玄岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
玄岳
Mount Kuro 20120821.jpg
玄岳を北から望む
標高 798[1] m
所在地 静岡県熱海市田方郡函南町伊豆の国市
位置 北緯35度4分54秒
東経139度1分41秒
座標: 北緯35度4分54秒 東経139度1分41秒[1]
玄岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

玄岳(くろたけ)は、静岡県伊豆半島北東部の山稜にある山である。標高は798m。

概要[編集]

熱海市田方郡函南町伊豆の国市の3市町にまたがっている山で、約70万〜30万年前に活動した多賀火山の東側が、大きく浸食されて残った地形である[2]。山頂の立て看板には799.2mと表記されており、国土地理院の発表と標高が異なっている。

山頂部の西から北斜面にかけて伊豆スカイラインが通り、同有料道路でも眺めの良い区間となっており、展望を目的とした駐車場がいくつか整備されている。

山頂北には氷ヶ池があり、かつては氷を切り出したこともあったという。その至近にはかつて存在した熱海高原ロープウェイの玄岳駅(玄岳ドライブインともいう)が残されているが、現在はほとんど使用されることもなく放置され老朽化している。

山頂の南東斜面には、朝鮮で最初の女性パイロットである朴敬元が、1933年8月7日に墜落、死亡した。現在は碑が残されている。

登山[編集]

山頂北の西丹那駐車場、その至近にある登山口が最短の登山道で、山頂まで約10分ほど。山頂部は背の低いササで覆われているが、山頂そのものは芝地となっており360度の展望がある。天候に恵まれれば富士山箱根山静浦山地駿河湾天城山相模灘などが眺められる。


玄岳を丹那盆地から望む
玄岳の山頂付近から氷ヶ池を望む 、遠く奥のピークは岩戸山
玄岳から北を望む、奥へと伸びる山稜は丹那山地、遠方の雲の中に箱根山、右端に真鶴半島


函南町の大嵐山より北西部を望む。 右のなだらかな稜線から膨らんだ山が玄岳、手前の低地は田方平野、中央の山塊が箱根山、下を流れるのは狩野川

補足・脚注[編集]

  1. ^ a b 国土地理院 日本の主な山岳標高
  2. ^ 産業技術総合研究所 地質調査総合センター 日本の第四紀火山
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]