宗義調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
宗義調
時代 戦国時代安土桃山時代
生誕 天文元年(1532年
死没 天正16年12月12日1589年1月28日
改名 熊太郎(幼名)→義親(初名)[1]→義調
別名 彦七(通称)、閑斎一鴎(号)
戒名 椿齢宗寿長寿院
墓所 対馬市厳原町日吉の長寿院
厳原町中村の太平寺
官位 刑部少輔讃岐
幕府 室町幕府 対馬国守護職
氏族 宗氏
父母 父:宗晴康、母:宗国親の娘・明石(泉光院)
正室:立石宗佐の娘
養子:宗茂尚宗義純宗義智
  (*いずれも第15代当主宗将盛の子)

宗 義調(そう よししげ)は、対馬国守護大名戦国大名宗氏の第17代当主。


生涯[編集]

天文元年(1532年)、第16代当主・宗晴康の子として生まれる。天文11年(1542年)11月、 室町幕府第12代将軍足利義晴より偏諱を賜い、義親(よしちか)と名乗る[1]。天文22年(1553年)、父から家督を継いで宗家の第17代当主となり、13代将軍・足利義藤(後の義輝)より重ねて偏諱を賜う形で義調に改名した(以後「義」の字は宗氏の通字となる)。1555年乙卯達梁の倭変が勃発し、義調は李氏朝鮮倭寇討伐に協力した。弘治3年(1557年)、李氏朝鮮と通商条約である丁巳約条を結んで貿易を拡大し、宗氏の貿易における繁栄をもたらした。

永禄2年(1559年)、窪奈調親(第15代当主・宗将盛の異母弟)らが謀反を起こし、対馬の船越に襲来したが、義調は壱岐の勝浦でこれを鎮圧して宗家の事実上の統一を成し遂げた。永禄9年(1566年)8月、家督を養子の宗茂尚(しげひさ、調尚とも、宗将盛の子)に譲って府中隠居したが、なおも実権は掌握しており、しかも茂尚が早世したため、その実弟である宗義純(よしずみ)に継がせたが、これも早世したため、その実弟である宗昭景(のちの宗義智)を当主として後を継がせ、義調はその後見人として政治の実権をなおも握った。

天正15年(1587年)、豊臣秀吉九州征伐が始まると、5月に家督に復帰して再び宗家の当主となる。そのうえで義智と共に秀吉の九州征伐に参陣したことにより、対馬を本領を安堵された。

その後、秀吉の命により李氏朝鮮と交渉を行なった。このとき、秀吉は義調に対して1年以内に朝鮮国王が日本に従属するという交渉がまとまらなければ、朝鮮に出兵するという無理難題を押しつけたとされる。このため義調は家臣の柚谷康広を朝鮮に派遣して交渉に当たらせ、秀吉の朝鮮出兵を回避するために尽力したが、天正16年(1588年)12月12日に交渉半ばで病死した。享年57。再び宗義智(この当時は吉智)が当主となり、跡を継いだ。

偏諱を与えた人物(家臣)[編集]

家督継承時

当主再就任以後

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 系図纂要』および『寛政重修諸家譜』の宗氏系図より。


先代:
宗晴康
宗氏当主
(1553-1566)
宗義調
次代:
宗調尚(宗茂尚
先代:
宗昭景(宗義智
宗氏当主
(1587-1588)
宗義調
次代:
宗吉智(宗義智)