寛永寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
寛永寺
Kaneiji 2012.JPG
根本中堂
所在地 東京都台東区上野桜木一丁目14番11号
位置 北緯35度43分17秒
東経139度46分27.5秒
座標: 北緯35度43分17秒 東経139度46分27.5秒
山号 東叡山
宗旨 天台宗
寺格 関東総本山
本尊 薬師如来秘仏、重要文化財)
創建年 寛永2年(1625年
開基 徳川家光天海(発願)
正式名 東叡山 寛永寺 円頓院
札所等 江戸三十三箇所6番(清水観音堂)
文化財 旧本坊表門、清水観音堂、木造薬師三尊像ほか(重要文化財)
徳川家霊廟
テンプレートを表示
旧寛永寺五重塔(重要文化財)
寛永寺根本中堂の御朱印

寛永寺(かんえいじ)は、東京都台東区上野桜木一丁目にある天台宗関東総本山の寺院。山号は東叡山(とうえいざん)。東叡山寛永寺円頓院と号する。開基(創立者)は徳川家光、開山(初代住職)は天海、本尊は薬師如来である。

徳川将軍家の祈祷所・菩提寺であり、徳川歴代将軍15人のうち6人が寛永寺に眠る。17世紀半ばからは皇族が歴代住職を務め、日光山、比叡山をも管轄する天台宗の本山として近世には強大な権勢を誇ったが、慶応4年(1868年)の上野戦争で主要伽藍を焼失した。

歴史[編集]

創建と伽藍整備[編集]

江戸にあった徳川家の菩提寺のうち、増上寺は中世から存在した寺院であったが、寛永寺は天海を開山とし、徳川家により新たに建立された寺院である。徳川家康秀忠家光の3代の将軍が帰依していた天台宗の僧・天海は、江戸に天台宗の拠点となる大寺院を造営したいと考えていた。そのことを知った秀忠は、元和8年(1622年)、現在の上野公園の地を天海に与えた。当時この地には伊勢津藩主・藤堂高虎弘前藩主・津軽信枚、越後村上藩主・堀直寄の3大名の下屋敷があったが、それらを収公して寺地にあてたものである。秀忠の隠居後、寛永2年(1625年)、3代将軍徳川家光の時に今の東京国立博物館の敷地に本坊(貫主の住坊)が建立された。この年が寛永寺の創立年とされている。当時の年号をとって寺号を「寛永寺」とし、京の都の鬼門(北東)を守る比叡山に対して、「東の比叡山」という意味で山号を「東叡山」とした。

その後、寛永4年(1627年)には法華堂、常行堂、多宝塔、輪蔵、東照宮などが、寛永8年(1631年)には清水観音堂、五重塔などが建立されたが、これらの堂宇の大部分は幕末の上野戦争で失われた。このようにして徐々に伽藍の整備が進んだが、寺の中心になる堂である根本中堂が落慶したのは開創から70年以上経った元禄11年(1698年)、5代将軍徳川綱吉の時である[1]。 現在の本堂は川越の喜多院本地堂を移築したものである。

徳川家と寛永寺[編集]

近世を通じ、寛永寺は徳川将軍家はもとより諸大名の帰依を受け、大いに栄えた。ただし、創建当初の寛永寺は徳川家の祈祷寺ではあったが、菩提寺という位置づけではなかった。徳川家の菩提寺は2代将軍秀忠の眠る、芝の増上寺(浄土宗寺院)だったのである。しかし、3代将軍家光は天海に大いに帰依し、自分の葬儀は寛永寺に行わせ、遺骸は家康の廟がある日光へ移すようにと遺言した。その後、4代家綱、5代綱吉の廟は上野に営まれ、寛永寺は増上寺とともに徳川家の菩提寺となった。当然、増上寺側からは反発があったが、6代将軍家宣の廟が増上寺に造営されて以降、歴代将軍の墓所は寛永寺と増上寺に交替で造営することが慣例となり、幕末まで続いた[2]。また、吉宗以降は幕府財政倹約のため、寛永寺の門の数が削減されている。

輪王寺宮[編集]

寛永20年(1643年)、天海が没した後、弟子の毘沙門堂門跡・公海が2世貫主として入山する。その後を継いで3世貫主となったのは、後水尾天皇第3皇子の守澄法親王である。法親王は承応3年(1654年)、寛永寺貫主となり、日光山主を兼ね、翌明暦元年(1655年)には天台座主を兼ねることとなった。

以後、幕末の15世公現入道親王(北白川宮能久親王)に至るまで、皇子または天皇の猶子が寛永寺の貫主を務めた。貫主は「輪王寺宮」と尊称され、水戸・尾張・紀州の徳川御三家と並ぶ格式と絶大な宗教的権威をもっていた。歴代輪王寺宮は、一部例外もあるが、原則として天台座主を兼務し、東叡山・日光山・比叡山の3山を管掌することから「三山管領宮」とも呼ばれた。東国皇族を常駐させることで、西国天皇家を戴いて倒幕勢力が決起した際には、関東では輪王寺宮を「天皇」として擁立し、気学における四神相応土地相とし、徳川家を一方的な「朝敵」とさせない為の安全装置だったという説もある(「奥羽越列藩同盟」、「北白川宮能久親王(東武皇帝)」参照)。

歴代寛永寺貫首(輪王寺宮)[編集]

  1. 天海
  2. 公海
  3. 守澄法親王
  4. 天真法親王
  5. 公弁法親王
  6. 公寛法親王
  7. 公遵法親王
  8. 公啓法親王
  9. 公遵法親王 (再任)
  10. 公延法親王
  11. 公澄法親王
  12. 舜仁入道親王
  13. 公紹法親王
  14. 慈性入道親王
  15. 公現入道親王(のち還俗して北白川宮能久親王

衰退と復興[編集]

江戸時代後期、最盛期の寛永寺は寺域30万5千余坪、寺領11,790石を有し、子院は36か院に及んだ(現存するのは19か院)。現在の上野公園のほぼ全域が寛永寺の旧境内である。最盛期には、今の上野公園の2倍の面積の寺地を有していたというから、その規模の大きさが想像できる。たとえば、現在の東京国立博物館の敷地は寛永寺本坊跡であり、博物館南側の大噴水広場は、根本中堂のあったところである。

上野の山は、幕末の慶応4年(1868年)、彰義隊の戦(上野戦争)の戦場となったことから、根本中堂をはじめ、主要な堂宇はこの時焼失し、壊滅的打撃を受けた。明治維新後、境内地は没収され、輪王寺宮は還俗、明治6年(1873年)には旧境内地が公園用地に指定されるなどして寺は廃止状態に追い込まれるが、明治8年(1875年)に再発足。もと子院の1つの大慈院があった場所に川越の喜多院(天海が住していた寺)の本地堂を移築して本堂(中堂)とし、ようやく復興したものの、寺の規模は大幅に縮小した。

第二次世界大戦の空襲では、当時残っていた徳川家霊廟の建物の大部分が焼失した。上野戦争で焼け残り、第二次世界大戦の戦災もまぬがれたいくつかの古建築は、上野公園内の各所に点在している。

伽藍[編集]

不忍池と弁天堂
葛飾北斎筆 東叡山中堂之図
幕末の寛永寺付近の地図(東都下谷絵図より)

現存する伽藍[編集]

  • 本堂(根本中堂)-東京芸術大学音楽学部の裏手にある。上野公園内の清水堂、弁天堂などのにぎわいに比し、本堂周辺は訪れる人もまばらである。現在の堂は、寛永寺の子院・大慈院のあった敷地に、明治12年1879年)、川越喜多院の本地堂を移築したもので、寛永寺本来の建物ではない。内陣には厨子内に秘仏本尊薬師三尊像を安置する(堂内は非公開)。
  • 書院-本堂裏手にあり、徳川慶喜が水戸退去の前に2か月ほど蟄居(ちっきょ)していた部屋(葵の間、あるいは蟄居の間)が保存されている。(非公開)
  • 旧本坊表門(重要文化財)(位置)-通称黒門。東京国立博物館東側の輪王寺にある。寛永年間の建造物で、もとは、現在の東京国立博物館正門の位置にあった。
  • 清水観音堂(重要文化財)(位置)-上野公園内、西郷隆盛銅像の近くにあり、千手観音を祀る。寛永8年(1631年)の建築。規模は小さいとはいえ、京都の清水寺本堂と同様の懸造(かけづくり)建築である。江戸三十三箇所観音霊場の第6番札所。
  • 弁天堂(位置)-上野公園南側にある不忍池(しのばずのいけ)の中之島に天海琵琶湖竹生島宝厳寺弁才天を勧請して建立。島は常陸下館藩水谷勝隆が築いたもので、当初は橋がなく、舟で参詣していた。当初の建物は入母屋造であったが昭和20年(1945年)3月10日の東京大空襲で焼失し、昭和33年(1958年)に鉄筋コンクリート造の八角堂として再建された。
  • 旧寛永寺五重塔(重要文化財)(位置)-寛永8年(1631年)建立の初代の塔が寛永16年(1639年)に焼失した後、同年ただちに下総・古河城主 土井利勝によって再建された。塔は旧境内地を使って作られた恩賜上野動物園の園内に位置しており、1958年に寛永寺が東京都に寄付したため、現在の所有者は東京都になっている(名称に「旧」とつくのはそのため)。塔の初重に安置されていた釈迦如来薬師如来弥勒菩薩阿弥陀如来の四仏は、東京国立博物館に寄託されている。
  • 東照宮(位置)-別項「上野東照宮」を参照。
  • 時の鐘(位置)-上野公園内、精養軒の近くにある鐘楼。現在ある鐘は天明7年(1787年)の作。
  • 大仏山パゴダ(位置)-時の鐘の近くにあり、昭和42年(1967年)の建立。もと上野東照宮本地堂(神仏分離の際に破壊)の本尊であった薬師三尊像(江戸時代初期)を祀る。
  • 上野大仏-寛永8年(1631年)、堀直寄の寄進で最初の大仏が造られた。以後、地震、火災等で消滅と再興を繰り返し、現在は顔の部分のみが大仏山パゴダ脇に保存されている。別項「上野大仏」を参照。

旧伽藍[編集]

すでに述べたように、現在の上野公園のほぼ全域が往時の寛永寺の境内であった。松坂屋上野店あたりから上野公園入口あたりの道をかつて「広小路」と称したが、これは将軍が寛永寺にある徳川秀忠らの霊廟に参詣するための参道であり、防火の意味で道幅を広げていたため、広小路と呼ばれた。上野公園入口付近には「御橋」または「三橋」と称する橋があって寺の正面入口となっており、その先に総門にあたる「黒門」があった。上野公園内中央を通り、大噴水、東京国立博物館方面へ向かう道がかつての参道であり、文殊楼、その先に法華堂と常行堂、多宝塔、輪蔵、根本中堂、本坊などがあった。その周囲には清水観音堂(現存)、五重塔(現存)、東照宮(現存)、不忍池の中島に建つ弁天堂(現存するが20世紀の再建)などが建ち、また、36か院にのぼる子院があった。天海は江戸と寛永寺との関係を、京都と比叡山の関係になぞらえて構想していた。すなわち、根本中堂、法華堂、常行堂などは比叡山延暦寺にも同名の建物があり、清水観音堂は京都の清水寺になぞらえたもの(傾斜地に建つ建築様式も類似する)、不忍池と中島の弁天堂は、琵琶湖とそこに浮かぶ竹生島宝厳寺弁才天にならったものである。

かつて存在した建物
  • 黒門 - かつての総門。現在の上野公園入口から噴水広場へ至る広い道の途中、清水観音堂の下あたりにあったもので、簡素な冠木門であった。幕末の上野戦争には焼け残ったが、明治40年(1907年)、東京都荒川区の円通寺に移築され、同所に現存する。彰義隊戦士の遺骸が円通寺に葬られた縁で移築されたもので、門には上野戦争の時の弾痕が多数残る。なお、現在、清水観音堂近くにある黒門は復元されたものである。
  • 文殊楼 - 入母屋造重層の門。寛永4年(1627年)建立の仁王門が貞享2年(1688年)焼失した後、元禄10年(1697年)に建てられたが、上野戦争で焼失した。
  • 法華堂・常行堂 - 入母屋造の同形の仏堂2棟を左右に並べ、その間を屋根付きの高廊下で繋いだもので、参詣者は高廊下の下をくぐって根本中堂へ向かった。寛永4年(1627年)、紀州の徳川頼宣と尾張の徳川義直の寄進で建立されたもの。
  • 根本中堂 - 他の諸堂より大幅に遅れて元禄11年(1698年)落慶。現在の上野公園大噴水のあたりにあり、重層入母屋造、間口45.5メートル、奥行42メートル、高さ32メートルという壮大な規模のものであった。中堂前には方形に回廊をめぐらし、正面に唐門を設けていた。
  • 本坊 - 現在の東京国立博物館の敷地にあった。前述のとおり、正門のみが上野戦争で焼け残り、しばらくは博物館の正門として使用されていたが、その後博物館の東の輪王寺に移築されている。博物館本館裏の日本庭園は寛永寺本坊庭園の名残りである。

子院[編集]

現在は、以下の19か院。

  • 真如院
  • 寒林院
  • 林光院
  • 吉祥院
  • 泉龍院
  • 修禅院
  • 現龍院
  • 見明院
  • 福聚院
  • 本覚院
  • 元光院
  • 東漸院
  • 覚成院
  • 春性院
  • 等覚院

※以上15か院は、東京国立博物館東側に所在。

  • 養寿院(寛永寺本堂裏手)
  • 津梁院(寛永寺本堂裏手)
  • 円珠院(東京芸術大学音楽学部の西側)
  • 護国院(東京芸術大学美術学部に隣接)

徳川家霊廟[編集]

東京国立博物館裏手の寛永寺墓地には、徳川将軍15人のうち6人(家綱綱吉吉宗家治家斉家定)が眠っている。厳有院(家綱)霊廟常憲院(綱吉)霊廟の建築物群は、東京の観光名所として知られ旧国宝に指定されていた貴重な歴史的建造物であったが、昭和20年(1945年)の空襲で大部分を焼失。焼け残った以下の建造物は現在重要文化財に指定されている。

  • 厳有院霊廟勅額門、同水盤舎、同奥院唐門、同奥院宝塔
  • 常憲院霊廟勅額門、同水盤舎、同奥院唐門、同奥院宝塔

いずれも寛永寺霊園内にあり、一般公開されていないが、厳有院霊廟の勅額門は、外の道路から見ることができる。

文化財[編集]

上野恩賜公園内の清水観音堂

重要文化財[編集]

  • 清水観音堂
  • 旧本坊表門(輪王寺所在)
  • 厳有院霊廟(※印の物件は寛永寺でなく個人の所有)
    • 勅額門
    • 水盤舎  
    • ※奥院唐門(銅造) 
    • ※奥院宝塔(銅造)
    • ※附:浚明院宝塔、文恭院宝塔(各石造)
  • 常憲院霊廟(※印の物件は寛永寺でなく個人の所有)
    • 勅額門
    • 水盤舎
    • ※奥院唐門(銅造)
    • ※奥院宝塔(銅造)
    • ※附:有徳院宝塔、孝恭院宝塔、温恭院宝塔、天璋院宝塔(各石造)
  • 木造薬師三尊像 - 本堂(根本中堂)に安置する秘仏本尊。中尊も含め、3体とも立像である点が珍しい。中尊と両脇侍は別個に制作されたもので、中尊は滋賀県・石津寺から、両脇侍は山形県・立石寺から移されたもので、寛永寺の創建より古い、平安時代の作である。本堂内は非公開で、秘仏開扉の日も定められておらず、拝観はできない。(薬師三尊像は2006年3月28日~5月7日に東京国立博物館で開催された特別展「最澄と天台の国宝」に出展され、初めて一般公開された)
  • 絹本著色両界曼荼羅図 - 東京国立博物館に寄託。
  • 天海版木活字 - 開山の天海が刊行した「天海版一切経」の印刷に使われたもので、近年の調査でようやく全貌が明らかになった。26万4,688個の活字が2003年に重要文化財に指定されている。
  • 旧寛永寺五重塔(所有者は東京都、恩賜上野動物園構内に所在)

その他[編集]

  • 算額 昭和42年5月 下平和夫奉納(非公開)

参考文献[編集]

  • 特別展図録 『創建三六〇年記念 上野寛永寺展』、日本経済新聞社、1985年
  • 根岸鎮衛 『耳嚢 (全3巻)』 長谷川強校注、岩波文庫、1991年。 - 江戸時代の随筆。寛永寺についての逸話も収む。

関連項目[編集]

関連文献[編集]

著者は寛永寺執事長、子院現龍院住職。寛永寺及び上野の歴史研究者。

脚注[編集]

  1. ^ それまでの約70年間は本坊が根本中堂の代わりをしていた。
  2. ^ 徳川将軍15名のうち、家康、家光、慶喜を除く残り12名は、寛永寺と増上寺に6名ずつ葬られている。

外部リンク[編集]