平和公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平和祈念像

平和公園(へいわこうえん, Peace Park)は、長崎県長崎市松山町に位置する公園。平和記念公園や平和祈念公園は誤り。

1945年昭和20年)8月9日に投下された原子爆弾落下中心地(爆心地)と、その北側の丘の上とを含めた地域に、平和を祈って設けられた。入園は自由。面積は約18.6ヘクタール。

所在地[編集]

  • 〒852-8118 長崎県長崎市松山町9 (地図

沿革[編集]

  • 1946年(昭和21年)9月30日 - 長崎市、戦災復興土地区画整理区域を決定。
  • 1949年(昭和24年)
    • 5月 - 爆心地公園に原爆資料館を開設。(建物の形状は木造六角形
    • 5月6日 - 長崎国際文化都市建設法案、国会で可決・成立。
    • 7月7日 - 長崎国際文化都市建設法についての賛否を問う住民投票。
    • 8月9日
  • 1950年(昭和25年)8月1日 - 長崎市立公園として、松山町に「国際平和公園」を開設。
  • 1951年(昭和26年)4月3日 - 長崎市営大橋球場が完成。
  • 1952年(昭和27年)4月28日 - 長崎国際文化会館建設着工。
  • 1955年(昭和30年)
    • 2月11日 - 長崎国際文化会館落成式を挙行。
    • 4月1日 - 長崎国際文化会館が開館。3・4階は長崎市立博物館、5階は原爆資料室として展示。
    • 8月8日 - 平和祈念像除幕式を挙行。
  • 1968年(昭和43年)8月9日 - 平和祈念像前に「原爆殉難者名奉安所」(原爆殉難者名奉安箱)を設置し、原爆死没者名簿を納める。
  • 1981年(昭和56年)7月21日 - 長崎国際文化会館別館跡地に、長崎市平和会館が開館。
  • 1983年(昭和58年)- 長崎市が「平和公園聖域化検討委員会」(秋月辰一郎委員長)を設置。
  • 1985年(昭和60年)- 平和公園での花見や飲酒を禁止。
  • 1993年平成5年)
    • 3月 - 平和公園の聖域化に関する報告書を提出。
    • 平和公園再整備検討委員会(石野治会長)を設置。
    • 長崎国際文化会館の取り壊し建て替え工事開始。
    • 年度中 - 平和公園再整備基本計画が策定。
  • 1994年(平成6年)3月 - 平和公園の再整備に関する報告書を提出
  • 1994年(平成6年)度から1997年(平成9年)度にかけて、平和公園の再整備工事。
  • 1995年(平成7年) - 長崎市営大橋球場が閉鎖
  • 1996年(平成8年)4月 - 長崎原爆資料館が開館。
  • 1997年(平成9年)
  • 2001年(平成13年)8月24日 - 平和公園を含む周辺地域を、長崎市都市景観基本計画に基づいて「平和公園地区景観形成地区」として指定。
  • 2008年(平成20年)7月28日 - 平和公園が文化財保護法の規定による登録記念物に登録。
  • 2011年(平成23年)10月 - 松山交差点そばの平和公園階段へのエスカレーター設置が決定し、起工。工事中に防空壕が発見される。
平和公園に新設された
「平和の歩道」エスカレーター
  • 2012年(平成24年)8月3日 - 「平和の歩道」エスカレーターの下段(35.6m)が完成し、供用を開始。
  • 2013年(平成25年)3月1日 - 「平和の歩道」エスカレーターの上段(23m)も完成し、全面的に供用を開始。
    • エスカレーターの稼働時間は午前7時から午後10時まで。

平和祈念像地区・願いのゾーン[編集]

長崎の鐘
平和の泉

長崎市民が「平和公園」と言った場合、この区域のみをさす。 毎年8月9日の長崎原爆の日(長崎原爆忌)には、平和祈念像前の式典広場にて原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が開催される。

  • 平和祈念像
公園の北端中央にある。北村西望が制作。この像は慈悲を象徴し、高く掲げた右手は原爆の脅威を、水平に伸ばした左手は平和を意味し、軽く閉じた目は原爆犠牲者の冥福を祈っている。
  • 折鶴の塔
  • 長崎の鐘
  • 平和の泉
  • 世界平和シンボルゾーン
世界各国から贈られた平和を象徴する15個のモニュメントが配置されている。(タイトル - 制作者、寄贈国または都市、建立寄贈年月日

原爆落下中心地地区・祈りのゾーン[編集]

原爆落下中心碑(左)と浦上天主堂の遺構(右)
母子像

通常、「原爆落下中心地公園」「原爆投下中心地公園」「爆心地公園」「爆心公園」などと呼ばれる。

  • 原爆落下中心碑(原爆落下中心地碑)
    • 1945年(昭和20年)
      • 9月 - 文部省学術研究会議が、原子爆弾災害調査研究特別委員会を組織[3][4][5]
      • 10月 - 爆心地を「松山町170番地テニスコート跡地」と確定(後の調査で、「松山町171番地」と訂正)。煙突の残骸の円柱に「爆心」「Centre[6]と書き記して、標柱として建てる[7]
    • 1946年(昭和21年) -「長崎市松山町170番地」の表示。の形。
    • 1948年(昭和23年) - 市が、盛り土の上に木製の標柱を設置。「原子爆弾落下中心地之標 地上500米にて炸裂」の表示。
    • 1956年(昭和31年)3月 - 三角形の鉄筋に蛇紋石を張り付けた現在の形状に。デザインは松雪好修。高さ6.5メートル
    • 1968年(昭和43年) - 表面を黒御影石に張り替え、現在の姿に。
    • 1996年(平成8年) - 中心地碑を撤去して、新たなモニュメントを建立する計画が浮上、問題化する[8][9][10][11][12]。撤去してその跡地には被爆50周年記念事業碑(母子像)を建立する予定であったが、撤去計画を断念。
  • 被爆50周年記念事業碑(母子像)
  • 旧浦上天主堂遺壁

長崎原爆資料館地区・学びのゾーン[編集]

長崎原爆資料館

スポーツのゾーン[編集]

長崎県営野球場

広場のゾーン[編集]

  • 長崎市営陸上競技場(長崎市営松山陸上競技場)
  • 長崎市営庭球場
  • 長崎市営ソフトボール場
  • 長崎市営弓道場
画面中央右寄りのドーム屋根が市民プールの屋内プール、その左下に小さく見える水色の場所が市民プールの屋外プール、中央左上のグラウンドがラグビー・サッカー場、屋内プールの右上にある緑の場所が陸上競技場、左はビッグNスタジアム

アクセス[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 夕方の復興門 2006-06-30 16:01:48 cri中国国際放送局日本語部)
  2. ^ ニュージーランド軍縮・軍備管理大臣フィル・ゴフ 長崎市へ寄贈の平和モニュメントの除幕式に参加 Monday, 6/11/06
  3. ^ 田賀井篤平 『特別展示「石の記憶―ヒロシマ・ナガサキ」被爆試料に注がれた科学者の目』 - 東京大学総合研究博物館ニュース
  4. ^ 『Ouroboros(ウロボロス)』 Volume 8/Number 3(第23号) 2004年1月
  5. ^ 記念史料室から 広島・長崎の新型爆弾調査を探る(その2) ― 理化学研究所の研究者が残した研究成果 ― - 理化学研究所 理研ニュース No. 234 2000年12月号
  6. ^ イギリス英語表記。アメリカ英語ではCenter
  7. ^ 被爆者の証言20 - 田島英三さん - - 平和と長崎(NBC長崎放送
  8. ^ 反対運動の過程では、市へ提出された撤去反対署名を長崎市が電算入力処理(コンピュータ入力処理)し、さらには署名者である市長の知人に対して市長が電話し真意をただす、などの出来事があり、論議を呼んだ。
  9. ^ 市川正人 「署名活動と表現の自由・プライバシー - 署名者個人への働きかけと憲法(一) - 」 - 第6号 1996年
  10. ^ 市川正人 署名簿の電算処理と請願権PDFファイル) - 立命館大学政策科学部紀要 7巻3号 2000年3月
  11. ^ 長崎署名簿コンピュータ処理訴訟通信 http://www3.justnet.ne.jp/~cool-m/
  12. ^ 長崎原爆落下中心碑建て替え問題を考える緊急WEBフォーラム(更新終了)
  13. ^ 歴史・文化・観光施設の無料開放について2004年(平成16年)10月から2007年(平成19年)9月まで、長崎市民対象)

外部リンク[編集]