一条忠良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一条 忠良(いちじょう ただよし、安永3年3月22日1774年5月2日) - 天保8年6月3日1837年7月5日))は、江戸時代の公卿。

一条輝良の子で、大勝寺と号す。正室は肥後熊本藩細川斉茲女富子。子に一条実通一条忠香久我建通一条秀子徳川家定室)、知君(寛彰院池田斉輝室)、通子(松平頼学室)、崇子(鷹司輔熙室)らがいる。

天明3年(1783年従三位となり(のち寛政11年(1799年)には従一位となった)、内大臣右大臣左大臣を歴任。文化11年(1814年)には、関白となった。のち文政6年(1823年)関白を辞めたが、同11年(1828年准三后となっている。