水戸徳川家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
徳川氏
(水戸徳川家)
家紋
水戸三つ葵(一例)
本姓 清和源氏
家祖 徳川頼房
種別 武家
華族公爵
出身地 山城国
主な根拠地 常陸国水戸
著名な人物 徳川光圀徳川斉昭徳川圀順
支流、分家 高松藩主松平家
守山藩主松平家
府中藩主松平家
宍戸藩主松平家
松戸徳川家子爵
凡例 / Category:日本の氏族

水戸徳川家(みととくがわけ)は、常陸国茨城県水戸にある徳川氏の一支系で、徳川御三家のひとつ。単に水戸家ともいう。1606年(慶長11)9月23日、徳川家康の十一男である松平頼房が常陸国下妻10万石[1]を与えられ家を興した。1636年(寛永13年)7月、徳川姓を賜姓された。

概要[編集]

徳川家康の十一男徳川頼房を家祖とし、江戸時代を通じて水戸藩(現在の茨城県中部・北部)を治めた。格式は御三家の一つとして大廊下に詰め、屋形号を許された。領国の石高は実収が28万石程度であったが、御三家の格式をもって高直しをした結果、公称は35万石であった。これは水戸藩の財政を厳しくする一因でもあった。紀州家の祖である頼宣は同母兄であるので、ある時期[2]まで紀州家の分家であると考えられていた可能性がある[3]

大納言極官とされた尾張家紀州家から見ると、水戸家はその一段下の官位である権中納言を任じられたに過ぎず、石高が低かったことなどから知行的に負担を与えられた家柄とするのが一般の認識ではあったが、水戸家の領地は江戸に近く、また常陸国延喜式における大国かつ親王任国であること、支家の中に高松藩12万石という徳川御連枝の中では破格の禄高の家系(高松松平家)があり、他にも3つの支藩(内分分知を含む)が設けられたなど数多の事情を考慮すると、上位とされる2家と総合的には同等の待遇であったとの説も存在する。

水戸家当主は将軍の補佐役と目され、将軍に非常事態が起きた場合の対応に備えて参勤交代の対象外であり、江戸定府とされて基本的には国許に帰国することはまれであった[4]。こうして幕政に於ける最高位に等しい身分から、また現実に江戸住まいであったという居場所からも、将軍に最も近侍している水戸家は副将軍と称された[5][6]。将軍家へ養子を直接出した紀州家に比したその立場から、水戸家は「御三家であっても、将軍は出さない(主従忠誠に徹する)定めであったとする俗説も伝えられている。一方、第9代藩主斉昭の子で一橋徳川家へ養子に出された慶喜が第15代将軍を継いだので、実質的に水戸家は江戸幕府最後の将軍を出す結果になった[7]

水戸家は御三家の重要な一廉であると同時に、水戸学を奉じる勤皇家としても知られており、「もし徳川宗家と朝廷との間に戦が起きたならば躊躇うことなく帝を奉ぜよ」との家訓があったとされる[8]

歴代当主は比較的長命で、無子の者も少なく、江戸後期には他家へ多くの養子を出している。尾張藩徳川慶勝会津藩松平容保は、水戸家から高須藩に養子に入った松平義和の血筋である。

藩主として特に有名なのは、第2代藩主光圀(義公)と、第9代藩主斉昭(烈公)である。光圀は修史局彰考館の創設、及び司馬遷史記にならった紀伝体の史書『大日本史』編纂において、斉昭は江戸時代最大の藩校であった弘道館、及びその付属施設でもある偕楽園造成者として、あるいは最後の将軍の父として、それぞれ当時から著名であった[9]

水戸徳川家は明治維新後、華族に列して侯爵を授けられ、さらに公爵に昇った[10]。第13代当主の公爵圀順は、財団法人水府明徳会を設立して伝来の大名道具や古文書を寄贈し、散逸を防ぐ措置をとった。また、圀順は昭和43年(1967年)2月23日、水戸市にある光圀の茶室跡に彰考館徳川博物館を開き、これを継いで第14代当主圀斉はその保存・展示に努めた。第15代当主斉正は平成23年(2011年)4月、この法人を公益財団法人徳川ミュージアムへと改組した。

水戸家の支系(御連枝)は、讃岐国高松藩高松松平家陸奥国守山藩守山松平家常陸国府中藩府中松平家常陸国宍戸藩宍戸松平家の4家を数える。水戸徳川本家も含めて相互に養子のやりとりはあったものの[11]、いずれもそれ以外の他家から養子を迎えることはなく[12]、幕末以後まで初代頼房の血統で続いた。また江戸時代中期以降、宍戸家を除く3家やそのさらに支家から、多くの養子を他家へ出している。

なお、支藩ではないが3千石の家老格の支族として、頼房の八男・松平頼泰の家系が幕末まで続いている。頼譲のときに長倉陣屋に移ったことから、長倉松平家とも呼ばれる。他の支族(支藩以外)は幕末までに途絶している。その他、水戸本家や支家から附家老中山家以下、陪臣の家系(山野辺家雑賀鈴木家など)を継いだ者が出ている。

歴代当主と後嗣たち[編集]

水戸家は儒教を尊ぶ気風が強く、歴代藩主には漢風の諡号が贈られている。

水戸徳川侯爵家並びに水戸徳川公爵家[編集]

  • 12代(侯爵篤敬 - 定公(式部次官)
    • 圀順(13代)
    • 宗敬(一橋徳川家に養子、貴族院副議長、参議院議員)
  • 13代(侯爵、のち公爵圀順 - 明公(日本赤十字社社長、貴族院議長)
    • 圀斉(14代)
    • 圀禎
    • 圀秀(宍戸松平家へ養子)
    • 圀弘(守山松平家へ養子)

戦後の水戸徳川宗家[編集]

系譜[編集]

凡例:太線は実子、破線は養子、太字は各家の当主

水戸徳川家・高松松平家[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頼房1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【高松】
松平頼重1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光圀2
 
【守山】
松平頼元
【府中】
松平頼隆
 
松平頼利
【宍戸】
松平頼雄
〔長倉〕
松平頼泰
 
鈴木重義
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼常2 綱方
(水戸家へ)
綱條
(水戸家へ)
松平頼剛 松平頼侯 松平頼芳
 
 
綱方 綱條3 松平頼常
(高松家へ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼福
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼泰 松平頼豊3
 
 
 
 
 
 
松平頼豊 【大膳】
松平頼煕
 
 
 
 
 
 
吉孚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼明
(府中家へ)
松平頼匡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗堯
(水戸家へ)
松平頼治 松平頼桓4 松平頼桓 蜂須賀宗鎮
(松平頼珍)
蜂須賀至央
(松平頼央)
 
宗堯4
 
美代姫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼恭5
[※ 1]
 
 
 
蜂須賀至央
(松平頼央)
 
 
 
松平頼順 宗翰5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼脩
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼真6 松平頼起 (大膳)
松平頼昌
松平頼裕
 
 
 
 
 
 
松平頼図 治保6 松平頼図
(松平頼順養子)
松平頼救
(宍戸家へ)
松平保受 松平保福
(長倉家へ)
中山信敬
 
 
松平保福
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼儀 松平頼起7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
述姫
松平頼起正室)
雅姫
松平頼慎正室)
治紀7 松平義和
(高須家へ)
土屋彦直
 
 
 
山野辺義質
 
 
 
 
 
松平頼紹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼儀8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
厚姫
松平頼誠継室)
斉脩8 松平頼恕
(高松家へ)
斉昭 松平頼筠
(宍戸家へ)

(斉昭側室)[※ 2]
 
 
 
 
 
松平頼善
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼該 松平頼胤 松平頼顕 本多忠民 松平頼恕9
 
 
 
 
 
 
斉昭9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼位
[※ 3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼胤10 松平頼煕 松平武揚
越智家へ)
松平勝成
(久松家へ)
松平頼聰 大久保忠礼 慶篤10 池田慶徳 慶喜
(一橋家→徳川宗家→徳川慶喜家
松平直侯
越前(前橋)家へ)
池田茂政 松平武聰
越智家へ)
喜連川縄氏 松平昭訓 松平忠和
深溝家へ)
土屋挙直 昭武
(清水家→水戸家)
松平喜徳
(会津家→守山家)
松平頼之
(守山家へ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼温 松平頼和
西条家へ)
松平頼煕 松平頼聰11
 
 
 
 
 
 
篤敬 篤守
(清水家へ)[※ 4]
 
昭武11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼温 徳川義礼
(尾張家へ)
松平頼親 松平頼寿12 松平胖 永井翠直 聰子
 
篤敬12 昭子
松平頼寿夫人)
【松戸】
武定
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼明13 松平頼明 松平守弘 圀順13 宗敬
(一橋家へ)
 
 
 
 
 
 
博武
[※ 5]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
圀斉14 圀禎 松平圀秀
(宍戸家へ)
松平圀弘
(守山家へ)
文武
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斉正15 斉英
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斉礼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

守山・府中・宍戸松平家[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【高松】
松平頼重
【水戸】
徳川光圀
【守山】
松平頼元1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【府中】
松平頼隆1
 
 
 
 
 
 
 
松平頼利
【宍戸】
松平頼雄1
 
 
 
〔長倉〕
松平頼泰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼貞2 本多忠国 松平頼愛 松平頼方 松平頼寧 松平頼如2
 
 
 
 
 
 
松平頼道 松平頼道2
 
 
 
松平頼福
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼尚 松平頼寛3 松平定賢
久松家へ)
松平頼恭
(高松家へ)
松平頼済
(府中家へ)
 
 
 
 
 
 
松平頼明3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼慶3
 
 
 
松平頼明
(府中家へ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼羆 松平頼篤 松平頼亮4 松平頼融 松平頼溥
 
 
 
松平頼永4 松平武元
越智家へ)
遠山友明 松平頼幸 亀井茲胤 松平頼多4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼孝 松平頼慎5 武田信典 由良(新田)貞靖 知久頼衍
 
 
 
松平頼幸5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼洽 松平頼救5
[※ 6]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼誠6 松平頼賢 松平頼永
(西条家へ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼済6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼敬6 松平頼位
(長倉家→宍戸家)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼茂 松平頼音 松平頼升7 松平頼彬 松平頼邑
 
 
 
松平頼前7 松平頼陽 松平頼贇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼筠7
[※ 7]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼之8
[※ 8]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼説8 松平頼説
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼位8/10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平喜徳9
[※ 9]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼縄9 中山信守 松平頼功 有馬広衆 谷衛滋 知久頼匡 松平頼徳9 松平頼安11 松平頼平
(守山家へ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼平10
 
 
 
松平頼策10 松平頼寿 貴志頼邁 松平頼教 片桐貞篤 本多副元
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼敏 松平圀秀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼栄 松平秋雄11 樋口行雄 森田静雄 松平頼孝11 松平頼忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼則
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼暁
 
 
 

脚注[編集]

  1. ^ 守山藩主松平頼貞の五男。
  2. ^ 松平直侯、松平武聰の生母。
  3. ^ 宍戸藩主松平頼救の四男。のち宍戸家を継いだ。
  4. ^ 昭武が水戸家を継いだ際に明屋敷(当主不在)となった清水徳川家を継いだ。
  5. ^ 武定の娘婿。
  6. ^ 水戸藩主徳川宗翰の六男。
  7. ^ 水戸藩主徳川治紀の四男。
  8. ^ 水戸藩主徳川斉昭の二十二男。
  9. ^ 水戸藩主徳川斉昭の十九男。元は会津松平家会津藩主)を継いだ。

水戸徳川家臣団[編集]

御附家老 従五位下叙爵[編集]

累代家老 従五位下叙爵[編集]


累代家老・重臣[編集]


一代家老・中堅家臣[編集]


備考[編集]

  1. ^ 一説には5万石ともされる。下妻城を参照。
  2. ^ 1. 徳川姓を賜姓された1636年(寛永13年)頃、2. 生母養珠院の死去した1653年(承応2年)頃、3. 徳川将軍家の直系が断絶した徳川家綱死去の1680年(延宝8年)頃など。
  3. ^ 紀州家の祖である頼宣は初め、常陸介に任じられていた経緯があるためである(紀州徳川家徳川頼宣徳川頼房の項目を参照)。即ち将軍家は頼宣の紀伊国移封後に、常陸国へ頼房を任じたということができる。慶長7年(1602年)(関ケ原の戦いから2年後)、徳川家康佐竹氏出羽国移封後、常陸国水戸25万石へ実の息子である武田信吉を任じた。武田信吉は翌年に病死し、次いで同じく家康の息子である長福丸(のちの紀州家の祖・頼宣)が慶長8年(1603年)、2歳で水戸20万石、翌年25万石へ封じられた。しかし、頼宣は一度も水戸へ入部することなく、3年後の慶長11年(1606年)に駿河国へ封じられた。慶長14年(1609年)12月、常陸国下妻10万石を与えられていた鶴千代丸(頼房)が7歳で水戸藩主に封じられた。当時の石高は25万石であった。家康はまた、中山信吉を頼房の御附家老として置いた。
  4. ^ 藩主側近も江戸詰めであったため、国許の家臣と江戸詰め家臣では立場も環境も異なっていた。
  5. ^ 第2代藩主徳川光圀の傳役であった小野言員(小野角右衛門)宛の光圀の書簡に既に「常州水戸城主副将軍従三位権中納言」の記述が見られる。『小野言員宛書翰(付小野言員詞書)』徳川光圀、常磐神社義烈館蔵。
  6. ^ 徳川宗家が征夷大将軍を表すために三葉を表にした表葵御紋であるのに対し、水戸家の葵御紋は三葉が裏になった裏葵御紋が正紋であるとする説がある。
  7. ^ これは血統的な視点であり、あくまで御三卿の一橋家から将軍を出した形になったため、現当主もしくはその嫡男が将軍家へ直接養子に入るという意味での観点からいえば、水戸家から出た訳ではないともいえる。斉昭にとって慶喜は、正室の子であり嫡子・慶篤に次ぐ控えであったため、他家に養子へ出すことに消極的であったようである。父・斉昭の発言に、七郎麻呂(慶喜)は世子(慶篤)の控えに残し置きたい、七郎麻呂(慶喜)が世子(慶篤)の次代になれば便宜がはかれる、とある(晩香堂雑纂所収・藤田東湖書翰)。常磐神社、『烈公と慶喜公』宮田正彦、2014年3月閲覧。。しかし弘化4年(1847年)、老中・阿部正弘から水戸藩に七郎麻呂を一橋家の世嗣としたいとの第12代将軍・徳川家慶の意向が伝えられたことで、七郎麻呂は一橋家を相続した。家慶は度々一橋邸を訪問するなど、慶喜を将軍継嗣の有力な候補として考えていたが、阿部正弘の諫言を受けて断念している。のちに慶喜は第13代将軍・家定の後継候補となった際、一橋家より荷の重い将軍家を継ぐことになりそうな進路を嫌がる心情を、斉昭への手紙に残している(彰考館徳川博物館蔵)。
  8. ^ 「烈公(斉昭)尊王の志厚く、毎年正月元旦には、登城に先立ち庭上に下り立ちて遥かに京都の方を拝し給いしは、今なお知る人多かるべし。予(慶喜)が二十歳ばかりの時なりけん。烈公一日予を招きて「おおやけに言い出すべきことにはあらねども、御身ももはや二十歳なれば心得のために内々申し聞かするなり。我等は三家・三卿の一として、幕府を輔翼すべきは今さらいうにも及ばざることながら、もし一朝事起こりて、朝廷と幕府と弓矢に及ばるるがごときことあらんか、我等はたとえ幕府に反くとも、朝廷に向いて弓引くことあるべからず。これ義公(光圀)以来の家訓なり。ゆめゆめ忘るることなかれ」と宣えり。」『昔夢会筆記』烈公(斉昭)の御教訓の事
  9. ^ 烈公は天下に、水戸の老公または俗に水戸の御隠居と崇められ、仮初にも呼び捨てにされなかった(『福翁自伝福沢諭吉、1978年、岩波書店、岩波文庫、19頁)。
  10. ^ 昭和4年(1929年昭和天皇茨城県に行幸した際、第2代光圀並びに第9代斉昭の尊皇事跡、特に第13代当主圀順に至るまで著述研鑽に260年余を要し、藩を挙げての一大事業であった全397巻目録5巻の大著『大日本史』の完成が皇室より直々に顕彰されたため、それまでの侯爵から、華族としては最高位の公爵へ陞爵となった。
  11. ^ ただし尾張や紀州と異なり、支藩の藩主を経て本家を継いだ水戸藩主はいない。
  12. ^ ただし明治維新の直後には、一度他家へ養子に出た徳川昭武松平喜徳が水戸本家や支家を継ぐ変則的な状況になっている。

関連項目[編集]

水戸徳川家関連
関連大名

外部リンク[編集]