フジテレビNEXT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フジテレビジョン > フジテレビワンツーネクスト > フジテレビNEXT
フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
基本情報
運営(番組供給)事業者 株式会社フジテレビジョン
本社(本部) 〒137-8088
東京都港区台場二丁目4番8号
旧チャンネル名 フジテレビCSHD( - 2009年3月31日)
放送(配信)開始 2008年4月1日
HD放送(配信)開始 2008年4月1日
ジャンル 総合エンターテイメント
放送内容 国内外のスポーツ生中継、音楽ライブ中継、ドラマ、バラエティ、アニメ、映画情報
視聴料金 月額1,200円(税別)
衛星基幹放送(東経110度CS放送)
プラットフォーム スカパー!
放送事業者 株式会社サテライト・サービス
チャンネル番号 Ch.309(HD)
物理チャンネル ND20
放送開始 2008年4月1日
HD放送開始 2008年4月1日
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
チャンネル番号 Ch.613(HD)
放送開始 2008年10月1日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 株式会社フジテレビジョン
チャンネル番号 Ch.704
放送開始 2009年4月1日
その他(再送信・配信)
ひかりTV 562(HD)
eo光テレビ 613(HD)
J:COM 752(HD)
JCN 963(HD)
公式サイト
特記事項:
※標準画質放送は2009年4月1日放送開始

フジテレビNEXT ライブ・プレミアム(フジテレビネクスト ライブ・プレミアム)は、フジテレビジョン総合メディア開発 メディア推進局ペイTV推進部が運営するCS放送チャンネル(「フジテレビワンツーネクスト」)のひとつである。

スカパー!プレミアムサービス衛星一般放送事業者は標準画質放送はフジテレビジョン、ハイビジョン放送はスカパー・ブロードキャスティング)、スカパー!衛星基幹放送事業者サテライト・サービス)やケーブルテレビなどで視聴可能である。

本稿はインターネットによるストリーミング配信サービス「フジテレビNEXT smart」についても触れる。

チャンネル概要[編集]

2008年4月1日、民放キー局主体でのCSによる初のハイビジョン放送チャンネル「フジテレビCSHD」(フジテレビシーエスエイチディー、以下CSHD)として開局。2009年3月31日まではキャンペーンとして、スカパー!HD契約者、およびスカパー!e2にてフジテレビ721(以下721)、フジテレビ739(以下739)の両チャンネルの契約者であれば無料で視聴可能であった(「e2基本パック」契約者は721、739両方が見られるため無条件で視聴可能。一方、e2の「プロ野球セット」契約者はプロ野球中継のみ視聴可能だった)。大半の番組は721・739とのサイマル放送で、その場合、721・739では番組開始前に「このあとの番組は スカパー!HDの613チャンネル スカパー!e2の306チャンネルでは ハイビジョンで放送します」と案内CMが流れることがあった。

2009年4月1日、「フジテレビNEXT」(以下NEXT)にチャンネル名を変更すると共に有料化。スカパー!SDおよびeo光テレビJ:COMJCNといったケーブルテレビ局での放送を開始した。

従来721で放送されていたF1K-1の生中継、739で放送されていた海外サッカーや競馬番組などがNEXTに移行している(競馬番組はフジテレビTWO ドラマ・アニメ(以下TWO)に再移行していたが、2012年4月1日からフジテレビONE スポーツ・バラエティ(以下ONE)に再々移行された)。

2010年4月23日には、同チャンネルにて、フジテレビ初の3Dハイビジョンによる番組「アリス3D」を放送した(同局の音組による制作)。この際、この番組の冠スポンサーであるパナソニックによる日本初の3DハイビジョンCM(プロゴルファーの石川遼が出演)も放送された。[1]

2010年10月より、IP放送ひかりTVに配信開始[2]

2012年4月1日より「フジテレビNEXT ライブ・プレミアム」にチャンネルを変更。主にコンサートや舞台中継を中心に、スポーツ中継のうち、Jリーグカップブンデスリーガといった主要サッカー大会、フォーミュラ・ワン世界選手権生中継などのライブコンテンツを重視した編成を実施する。 2012年6月5日より、スカパー!e2のチャンネル番号(306ch→309ch)とネットワーク変更(CS1→CS2)が行われた。

2012年9月28日、スカパー!における放送事業者をフジ・メディア・ホールディングス子会社のサテライト・サービスに移管。ONE・TWOと一体して配信を行うこととなった。(同日付でONE・TWOの2チャンネルをハイビジョン放送に移行した)

午前6時を基点とした24時間配信である。

視聴料金[編集]

  • スカパー!プレミアムサービス:月額1,200円(税別)、「よくばりパックHD」または「えらべる15HD」加入者は1,000円(税別)、ONE・TWOとのセットで1,500円(税別)
  • スカパー!:月額1,200円(税別)。基本パック加入者は1,000円(税別)、ONE・TWOセット加入者は500円(税別)
  • スカパー!プレミアムサービス光:月額1,200円(税別)、「スカパー!光パックHD」加入者は1,000円(税別)、ONE・TWOとのセットで1,500円(税別)。

ケーブルテレビで視聴する場合はオプション契約(標準コースとは別料金)となる場合が多い。

  • eo光テレビ:月額1,200円(税別)。
  • J:COM:
    • 「J:COMデジタル」コース加入者は月額1,000円(税抜)
  • JCN:月額1,000円(税別)
  • ひかりTV:ONE・TWOとのセットで月額1,500円(税別)

放送される主な番組[編集]

スポーツ[編集]

サッカー・サッカー関連[編集]

モータースポーツ[編集]

  • F1グランプリ(ステレオ2音声放送あり) NEXT(生中継)・TWO(録画)
  • F1GPニュース TWO(生中継・リピート)・NEXT(録画)
  • GP2中継 NEXT(初回放送)・ONE(リピート)

その他[編集]

エンターテイメント[編集]

公開初日の舞台挨拶の模様を生中継する作品もある。なおメイキング、初日舞台挨拶は日本映画専門チャンネルでも放送されるほか関西テレビと共同制作された作品(『アンフェア the movie』など)の場合は関西テレビ☆京都チャンネルでも放送された。

アニメ[編集]

ドラマ[編集]

過去に放送された番組[編集]

※CSHD時代、721・739とサイマル放送されていた番組は除く

競馬[編集]

競馬関連番組番組は、2010年1月よりTWOへ移動した。

格闘技[編集]

  • K-1 WORLD GRAND PRIX(生放送、ステレオ2音声放送あり) NEXT(生中継)・ONE(録画)

アニメ[編集]

フジテレビNEXT smart[編集]

2014年3月14日からサービスを開始した、インターネットを利用したストリーミング有料配信のサービスである。[3]

本サービスは、当チャンネルの番組をそのままインターネット接続が可能なパソコンタブレットPC含む)、スマートフォン対応携帯電話でも同時に配信するもので、フジテレビオンデマンドスカパー!オンデマンドニコニコチャンネル(2014年10月1日開始)[4]の会員を対象に月額1200円(消費税別)で提供する(一部著作権利の問題で配信できない番組もあり、その場合は別番組への差し替えとなる)。また一部の番組については見逃し配信サービスも行う。フジテレビは地上波・BS・CSに次ぐ第4のテレビ局の位置づけをなしている。なお、スカパー!、スカパー!プレミアムサービスの会員登録をしており、かつ、フジテレビNEXTの視聴契約を結んでいる人は、スカパー!オンデマンドID登録をしたうえで、無料試聴することが可能。

脚注[編集]

  1. ^ この番組&CM制作に当り、スポンサーのパナソニックが3D関係の撮影、編集機材等を提供した。
  2. ^ 10月より、「ひかりTV」テレビサービスのHDチャンネルラインナップがさらに充実! NTTぷらら・アイキャスト 2010年8月12日
  3. ^ 有料ネットチャンネル「フジテレビNEXTsmart」を4月1日開始--見逃し配信も(cnet japan2014年2月17日 同4月28日閲覧)
  4. ^ フジテレビNEXTsmart、10月からニコニコでも24時間ライブ配信,AV Watch,2014年10月1日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]