近江八景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

近江八景(おうみ はっけい)とは、日本近江国(現・滋賀県)にみられる優れた風景から「八景」の様式に則って8つを選んだ、風景評価の一つ。 石山寺瀬田の唐橋粟津原矢橋三井寺(園城寺)唐崎神社浮御堂比良山の8つのこと。

中国湖南省洞庭湖および湘江から支流の瀟水にかけてみられる典型的な水の情景を集めて描いた「瀟湘八景図」(北宋時代成立)になぞらえて、琵琶湖の南部から八箇所の名所を選んだものである。八景としては日本でもっとも初期に選定された[要出典]

由来[編集]

明応9年(1500年室町後期)に近江国に滞在した元・関白近衛政家公家)が、当地にちなんでの和歌八首を詠んだ、とする史料[1]もあるが、当時の政家の日記『後法興院記』の調査により、政家が近江に滞在して近江八景の和歌を詠んだとされる明応9年8月13日(1500年9月16日)は、外出せず自邸にこもっていたことが判明している。

また、江戸後期の歌人伴蒿蹊は、慶長期の関白・近衛信尹自筆の近江八景和歌巻子を知人のもとで観覧し、その奥書に、現行の近江八景と同様の名所と情景の取り合わせに至る八景成立の経緯が紹介されている[2]。よって現在ではこの記事に基づき、現行の近江八景の成立は近衛信尹によるものとする見方が有力となっている(奥書の原本は未確認である)。

実際、政家によって近江八景が成立したとなると、室町時代に制作された近江八景図の遺例が存在してもよいのであるが、そのような作例は確認されていない。近江八景の絵画作品の登場が17世紀後期以降であることを考えると、先行すべき和歌の成立が17世紀初期であるのは自然である。

八景[編集]

近江八景における8つの風景。作品の場合は題目。現在では「石山 秋月」などと表しもするが、旧来「の」は記さずに読む。

  • 石山秋月いしやま の しゅうげつ] - 石山寺
  • 勢多(瀬田)夕照せた の せきしょう] - 瀬田の唐橋
  • 粟津晴嵐あわづ の せいらん] - 粟津原
  • 矢橋帰帆やばせ の きはん] - 矢橋
  • 三井晩鐘みい の ばんしょう] - 三井寺(園城寺)
  • 唐崎夜雨からさき の やう] - 唐崎神社
  • 堅田落雁かたた の らくがん] - 浮御堂
  • 比良暮雪ひら の ぼせつ] - 比良山


歌川広重 『近江八景』[編集]

江戸後期の浮世絵師歌川広重によって描かれた錦絵による名所絵(浮世絵風景画)揃物『近江八景』は、彼の代表作の一つであり、かつ、近江八景の代表作である。名所絵揃物の大作である『保永堂東海道五十三次』が成功を収めた後を受けて、天保5年(1834年)頃、版元・保永堂によって刊行された。全8図。

石山秋月
勢多夕照
粟津晴嵐
矢橋帰帆
三井晩鐘
唐崎夜雨
堅田落雁
比良暮雪(下絵)

狂歌[編集]

近江八景の地名を全て含んだ狂歌として、江戸後期の文人大田南畝が詠んだ以下の歌が知られている。

乗せたから さきはあわずか たゝの駕籠 ひら石山や はせらしてみゐ

(のせた(瀬田)から さき(唐崎)はあわず(粟津:あはづ)か たた(堅田)のかご ひら(比良)いしやま(石山)や はせ(矢橋)らしてみゐ(三井))

この歌は、大田南畝が京へ上ろうと瀬田の唐橋に来た時、「近江八景の題目8つの全てを31文字の歌の中に入れて詠んだら駕籠代をただにしてやる」と駕籠屋に問われ、歌ってみせたものとされている[3]。同名の落語「近江八景」では、枕となる小噺の中でこの逸話とともに紹介される。

唱歌[編集]

明治33年(1900年)に大和田建樹が作詞した『鉄道唱歌』第1集東海道編では、建樹が強い関心を持っていたためか、近江八景をわざわざ歌詞を割いてまで全て歌いこんでいる。

なお、歌詞に歌いこまれた地域には、発表後しばらく経った大正時代に江若鉄道線、その後の昭和49年(1974年)に湖西線が開通している。

  • 39. いよいよ近く馴れくるは 近江の海の波のいろ その八景も居ながらに 見てゆく旅の楽しさよ
  • 40. 瀬田の長橋横に見て ゆけば石山観世音 紫式部が筆のあと のこすはここよ月の夜に
  • 41. 粟津の松にこととえば 答えがおなる風の声 朝日将軍義仲の ほろびし深田は何(いず)かたぞ
  • 42. 比良の高嶺は雪ならで 花なす雲にかくれたり 矢走(やばせ)にいそぐ舟の帆も みえてにぎわう波の上
  • 43. 堅田におつる雁がねの たえまに響く三井の鐘 夕くれさむき唐崎の 松には雨のかかるらん
  • 44. むかしながらの山ざくら におうところや志賀の里 都のあとは知らねども 逢坂(おうさか)山はそのままに

関連事象[編集]

該当地域[編集]

近江八景を採り入れた庭園[編集]

その他[編集]

  • 落語『近江八景』 :古典落語の題目の一つ。安永10年(1781年)に成立。
  • 和菓子「落雁」 :一説に、その名は近江八景の一つ「堅田落雁」にちなむとされる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 吉田元俊編 『扶桑名勝詩集』 延宝8年(1680年
  2. ^ 『閑田筆耕』 寛政2年(1790年
  3. ^ 秋廼屋望成編『蜀山狂歌叢談』求光閣、明治43年(1910年)、58頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]