曜日16時40分(後に16時30分)からの放送。その後、日曜22時30分からの放送に移行した(いずれも時差ネット)。
  • 高知放送(RKC)では土曜日23時15分(後に23時00分に改編)からの放送(時差ネット)。スポンサーは武田グループ各社のほか、大三、日産サニー高知(現・日産サティオ高知)その他数社の高知県の地元企業で構成されていた。
  • 当番組放送時、フジ・テレ朝クロスネット局の秋田テレビ(AKT)では『特捜最前線』時差ネット枠のため、当番組は月曜22時から8日遅れの時差ネットが組まれていた。
  • 九州地区のフジ系列局は当番組放送時、他系列とのクロスネットが多く、テレビ長崎(KTN)では月曜19時30分から8日遅れ(放送開始は1981年10月から)、テレビ熊本(TKU)では日曜午後から1週遅れ、テレビ大分(TOS)では日曜22時30分から2週遅れ、 テレビ宮崎(UMK)では日曜午後から2週遅れ、鹿児島テレビ(KTS)では日曜午後から1週遅れ(放送開始から1982年9月まで) → 月曜19時30分から8日遅れ(1982年10月から1985年3月まで)のいずれも時差ネットが組まれていた。その後、鹿児島テレビのみが1985年4月の改編から同時ネットへと移行した。

関連番組[編集]

フジテレビ 日曜22時台前半武田グループ提供枠
前番組 番組名 次番組
アイ・アイゲーム
(1979年10月 - 1985年9月)