安宅冬康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
安宅冬康
時代 戦国時代
生誕 享禄元年(1528年)?
死没 永禄7年5月9日1564年6月17日
改名 神太郎(幼名)、冬康
法号:宗繁・一舟軒・鴨冬
官位 摂津
氏族 三好氏安宅氏
父母 父:三好元長、養父:安宅治興
兄弟 三好長慶三好義賢冬康
十河一存野口冬長
信康清康

安宅 冬康(あたぎ ふゆやす)は、戦国時代武将三好氏の家臣。

生涯[編集]

享禄元年(1528年)、細川晴元の重臣・三好元長の3男として生まれる。兄に三好長慶三好義賢、弟に十河一存野口冬長がいる。

安宅氏は淡路の水軍衆である。長兄の長慶は当時、細川氏などによって畿内を追われ淡路島にいた。長慶は冬康をこの安宅氏の当主・安宅治興養子にして家督を継承させた。

以降、三好家は長兄の長慶が摂津河内和泉の兵を、次兄の三好義賢阿波衆を、冬康が淡路衆を、弟の十河一存が讃岐衆を率いるという体制で各地を転戦した。冬康は大阪湾の制圧や永禄元年(1558年)の北白川の戦い、永禄5年(1562年)3月の畠山高政との戦い(久米田の戦い)に従軍、特に畠山高政との戦いでは次兄の義賢が敗死すると冬康は阿波に撤退して再起を図り、6月には再び高政と河内で戦い勝利している(教興寺の戦い)。

その後、弟の一存や次兄義賢、甥で長慶の嫡男・三好義興が相次いで死去すると、三好一族の生き残りとして長慶をよく補佐したが、永禄7年(1564年)5月9日に長慶の居城・飯盛山城に呼び出されて自害させられた[1]。享年37[2]。跡を子の安宅信康が継いだ。

冬康の殺害に関して[編集]

  • 山科言継は、冬康に逆心があったゆえに殺されたようだ(「逆心悪行」)、と、伝聞の形で日記に書き記している[3]
  • 多くの民衆は松永久秀の策動が背景にあったことを信じて疑わなかった[4]。『足利季世記』や『細川両家記』『続応仁後記』『三好別記』にも、冬康の死因は確実に久秀の讒訴が原因による謀殺であると記されており、久秀は「逆心の聞こえあり」「謀反の野心あり」と長慶に讒訴したという[5]。実際に久秀には十河一存・三好義賢・義興といった長慶の兄弟、嫡子が相次いで死去して三好家中で同等かそれを凌駕する実力を保有する者で残っていたのは冬康だけであり、これを除く事で主家を乗っ取ろうと考えても不思議では無かった[5]
  • 冬康殺害は長慶自身の意思だったという説もある。当時の長慶は信頼する兄弟や嫡子の相次ぐ死で病を患い、冷静な判断力にも欠けていた。また親族の相次ぐ死で永禄7年の時点で三好一族で突出した最有力者は冬康だけとなっていた。そのため冬康の三好家中における信望は一段と厚くなっており、逆に長慶の後継者はわずか10歳を過ぎた子供の三好義継だけであった。このため義継の将来を心配した長慶が自らの死後の事を恐れて冬康殺害に走ったというものである。冬康の地位は源範頼足利直義豊臣秀次そのものであったとされている[5]
  • 冬康の無実を長慶が知ったのは殺害後のことで長慶は冬康を殺害したことを相当に後悔したという[6]。長慶はあまりのことに精神を病み(うつ病であったといわれる)、そのまま後を追うように7月に病死した。冬康の死と長慶の死により三好氏は事実上崩壊し、滅亡へと向かってゆくこととなった。

人物・逸話[編集]

  • 冬康は平素は穏健かつ心優しい性格で、血気に逸って戦で殺戮を繰り返し傲慢になっていた兄・長慶に対し鈴虫を贈り、「夏虫でもよく飼えば冬まで生きる(または鈴虫でさえ大事に育てれば長生きする)。まして人間はなおさらである」と無用な殺生を諌めたという逸話が残っている[7]
  • 南海治乱記』には、「三好長慶は智謀勇才を兼て天下を制すべき器なり、豊前入道実休は国家を謀るべき謀将なり、十河左衛門督一存は大敵を挫くべき勇将なり、安宅摂津守冬康は国家を懐くべき仁将なり」と記されている[8]
  • 織田信長をはじめとする戦国大名が建造した安宅船の語源は、冬康の水軍であるともいわれている。
  • 冬康は和歌に優れ「安宅冬康句集」「冬康長慶宗養三吟何人百韻」「冬康独吟何路百韻」「冬康賦何船連歌百韻付考証」など、数々の歌集を残している。中でも代表的な歌は、「古を 記せる文の 後もうし さらずばくだる 世ともしらじを」である。この歌には冬康の温和な性格がよく現れている。歌の師は里村紹巴宗養、長慶である[9]

脚注[編集]

  1. ^ この時、冬康と共に入城した従者18人も生害されたという(『細川両家記』『足利季世記』『続応仁後記』)『三好長慶』〈人物叢書〉228頁。
  2. ^ 享年39ともされる。『三好長慶』〈人物叢書〉230頁。
  3. ^ (『言継卿記』)『三好長慶』〈人物叢書〉229頁。
  4. ^ 戦国 三好一族 250ページ
  5. ^ a b c 『三好長慶』〈人物叢書〉229頁。
  6. ^ (『足利季世記』『続応仁後記』)『三好長慶』〈人物叢書〉255頁。
  7. ^ 平島家旧記』『三好別記』『阿州将吝記』『野史』、『三好長慶』〈人物叢書〉226頁。
  8. ^ 香西成資編「南海治乱記」巻之八・安宅摂津守冬康記
  9. ^ 冬康は文人としての色が強かったとされ、「能書歌人」「隠れ無き歌人」「陣中でも歌書を離さない」と言われたという。『三好長慶』〈人物叢書〉230頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]