ロバート・アイケルバーガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・アイケルバーガー
Robert Lawrence Eichelberger
Robert L Eichelberger.jpg
ロバート・アイケルバーガー
生誕 1886年3月9日
オハイオ州アーバナ
死没 1961年9月25日(満75歳没)
ノースカロライナ州アッシュビル
所属組織 Seal of the US Department of the Army.svgアメリカ陸軍
軍歴 1909 - 1948
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示

ロバート・ローレンス・アイケルバーガーRobert Lawrence Eichelberger, 1886年3月9日 - 1961年9月25日)は、アメリカ合衆国陸軍軍人。退役後に大将まで進む。

太平洋戦争において設置された合衆国陸軍第8軍の初代司令官となり、第8軍による対日戦および日本占領を指揮する。離任前には日本の再武装を主張し、民政局極東委員会と対立。在任中には再武装には至らなかったものの、海上保安庁の設置を実現させる。

直属上官である最高司令官ダグラス・マッカーサーと表立っては対立しなかったものの、マッカーサーを辛辣に批判する日記が遺されている。

経歴[編集]

栄典[編集]

関連項目[編集]