日本の長時間特別番組一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

特別番組 > 日本の長時間特別番組一覧

日本の長時間特別番組一覧(にほんのちょうじかんとくべつばんぐみいちらん)は、主に日本の地上波テレビラジオ局が企画、実施している(過去に実施されたものも含む)放送期間が足掛け2日以上に跨る長時間放送される特別番組について列記したものでもある。マラソンにちなみ、テレビの場合は「テレソン」(英語:Telethon)、ラジオの場合は「ラジソン」と称される。

なお、チャリティーに関係する番組は局名の前に◇、年をまたいでの放送となったものは※をつけてある。

あらかじめ企画制作されたものだけをここでは挙げる。大きな事件・災害などで結果的に長時間になった、報道特別番組はここでは取り扱わない。

長時間テレソンの起源[編集]

長時間テレソンの起源として挙げられるのが1966年に、アメリカ合衆国のコメディアン・ジェリー・ルイスが主催する筋ジストロフィー患者救済のためのチャリティーテレビコンサート「レイバー・デイ・テレソン」を開催したことに発端するとされている。[1]このイベントはアメリカ合衆国の労働者の日に開催され、延べ20時間以上にわたって、この趣旨に賛同する歌手、俳優、タレントらが、ボランティア(ギャラなし)で出場し、ラスベガスでパフォーマンスショーを大々的に開催したことがきっかけとされている。

日本においては1975年近畿放送(現・京都放送)宮城まり子を総合司会に、日本初となる長時間のテレビチャリティーキャンペーン「宮城まり子のチャリティーテレソン」を3月21日から3月22日の述べ25時間開催したことが始まりとされている。京都府身体障碍者のリハビリテーションセンターを建設することを主にした身障者の社会参加を目的に開催された。[2]

この成功がきっかけで、キョードー東京社長だった内野二朗が、この年のクリスマスに音楽の力を社会と結び付けたいと、ニッポン放送に企画を持ち込み、「ラジオ・チャリティー・ミュージックソン」という視覚障害者の社会参加・福祉充実化を目的としたキャンペーンを開催、また日本のチャリティーテレソンの発端となった近畿放送もあくる1976年の開局25周年のイベントとして、ラジオ放送で「かたつむり大作戦」と題した交通事故遺児救済のラジソンを開催(のちに1983年からテレビ・ラジオ同時放送となり、KBSの全社規模のキャンペーンとなった)。

更に1978年に、日本テレビ放送網が開局25周年を記念し、先述の「レイバー・デイ・テレソン」を翻案として、全国規模で展開する初めてのチャリティーテレソンとして「24時間テレビ 「愛は地球を救う」」が開催された。(第1回は文字通りの24時間であるが、第2回以後は24時間を超えた時間帯で行われ、2013年現在は26時間30分である)毎年日テレの開局記念日(8月28日)に近い第3・4週の土曜日とその翌日の日曜日に行われている(年度により第5土曜日から始まる場合もある。1991年世界陸上選手権東京大会のため例外として7月に開催)。

その10年後の1987年に、フジテレビジョンが、フジサンケイグループの大規模イベント「コミュニケーションカーニバル 夢工場'87」の開催を記念して、非チャリティーによる24時間特番「FNSスーパースペシャルテレビ夢列島」を開催。このイベントはのちに「平成教育テレビ」→「FNS27時間テレビ」と改めて、毎年7月の中旬か下旬に開催されている(一部年度は6月8月の開催もある)。それ以後、在京キー各局が長時間テレソンの開催を行うようになった。特に1999年から2000年にかけての大みそかから元日にかけては、各局が「ミレニアム」を記念したテレソンをこぞって開催した。

現在実施されているもの[編集]

(2014年夏現在)

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

過去に実施されたもの[編集]

テレビ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ系[編集]

テレビ朝日系[編集]

TBS系[編集]

テレビ東京系[編集]

フジテレビ系[編集]

その他のテレビ[編集]

ラジオ[編集]

テレビ・ラジオ同時[編集]

インターネットラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]