マニラ大虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マニラ大虐殺(マニラだいぎゃくさつ)とは、マニラの戦い (1945年)において発生したフィリピン人犠牲者の原因を日本軍もしくはアメリカ軍虐殺に求める見方である。

概要[編集]

アメリカは自国の植民地のフィリピンに対してフィリピン独立法を成立させ、表向きの独立を約束していた。1935年11月に独立準備政府が発足、マニュエル・ケソンが大統領に就任したが、その後太平洋戦争大東亜戦争)が勃発。1942年には日本軍のフィリピン侵攻によってマニラが占領され、ケソンはアメリカに亡命した。この為に、フィリピン国民の多くがマッカーサーの率いる米軍とともに日本軍に抵抗した。それらはアメリカ極東陸軍指揮のものが大半だったが、現地のゲリラ組織も多く存在し、日本軍を悩ませた。

太平洋戦争末期の1945年1月、マニラが在るルソン島連合国軍が上陸、2月3日、アメリカ軍第1騎兵師団と第37師団がマニラへ突入した。陸軍の第14方面軍司令官山下奉文大将はマニラの無防備都市を宣言する方針であったが、第14方面軍と同じ現地部隊である海軍の第31特別根拠地隊司令官岩淵三次中将大本営は、マニラ放棄に反対・マニラ死守に固執したため、マニラ海軍防衛隊(マ海防)を中心とする岩淵少将指揮下の陸海軍の混成部隊はマニラに残され、アメリカ軍との間で3週間以上の激しい市街戦を行った。

当時、マニラ市内には約70万人の市民が残っていた。その多くがアメリカ軍に協力的で、直接ゲリラとして日本軍と戦闘するものもいたという。3月3日に戦闘終結が宣言されたが、それまでに生じた市民の犠牲者が約10万人とされている。

この10万人はマニラの戦いを通じてのフィリピン人犠牲者の数とほぼ同数であり、犠牲者の大半は日本軍に殺されたとする主張である。戦後、このマニラでの虐殺行為の責任から、山下大将はマニラ軍事裁判で絞首刑となった。判決には太平洋戦争初期に日本軍に敗れ、フィリピンから追われたマッカーサーの強い影響があったともいわれる("I came out of Bataan and I shall return"という有名なスピーチをマッカーサーが行ったのは、この時である)。

具体的には聖パウロ大学サン・パブロ大学)での994名殺害、北部墓地での約2,000名の処刑、サンティアゴ監獄での集団殺害などが極東国際軍事裁判(東京裁判)では主張された。

信憑性[編集]

廃墟と化したマニラ市街

戦後のマニラ軍事裁判において本件の責任を問われた司令官の山下が「私は知らなかった。しかし、私に責任がないとは言わない」と、前司令官の本間が「戦争に負けたのだから致し方ないと諦めるより外ありません」と述べた。

市民10万人の犠牲のうち、何人が日本軍によって虐殺されたのか、何人が戦闘に巻き込まれただけなのかは不明である。特に、アメリカ軍の砲爆撃は市街地が灰燼に化するほど激しかったため、市民が巻き添えになった可能性がある。アメリカ軍の無差別爆撃や艦砲射撃によるものだったと言っていた[1]との主張がある。

日本軍による虐殺として裁かれたのは、「米軍の行ったマニラ破壊を日本軍に転嫁するため」[2]との見方もある。

脚注[編集]

  1. ^ SAPIO「現地の「神風特別攻撃隊慰霊祭」で目撃した「日本軍-もうひとつの真実」 」2000年12月20日号(引用サイト[1]
  2. ^ 大岡昇平 『レイテ戦記(下)』20版 中央公論新社〈中公文庫〉、1999年、309頁。ただし、大岡は「やけになった日本兵の暴行による犠牲者」の存在も否定していない。

関連項目[編集]