安宅冬康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
安宅冬康
時代 戦国時代
生誕 享禄元年(1528年)?
死没 永禄7年5月9日1564年6月17日
改名 鴨冬(別名)、千々世(幼名)、神太郎(通称)[1]
法号:宗繁・一舟軒[2]
官位 摂津
氏族 三好氏安宅氏
父母 父:三好元長、養父:安宅治興
兄弟 三好長慶三好義賢冬康
十河一存野口冬長
信康清康及び「神太郎」[3]

安宅 冬康(あたぎ ふゆやす)は、戦国時代武将三好氏の家臣。兄の三好長慶を支え、三好家の版図拡大に寄与した。安宅氏へ養子に入り、菅氏や梶原氏ら、淡路水軍を統率した[4]。 穏やかで優しい「仁慈」の将であり、人望が高かった[5][6]が、兄の長慶によって殺害される。その粛清の経緯・理由については様々な見解があるが不明な部分が多い。

生涯[編集]

享禄元年(1528年)、細川晴元の重臣・三好元長の3男として生まれる。兄に三好長慶、三好義賢、弟に十河一存野口冬長がいる。

安宅氏は淡路の水軍衆である。長兄の長慶は当時、細川氏などによって畿内を追われ淡路島にいた。長慶は冬康をこの安宅氏の当主・安宅治興養子にして家督を継承させた。

以降、三好家は長兄の長慶が摂津河内和泉の兵を、次兄の三好義賢阿波衆を、冬康が淡路衆を、弟の十河一存が讃岐衆を率いるという体制で各地を転戦した。冬康は大阪湾の制圧や永禄元年(1558年)の北白川の戦い、永禄5年(1562年)3月の畠山高政との戦い(久米田の戦い)に従軍、特に畠山高政との戦いでは次兄の義賢が敗死すると冬康は阿波に撤退して再起を図り、6月には再び高政と河内で戦い勝利している(教興寺の戦い)。

その後、弟の一存や次兄義賢、甥で長慶の嫡男・三好義興が相次いで死去すると、三好一族の生き残りとして長慶をよく補佐したが、永禄7年(1564年)5月9日に長慶の居城・飯盛山城に呼び出されて自害させられた[7]。享年37[8]。跡を子の安宅信康が継いだ。

冬康の殺害に関して[編集]

  • 山科言継は、冬康に逆心があったゆえに殺されたようだ(「逆心悪行」)、と、伝聞の形で日記に書き記している[9]

多くの民衆は松永久秀の策動が背景にあったことを信じて疑わなかった[10]。例えば『続応仁後記』『三好別記』などの史料には、冬康の死因は確実に久秀の讒訴が原因による謀殺であると記されており、久秀は「逆心の聞こえあり」「謀反の野心あり」と長慶に讒訴したという[11]。実際に久秀には十河一存・三好義賢・義興といった長慶の兄弟、嫡子が相次いで死去して三好家中で同等かそれを凌駕する実力を保有する者で残っていたのは冬康だけであり、これを除く事で主家を乗っ取ろうと考えても不思議では無かった[11]

一方で、『足利季世記』や『細川両家記』にも、冬康が讒訴によって殺されたと書かれており、これらの史料の記述も、冬康が久秀の讒訴で殺されたとする根拠とされているが、この二つに関しては、「何者かの讒訴によって、冬康は長慶に殺害された」としか書かれておらず[12]、久秀が関与したとは一言も書かれていない。

長慶が自らの意思で冬康を殺害したという見解もある。弟の十河一存、実休(義賢)、嫡男義興に相次いで先立たれ、長慶の兄弟親子の有力者は冬康一人になっていた。思慮深い性格もあって、冬康への人々の人望は一層のこと強くなっていった[13]。そのこともあって、後継者の義継を巡り軋轢・疎隔が生じたのではないかとも指摘されている[14]。冬康本人が、義継への家督継承を不服としていた可能性もあると指摘される[15]天野忠幸は冬康殺害の理由についてこれと断言はしていないが、冬康が義継の家督継承に不服を抱いていた可能性もなしきにあらず、と解説した上で[16]、「例え冬康が無辜であっても、自分の死後、義継の地盤が盤石になるためには、冬康を殺す必要があったのではないか」[17]と指摘している。


長江正一は、長慶は義継の将来の為にも、冬康の処遇について考慮しなければならなかったと指摘する[18]。また、長慶はこの頃、重い病によって判断力が低下していたと考えられる[19]

冬康の無実を長慶が知ったのは殺害後のことで長慶は冬康を殺害したことを相当に後悔したという[20]。長慶はあまりのことに精神を病み(うつ病であったといわれる)、そのまま後を追うように7月に病死した。冬康の死と長慶の死により三好氏は事実上崩壊し、滅亡へと向かってゆくこととなった。

晩年の長慶が鬱病に罹患しているという観点から冬康謀殺を考察する見解もある。三好長慶の研究もしている介護士の諏訪雅信は、「鬱病の末期症状による被害妄想を原因とした殺害」「集団自殺・心中」という2つの見解を提示している[21]

「被害妄想を原因とする殺害」は、長慶の病状が悪化するにつれ、兄弟の中で唯一の生存者となっており、人格者として慕われていた冬康に人々の人望が集まり、それが長慶には「冬康が家臣達を糾合して自分を殺そうとしている」ように映った、というものである[22]。もう一つの「集団自殺・心中」説は、鬱病と自殺に強い因果関係があり、また鬱病による自殺は時々心中の形となって現れ、その犠牲になるのは多くは身内である、ということに着目した見解であり[23]、三好家の惣領として、天下人として自分の無力さに絶望を感じた長慶が、冬康を道連れにして殺害し、自らも食を絶って餓死した、というものである[24]。ただし提唱者である諏訪自身は、これら2つの見解は自分自身のこじつけによる解釈だと注意書きしている[25]

人物・逸話[編集]

  • 冬康は平素は穏健かつ心優しい性格で、血気に逸って戦で殺戮を繰り返し傲慢になっていた兄・長慶に対し鈴虫を贈り、「夏虫でもよく飼えば冬まで生きる(または鈴虫でさえ大事に育てれば長生きする)。まして人間はなおさらである」と無用な殺生を諌めたという逸話が残っている[26]
  • 南海治乱記』には、「三好長慶は智謀勇才を兼て天下を制すべき器なり、豊前入道実休は国家を謀るべき謀将なり、十河左衛門督一存は大敵を挫くべき勇将なり、安宅摂津守冬康は国家を懐くべき仁将なり」と記されている[27]

冬康は和歌に優れ「安宅冬康句集」「冬康長慶宗養三吟何人百韻」「冬康独吟何路百韻」「冬康賦何船連歌百韻付考証」など、数々の歌集を残し、「歌道の達者」の異名を持った[28]。中でも代表的な歌は、「古を 記せる文の 後もうし さらずばくだる 世ともしらじを」である。この歌には冬康の温和な性格がよく現れている。歌の師は里村紹巴宗養、長慶である[29]

冬康と、兄の三好義賢が和歌のやりとりをした逸話は、『足利季世記』『続応仁後記』『三好記』『阿州古戦記』『三好家成立之事』『十川物語』など、いくつかの軍記、史料に残っている[30]中でも、義賢が恩人細川持隆を殺したことを悔やみ、「草枯らす霜また今朝の日に消えて 報いの程は終(つい)にのがれず」と歌を詠んだのに対し、冬康が「因果とは遥か車の輪の外を 廻るも遠きみよし野々里」と歌を返したという話が知られる[31]

ただし、この歌は、「報いの程は終にのがれず」が「因果は斯(ここ)に廻りに来にけり」であったりするなど、歌の内容が史料によって差異があり、またその逸話についても、義賢が夢の中で父三好元長と出会い、彼からこの歌を聞かされて、冬康に話したところ、冬康が返しの歌を詠じたという話にしているものもある[32]

細川幽斎は著書『耳底記』の中で、安宅冬康の歌を「ぐつとあちらへつきとほすやうな歌」と評している[33]

長江正一は、最終的に粛清という結末になってしまった結果も鑑み、長慶と冬康の関係・及び両者の地位は源頼朝源範頼足利尊氏足利直義豊臣秀吉豊臣秀次のそれに似ていると指摘する[11]。また今谷明は、冬康が粛清される直前の三好政権末期における両者の関係を、悪い表現と前置きした上で、「文化大革命の末期における、毛沢東周恩来のよう」と評した[34]。天野忠幸は長江や今谷のように長慶と冬康の関係を他の歴史上の兄弟と直接比較はしていないが、織田信長の死後、織田信雄織田信孝織田秀信(三法師)、並びに彼らを後援する柴田勝家豊臣秀吉らの間で内紛が起こった事例を例え、このような事態が起こることを防ぐ為に長慶は冬康を粛清したのではないか、という見解を出している[35]

子息[編集]

信康及び清康の二人の息子がいたとされるが、信頼性のおける一次史料においては、「神太郎」という一人の息子しか確認できない[36]。「神太郎」の諱(本名)は不明であり、系図には「康」の一文字が記載されているのみである[37]。安宅家の家督は、兄義賢の三男である神五郎(甚五郎)が継承したとされ[38]、後に織田信長豊臣秀吉に属する。神五郎は播磨明石へ秀吉によって領地替えされ、水軍の棟梁としての地位を失った[39]。その後もしばらく神五郎は存命していたようであり、1599年に片桐貞隆らと共に相国寺を警備していたことが「鹿苑日録」に記述されている。この記述が、史料における神五郎の終見となっている[40]

家臣[編集]

  • 安宅石見守
  • 岩瀬石介
  • 庄紀伊守
  • 菅若狭守
  • 梶原三河守
  • 住路清兵衛
  • 住路又右衛門
  • 木村新左衛門
  • 菅道長
  • 梶原景久

脚注[編集]

  1. ^ 今谷・天野監修『三好長慶』304頁
  2. ^ 今谷・天野監修『三好長慶』304頁
  3. ^ 天野(2014)・145頁
  4. ^ 今谷・天野監修『三好長慶』304頁
  5. ^ 今谷・228、250頁
  6. ^ 『三好長慶』<人物叢書>・228頁
  7. ^ この時、冬康と共に入城した従者18人も生害されたという(『細川両家記』『足利季世記』『続応仁後記』)『三好長慶』〈人物叢書〉228頁。
  8. ^ 享年39ともされる。『三好長慶』〈人物叢書〉230頁。
  9. ^ (『言継卿記』)『三好長慶』〈人物叢書〉229頁。
  10. ^ 戦国 三好一族 250ページ
  11. ^ a b c 『三好長慶』〈人物叢書〉229頁。
  12. ^ 今谷・天野監修『三好長慶』179頁
  13. ^ 『三好長慶』<人物叢書>・228-229頁
  14. ^ 今谷・天野監修『三好長慶』304頁
  15. ^ 天野(2014)・134頁
  16. ^ 天野(2014)・134頁
  17. ^ 天野(2014)・134頁
  18. ^ 『三好長慶』<人物叢書> 229頁
  19. ^ 今谷・250頁
  20. ^ (『足利季世記』『続応仁後記』)『三好長慶』〈人物叢書〉255頁。
  21. ^ 今谷・天野監修『三好長慶』188頁
  22. ^ 今谷・天野監修『三好長慶』188頁
  23. ^ 今谷・天野監修『三好長慶』188頁
  24. ^ 今谷・天野監修『三好長慶』188頁
  25. ^ 今谷・天野監修『三好長慶』188頁
  26. ^ 平島家旧記』『三好別記』『阿州将吝記』『野史』、『三好長慶』〈人物叢書〉226頁。
  27. ^ 香西成資編「南海治乱記」巻之八・安宅摂津守冬康記
  28. ^ 。『三好長慶』〈人物叢書〉252頁
  29. ^ 冬康は文人としての色が強かったとされ、「能書歌人」「隠れ無き歌人」「陣中でも歌書を離さない」と言われたという。『三好長慶』〈人物叢書〉230頁。
  30. ^ 。『三好長慶』〈人物叢書〉251頁
  31. ^ 『三好長慶』〈人物叢書〉252頁
  32. ^ 『三好長慶』〈人物叢書〉252頁
  33. ^ 『三好長慶』〈人物叢書〉252頁
  34. ^ 今谷・250頁
  35. ^ 天野(2014)・134頁
  36. ^ 天野(2014)・145頁
  37. ^ 天野(2014)・145-146頁
  38. ^ 天野(2014)・145頁
  39. ^ 天野(2014)・145頁
  40. ^ 天野(2014)・145頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]