国史大系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国史大系こくしたいけい)は、日本史を研究する上での基礎史料たる古典籍を集成し、校訂を加えて刊行した叢書である。その編纂は3次に亙って行われた。

第1次:国史大系・続国史大系[編集]

明治30年(1897年)から明治34年(1901年)までの間に、『日本書紀』等17冊が経済雑誌社から刊行され、続編が、明治35年(1902年)から明治37年(1904年)の間に『続国史大系』として15冊が刊行された。田口卯吉が編集し、黒板勝美が主に校訂にあたった。その編目は以下の通りである。

国史大系[編集]

続国史大系[編集]

  • 1-3. 続史愚抄
  • 4. 吾妻鏡(前)
  • 5. 吾妻鏡(後)※ 附録(宗尊親王鎌倉御下向記・建長四年政所始次第・関東開闢皇代并年代記・武家年代記)
  • 6-8. 後鑑
  • 9-15. 徳川実紀

第2次:国史大系六国史・国史大系類聚国史[編集]

黒板勝美が既刊の国史大系の六国史を再校訂し、新たに『類聚国史』を加え、『国史大系六国史』4冊、『国史大系類聚国史』1冊の計5冊が、大正2年(1913年)から大正5年(1916年)にかけて経済雑誌社から刊行された。

編目は以下の通り。

  • 1. 日本書紀
  • 2. 続日本紀
  • 3. 日本後紀・続日本後紀・日本文徳天皇実録
  • 4. 日本三代実録
  • 5. 類聚国史

第3次:新訂増補国史大系[編集]

昭和4年(1929年)から昭和39年(1964年)にかけて吉川弘文館から刊行された。全66冊。黒板勝美が編集し、丸山二郎らが校訂した。途中黒板が昭和11年(1936年)に病に倒れ、昭和21年(1946年)に死去したため、丸山二郎・黒板昌夫坂本太郎が国史大系編修会を発足させ、事業の継続にあたった。完成した年である昭和39年に、国史大系編纂事業の代表者である丸山二郎に朝日文化賞が贈られた。

その後、平成10年(1998年)と平成14年(2002年)に2度の全巻を復刊した。平成19年(2007年)8月より全巻をオンデマンド(OD)版で提供する。

なお、校訂担当者は永く公表されていなかったが、『国史大系書目解題』下巻(吉川弘文館、平成13年〈2001年〉)発行の折、初めて公表された。

編目は以下の通り(括弧は校訂担当者)。

  • 1上・下. 日本書紀(丸山二郎土井弘井上薫
  • 2. 続日本紀(坂本太郎
  • 3. 日本後紀・続日本後紀・日本文徳天皇実録(同上)
  • 4. 日本三代実録(同上)
  • 5・6. 類聚国史(同上、ただし、編年索引は丸山二郎・山田康彦
  • 7. 古事記・先代旧事本紀・神道五部書(丸山二郎)
  • 8. 日本書紀私記(坂本太郎)・釈日本紀(坂本太郎)・日本逸史(坂本太郎・黒板昌夫
  • 9. 本朝世紀(吉村茂樹馬杉太郎
  • 10. 日本紀略(前篇)(黒板勝美・坂本太郎)
  • 11. 日本紀略(後篇)・百錬抄(同上)
  • 12. 扶桑略記(坂本太郎)・帝王編年記(丸山二郎・黒板昌夫)
  • 13-15. 続史愚抄(丸山二郎・坂本太郎)
  • 16・17. 今昔物語集(丸山二郎・山田康彦)
  • 18. 宇治拾遺物語(丸山二郎・山田康彦)・古事談・十訓抄(丸山二郎・坂本太郎・山田康彦)
  • 19. 古今著聞集(丸山二郎)・愚管抄(平泉澄・丸山二郎・坂本太郎・山田康彦)
  • 20. 栄花物語(丸山二郎・原田文穂
  • 21上. 水鏡(馬杉太郎・原田文穂)・大鏡(丸山二郎・馬杉太郎・原田文穂)
  • 21下. 今鏡・増鏡(原田文穂)
  • 22. ・令義解(坂本太郎・黒板昌夫)
  • 23・24. 令集解(丸山二郎・坂本太郎・黒板昌夫・梅田俊一・原田文穂・彌永貞三
  • 25. 類聚三代格(坂本太郎)・弘仁格抄(丸山二郎)
  • 26. 交替式(延暦交替式・貞観交替式・延喜交替式)・弘仁式(以上丸山二郎)・延喜式(坂本太郎)
  • 27. 新抄格勅符抄(坂本太郎・)法曹類林(丸山二郎・黒板昌夫・瀧川政次郎)・類聚符宣抄・続左丞抄(以上、坂本太郎・黒板昌夫)・別聚符宣抄(坂本太郎)
  • 28. 政事要略(丸山二郎・黒板昌夫・瀧川政次郎)
  • 29上. 朝野群載相田二郎吉村茂樹
  • 29下. 本朝文粋(丸山二郎・黒板昌夫・土井弘)・本朝続文粋(土井弘)
  • 30. 本朝文集(丸山二郎・坂本太郎・土井弘)
  • 31. 日本高僧伝要文抄(坂本太郎)・元亨釈書(丸山二郎)
  • 32・33. 吾妻鏡(丸山二郎・相田二郎・平泉澄)
  • 34-37. 後鑑(豊田武・平泉澄・原田亨一・豊田武)
  • 38-47. 徳川実紀(井野辺茂雄・丸山二郎・黒板昌夫・馬杉太郎)
  • 48-52. 続徳川実紀(同上)
  • 53-57. 公卿補任(黒板昌夫・馬杉太郎)
  • 58-60上・下. 尊卑分脈皆川完一笹山晴生山本信吉飯田瑞穂三木太郎福原一男大橋京子
  • 別巻1. 公卿補任索引(馬杉太郎)
  • 別巻2. 尊卑分脈索引(皆川完一・渡辺直彦・山本信吉・飯田瑞穂・早川庄八・大橋京子)

外部リンク[編集]