宇治拾遺物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『宇治拾遺物語』より「御堂関白殿の犬」(岳亭春信画)

宇治拾遺物語』(うじしゅういものがたり)は、13世紀前半頃に成立した、中世日本説話物語集である。『今昔物語集』と並んで説話文学の傑作とされる。編著者は未詳。

概要[編集]

題名は、佚書『宇治大納言物語』(宇治大納言源隆国が編纂したとされる説話集、現存しない)から漏れた話題を拾い集めたもの、という意味である。全197話から成り、15巻に収めている。古い形では上下の二巻本であったようだ。

収録されている説話は、序文によれば、日本のみならず、天竺(インド)や大唐(中国)の三国を舞台とし、「あはれ」な話、「をかし」な話、「恐ろしき」話など多彩な説話を集めたものであると解説されている。ただ、オリジナルの説話は少なく、『今昔物語集』など先行する様々な説話集と共通する話が多い(説話の直接の出典には、『古事談』『十訓抄』『打聞集』などに類似の話が見られ、『今昔』との重出話にいたっては80余話もの数にのぼる)。

貴族から庶民までの幅広い登場人物、日常的な話題から珍奇な滑稽談など幅広い内容の説話を含む。「芋粥」の話などは芥川龍之介の短編小説の題材にも取られている(『今昔物語集』にも同じ説話がある)。

『宇治拾遺物語』に収録された説話の内容は、大別すると次の三種に分けられる。

  • 仏教説話(破戒僧や高僧の話題、発心・往生談など)
  • 世俗説話(滑稽談、盗人や鳥獣の話、恋愛話など)
  • 民間伝承(「雀報恩の事」など)

民間伝承には、「わらしべ長者」や「雀の恩返し」、「こぶとりじいさん」などなじみ深い説話が収められている。仏教に関する説話も含むが、どちらかというと猥雑、ユーモラスな話題(比叡山稚児が幼さゆえの場違いな発言で僧侶の失笑を買う、等)が多く、教訓や啓蒙の要素は薄い。すなわち、信仰に導きたいというような特定の価値観に拘束されない自由な視点で説話と関わる姿勢が覗われ、その意味において、中世説話集の中でも特異な存在である。

成立[編集]

『宇治拾遺物語』は、1213年建保元年)から1221年承久3年)頃にかけて成立したらしい。序文では、この説話集の成立の経過について、次のようなことが書かれている。

  1. まず、「宇治大納言」と呼ばれた貴族、隆国によって書かれたという『宇治大納言物語』が成立した(現在は散佚)。
  2. その後、『宇治大納言物語』が加筆・増補される。
  3. この物語に漏れた話、その後の話などを拾い集めた拾遺集が編まれた。

いずれにしても、成立について諸説あるが、『古事談』を直接の出典としている話が包含されていることにより、その成立期である建暦期であるとする説や第159話に「後鳥羽院」という諡号が出てくるのでこの諡号が出された仁治3年(1242年)以後まもなく、とする説もある。

現存の『宇治拾遺物語』はこうして成立したらしいが、3.がさらに抄出された版であるという見方もなされている。一方で、この序文自体が編者もしくは後世の創作であるとする説もある。

原典[編集]

二十数種の伝本があり、古本系と流布本系に大別される。前者は宮内庁書陵部御所本が代表的な伝本。後者は万治二年板本で、挿絵入りで、内閣文庫他に現存する。

外部リンク[編集]