2046 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2046
タイトル表記
繁体字 2046
簡体字 2046
英題 2046
各種情報
監督 ウォン・カーウァイ
脚本 ウォン・カーウァイ
製作 ウォン・カーウァイ
出演者 トニー・レオン
木村拓哉
チャン・ツィイー
フェイ・ウォン
コン・リー
音楽 ペール・ラーベン
梅林茂
撮影 クリストファー・ドイル
クワン・プンリョン
ライ・イウファイ
編集 ウィリアム・チョン
美術 ウィリアム・チョン
配給 ブエナビスタ・インターナショナル
公開 香港の旗 2004年9月29日
日本の旗 2004年10月23日
上映時間 129分
製作国 香港の旗 香港
中華人民共和国の旗 中国
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
言語 広東語
日本語
普通話
製作費 $12,000,000
テンプレートを表示

2046』(ニーゼロヨンロク)は2004年香港映画

概要[編集]

欲望の翼』、『花様年華』に次ぐウォン・カーウァイの1960年代シリーズの3作目。また、この作品は『花様年華』の続編であり、一部『欲望の翼』の続編でもある。『花様年華』とほぼ同時期に撮影が開始されたが、予定通りに進まないカーウァイ監督のスタイルにキャストのスケジュール調整が難航、それにSARSによる渡航制限やレスリー・チャンの自殺などを受けて、完成までに5年の歳月が費やされた。脚本が流動的で知られるカーウァイは、レスリーへのオマージュと『欲望の翼』のエピソードを予定以上に散りばめることに決定した。

劇中の現実世界の主人公をトニー・レオン、劇中劇の主人公を木村拓哉が演じている。この物語の主軸となる2人の男性と1人の女性フェイ・ウォンの周囲をとりまくのが、トニーとの恋に溺れる娼婦チャン・ツィイー、トニーと愛を交わしながらも別れを選ぶ賭博師コン・リー、死んだ婚約者との思い出に生きる踊り子カリーナ・ラウなどである。役名や設定はかなりの割合で『欲望の翼』『花様年華』からそのまま流用されている。

第24回香港電影金像奨最優秀主演男優賞(トニー・レオン)・最優秀主演女優賞(チャン・ツィイー)受賞。ニューヨーク映画批評家協会賞・最優秀外国語映画賞受賞。2004年度ヨーロッパ映画祭インターナショナル(非ヨーロッパ)映画賞受賞。2004年度カンヌ国際映画祭・コンペティション部門出品作品。文春きいちご賞2004年度第8位。日本国内配給収入約7億8千万円。

ストーリー[編集]

1960年代、作家のチャウ・モウワン(トニー・レオン)は香港のホテルに滞在している。ホテルのオーナーの娘ワン・ジンウェン(フェイ・ウォン)は日本から来たビジネスマンのタク(木村拓哉)と恋に落ちるが、父親であるオーナーに交際を反対される。やがて帰国するタク。文通もままならない2人に、チャウはタクの手紙を代わりに受け取ろうと申し出る。言葉も通じず遠く国を隔てられた恋人同士にインスパイアされて、チャウは小説『2046』を書き始める。作中に登場する人物たちは永遠の愛を求め「何も変わらない」と云われる“2046”を目指して列車に乗る。この小説の主人公がタクである。

キャスト[編集]

()のリンクは日本語吹き替え版。

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]