アーサー・マッカーサー・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーサー・マッカーサー・ジュニア
Arthur MacArthur, Jr.
Arthur MacArthur Jr.jpg
生誕 1845年6月2日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州チコピー
死没 1912年9月5日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アーカンソー州ミルウォーキー
所属組織 Seal of the US Department of the Army.svgアメリカ陸軍
軍歴 1861-1865,1866 - 1909
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

アーサー・マッカーサー・ジュニア(Arthur MacArthur, Jr.、1845年6月2日 - 1912年9月5日)はアメリカ陸軍の軍人で一兵卒から中将にまでなった。

家族構成[編集]

父親は四代目ウィスコンシン州知事アーサー・マッカーサー卿w:en:Arthur MacArthur, Sr.、妻のメアリー・ピンクニー・ハーディ・マッカーサーとの間に5人の子供がおり、長男のアーサー・マッカーサー3世は海軍軍人になり、三男のダグラス・マッカーサーは後に陸軍元帥となる。 孫は駐日アメリカ大使のダグラス・マッカーサー2世である。

南北戦争時代[編集]

南北戦争が始まると第24ウィスコンシン義勇歩兵連隊に参加した。チカマウガの戦いストーンズリバーの戦い第三次チャタヌーガの戦いアトランタ方面作戦第二次フランクリンの戦いに参加した功績によりわずか19歳で名誉大佐の地位を与えられ少年大佐(The Boy Colonel)と呼ばれ有名になった。これらの功績により1890年に名誉勲章を授与された。第三次チャタヌーガの戦いでの彼の活躍を歌ったオー・ウィンシスコン(On, Wisconsin!)という歌はウィスコンシン州の州歌になっており、ウィスコンシン大学マディソン校の校歌でもある。

彼は1865年6月に陸軍を退役すると法律学校へ通い始めたが、すぐに辞めてしまい1866年2月23日に第17師団にアメリカ陸軍少尉として軍務に復帰した。復帰した翌日には中尉に9月には大尉に昇進するが、そのまま20年間は大尉のままだった。

インディアン戦争時代[編集]

1885年にインディアン戦争のアパッチ作戦に参加してジェロニモ以下先住民族を殲滅させ、1897年に中佐に昇進した。

米比戦争時代[編集]

米西戦争の時に彼はジョージア第三連隊の参謀をしていた。1898年6月に臨時昇進して准将になると、米比戦争に義勇軍師団長として参加、1898年のマニラ戦争で少将に昇進。米比戦争ではエミリオ・アギナルド初代フィリピン大統領を生け捕りにしたり、現地の先住民族を絶滅させる。

後にフィリピン駐留アメリカ軍司令官となり、実質的なフィリピンの植民地総督となる。

日露戦争[編集]

駐日アメリカ大使館付き駐在武官として日露戦争を観戦する。この時に息子のダグラス・マッカーサーを副官として連れていた。

晩年[編集]

1909年6月2日(64歳を超えた日)に最終階級中将で陸軍を引退した。晩年は家族と共に隠遁生活をしたと言われている。 1912年9月5日にミルウォーキーで開催された南北戦争退役軍人同窓会で演説中に壇の上で心臓発作を起こして倒れ67歳で死亡した。 最初は1912年9月7日にミルウォーキーに葬られたが、1926年にアーリントン国立墓地へ移された。