高松宮好仁親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高松宮好仁親王(たかまつのみや よしひとしんのう、慶長8年3月18日1603年4月29日) - 寛永15年6月3日1638年7月14日)は、江戸時代前期の日本皇族高松宮有栖川宮)初代。後陽成天皇の第7皇子。母は中和門院前子関白近衛前久の女)。幼称は七宮といい、後に三宮に改める。

慶長10年(1605年)、聖護院宮興意入道親王の附弟となる。慶長17年(1612年)、聖護院に入寺する。同年12月、親王宣下を受け、斉祐(ただすけ)と命名される。次いで元服し、名を好仁と改める。同日二品、弾正尹に任ぜられる。

寛永2年(1625年)10月、高松宮の宮号を賜る。この宮号は、好仁親王の養母新上東門院の御所が高松殿であったことに由来すると言われている。寛永7年(1630年)、福井藩松平忠直の娘で2代将軍徳川秀忠の養女の寧子を妃とする。寛永15年(1638年)6月3日薨去。享年36。法名は永照院招月不白。