リサール・メモリアル・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リサール・メモリアル・スタジアム
Rizal Memorial Track and Football Stadium.jpg
施設情報
所在地 フィリピンの旗 マニラ
位置 北緯14度33分48.25秒 東経120度59分31.20秒 / 北緯14.5634028度 東経120.9920000度 / 14.5634028; 120.9920000座標: 北緯14度33分48.25秒 東経120度59分31.20秒 / 北緯14.5634028度 東経120.9920000度 / 14.5634028; 120.9920000
開場 1934年
修繕 2011年
所有者 フィリピンスポーツ委員会
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 111m x 71m
使用チーム、大会
ユナイテッド・フットボールリーグ
サッカーフィリピン代表
1954年アジア競技大会
AFCユース選手権(1966、1970年)
アジア陸上競技選手権大会(1973、1993、2003年)
東南アジア競技大会(1981、1991、2005年)
収容能力
12,873(サッカー)[1]
30,000(最大収容人数)

リサール・メモリアル・スタジアム: Rizal Memorial Stadium)は、フィリピンの首都マニラのリサール・メモリアル・スポーツコンプレックス内にある多目的スタジアムであり、フィリピンの国立競技場である。1934年に建設された。

概要[編集]

フィリピン独立の英雄ホセ・リサールの名を冠してリサール・メモリアル・スタジアムと名付けられた。主にサッカーの試合に用いられる。 サッカーの国内リーグであるユナイテッド・フットボールリーグにおいて利用されている他、サッカーフィリピン代表がホームスタジアムとして使用している。

収容人数は30,000人。1954年には1954年アジア競技大会のメイン会場として使用された。1966、1970年にはAFCユース選手権の会場として、1973、1993、2003年にはアジア陸上競技選手権大会のメイン会場として、1981、1991、2005年には東南アジア競技大会のメイン会場として使用された。

2011年、2014 FIFAワールドカップ・アジア予選に向け改修工事を行った結果、12,873人まで椅子席で観戦することが可能になった。現在、座席数を13,000から23,000に増築するための改修工事を検討中である[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]