フィリピン独立法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィリピン独立法フィリピンどくりつほう)は1934年3月24日アメリカ議会において成立した法律。別名、タイディングス・マクダフィー法と云う。

法律の中身は10年後の7月4日にフィリピンを独立させるというもの。1935年11月に独立準備政府(フィリピン・コモンウェルス)が発足し、マニュエル・ケソンが大統領に就任した。

しかし、太平洋戦争が勃発。1942年マニラが占領され、ケソンはアメリカに亡命した。翌1943年日本が大東亜会議で傀儡政権「フィリピン第二共和国」を樹立し10月14日に独立を宣言、その独立を国家承認してアジア解放を宣言したため、日本に対しフィリピン国民は激しく抵抗。マッカーサーの率いる米軍とともに抗日戦争を続け、1944年に勝利した[要出典]

このようにフィリピンの独立が実現したのは、1946年7月4日のことである。

外部リンク[編集]