鬼門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鬼門(きもん)とは、北東=うしとら:の間)の方位のことである。陰陽道では、が出入りする方角であるとして、万事に忌むべき方角としている。他の方位神とは異なり、鬼門は常に艮の方角にある。

鬼門とは反対の、南西、ひつじさる)の方角を裏鬼門(うらきもん)と言い、この方角も忌み嫌われる。

鬼門は、古代中国の書物『山海経』にある物語が元となっており、北西)を「天門」、南西(坤)を「人門」、南東)を「風門」、北東(艮)を「鬼門」としたことによる。

陰陽道においては、西は陰、は陽とされ、北東と南西は陰陽の境になるので、不安定になると説明される。

鬼門は忌み嫌われるという云れの他に、逆に神々が通り抜ける方角、あるいは太陽が生まれる方位(生門)であるために清浄の気を保たねばならぬという考えもある。

中国では、北東の方向から季節風が吹くため、家の中心から見てこの方角に水回りのものを置くと、家の中が不衛生になるので置かないようにしたというのが、鬼門の由来であるというさまざまな説がある。

『山海経』にはまた、「東海の中に度朔山がある。頂に大きな桃の木があって、3000里にも亘って蟠屈しており(渦を巻くように曲がりくねっており)、その枝の間の東北を鬼門といい、多くの鬼が出入り口となっている。頂には2人の神が居て、ひとりを神荼(しんと)、ひとりを鬱壘(うつりつ)といい、悪鬼を調べ取り締まる役目を負っている。害をもたらす鬼を葦の縄で捕らえて虎に食わせる。このことをもとにして黄帝は礼の決まりを作り時々これを払い、桃の木で作った大きな人形を門戸に立て、門に神荼と鬱壘そして虎を描いて葦の縄をかけ、凶悪な物の精鬼を防いだ」と書かれている。この話が日本に伝わり、家相でいう「鬼門」方位 となったという説がある。

紀元前2世紀頃に中国で書かれた『神異経』に、「東北に鬼星の石室が300戸あったが、門は共有して一つだった。これを鬼門という。」とあり、このため、北東を鬼門と呼ぶようになったという説がある。

鬼門の忌避[編集]

京都御所の北東、猿ヶ辻鬼門避けのためこの角だけ折れ曲がっている 日出城鬼門櫓手前側の北東角が隅欠されている
京都御所の北東、猿ヶ辻
鬼門避けのためこの角だけ折れ曲がっている
日出城鬼門櫓
手前側の北東角が隅欠されている

鬼門は中国から伝来した考え方であると思われているが、現在では、日本沖縄を除く)のみで忌み嫌われている方位観であり、中国風水では土地や住宅の北東方位を恐れてはいない。  

江戸時代には、鬼門の方向への造作・移徙(わたまし:貴人の引越)は忌むべきとされた。また、人々は家の鬼門の方角にの木を植えたり、鬼門とは反対の方角がであることから、の像を鬼門避けとして祀ったりした。京都御所の北東角には屋根裏に木彫りの猿が鎮座し、鬼門を封じている(猿ヶ辻)。現在でも、家の中央から見て鬼門にあたる方角には、門や蔵、および水屋・便所・風呂などの水を扱う場所を置くことを忌む風習が強く残っている。

また、都市計画においては、平城京では鬼門の方向に東大寺が、裏鬼門の方向に植槻八幡宮が、平安京では大内裏から鬼門の方向に比叡山延暦寺が、裏鬼門の方向に石清水八幡宮が、鎌倉では幕府から鬼門の方向に荏柄天神社が、裏鬼門の方角に夷堂 が、江戸では江戸城から鬼門の方向に東叡山寛永寺が、裏鬼門の方向に三縁山広度院増上寺が置かれた。

日本の後期城郭では、縄張を鬼門除(きもんよけ)のために土居を隅欠(すみおどし)として一部削り取ったり(例:上田城)、鬼門櫓のように隅欠(角を1,2尺削って五角形の建物とする)を設けたり(例:日出城)して鬼門を無くす工夫をした。

俗語の「鬼門」[編集]

以上のように、鬼門は本来呪術的な意味を持つ言葉であるが、転じて「よくない結果が起こりやすい事柄」に対してこの言葉が用いられるようになっていった。方角に限らず、場所、時間帯や特定の教科などを指すこともあり、その用途は幅広い。

関連項目[編集]