釈日本紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

釈日本紀(しゃくにほんぎ)は、鎌倉時代末期の1274年文永11年)~1301年正安3年)頃に成立したと推定される『日本書紀』の注釈書。著者は卜部兼方(懐賢)。全28巻。

上宮記』、『日本紀私記』、『風土記』、『古語拾遺』、『天書』、『安斗智徳日記』、『調連淡海日記』、『先代旧事本紀』等、多くの史料を駆使し、解題、注音、乱脱、帝王系図、述義、秘訓、和歌の7部に分けて注釈を付けている。このため、現在では散逸している書物を逸文として残しており、兼方の厳密な書紀の原文解釈とも相まって、『古事記』、『日本書紀』の欠を補う史料として高い評価を受けている。

刊行本[編集]

関連項目[編集]