愛の神、エロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
愛の神、エロス
Eros
監督 ウォン・カーウァイ(『若き仕立屋の恋』)
スティーブン・ソダーバーグ(『ペンローズの悩み』)
ミケランジェロ・アントニオーニ(『危険な道筋』)
脚本 ウォン・カーウァイ(『若き仕立屋の恋』)
スティーブン・ソダーバーグ(『ペンローズの悩み』)
ミケランジェロ・アントニオーニ(『危険な道筋』)
トニーノ・グエッラ(『危険な道筋』)
原案 ミケランジェロ・アントニオーニ(『危険な道筋』)
製作 ウォン・カーウァイ(『若き仕立屋の恋』)
ジャッキー・パン(『若き仕立屋の恋』)
グレゴリー・ジェイコブズ(『ペンローズの悩み』)
ラファエル・ベルドゥゴ(『危険な道筋』)
ステファーヌ・チャルガディエフ(『危険な道筋』)
ドメニコ・プロカッチ(『危険な道筋』)
ジャック・バール(『危険な道筋』)
製作総指揮 チャン・イーチェン(『若き仕立屋の恋』)
ダニエル・ジェゴフ(『危険な道筋』)
音楽 ペール・ラーベン(『若き仕立屋の恋』)
エンリカ・アントニオーニ(『危険な道筋』)
ヴィニチオ・ミラニ(『危険な道筋』)
撮影 クリストファー・ドイル(『若き仕立屋の恋』)
マルコ・ポンテコルヴォ(『危険な道筋』)
スティーブン・ソダーバーグ(『ペンローズの悩み』)
編集 ウィリアム・チャン(『若き仕立屋の恋』)
スティーブン・ソダーバーグ(『ペンローズの悩み』)
クラウディオ・ディ・マウロ(『危険な道筋』)
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・インディペンデント・ピクチャーズ
イギリスの旗 Artificial Eye
日本の旗 ショウゲート
公開 イタリアの旗 2004年9月10日VIFFイタリアの旗 2004年12月3日
アメリカ合衆国の旗 2005年4月8日
日本の旗 2005年4月16日
香港の旗 2005年5月12日
上映時間 104分
製作国 香港の旗 香港
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イタリアの旗 イタリア
言語 普通話
英語
イタリア語
興行収入 $1,535,829[1]
テンプレートを表示

愛の神、エロス』(Eros)は、2004年の香港・アメリカ合衆国・イタリアのドラマ映画である。ウォン・カーウァイ監督の『エロスの純愛〜若き仕立屋の恋』(The Hand)、スティーブン・ソダーバーグの『エロスの悪戯〜ペンローズの悩み』(Equilibrium)、ミケランジェロ・アントニオーニの『エロスの誘惑〜危険な道筋』(The Dangerous Thread of Things)の3章から成るオムニバス映画である[2]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

『エロスの純愛〜若き仕立屋の恋』
『エロスの悪戯〜ペンローズの悩み』
『エロスの誘惑〜危険な道筋』

評価[編集]

シカゴ・サンタイムズ』のロジャー・イーバートは、『エロスの純愛〜若き仕立屋の恋』に4ツ星満点、『エロスの悪戯〜ペンローズの悩み』に3ツ星、『エロスの誘惑〜危険な道筋』に1ツ星を与えた[3]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Eros (2005)”. BoxOfficeMojo.com. 2011年7月22日閲覧。
  2. ^ Eros”. インターネット・ムービー・データベース. 2012年5月22日閲覧。
  3. ^ Eros”. シカゴ・サンタイムズ (2005年4月8日). 2012年10月25日閲覧。

外部リンク[編集]