三好義継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三好義継
Yoshitugu.jpg
三好義継像 土佐光吉
京都市立芸術大学芸術資料館蔵
時代 戦国時代
生誕 天文18年(1549年
死没 天正元年11月16日1573年12月10日
改名 十河重存、重好、三好義存、義重、義継
別名 熊王丸(幼名)、孫六郎(仮名)、義詰[1]
墓所 大阪府八尾市真観寺
官位 左京大夫
主君 足利義輝義栄織田信長足利義昭
氏族 十河氏三好氏
父母 父:十河一存、養父:三好長慶
兄弟 義継存之
正室:足利義晴の娘
義兼義茂長元

三好 義継(みよし よしつぐ)は、戦国時代の武将・大名。河内戦国大名三好氏本家の事実上最後の当主である。

生涯[編集]

家督相続[編集]

天文18年(1549年)、三好長慶の実弟・十河一存の子として生まれる。はじめ十河 重存(そごう しげまさ)と名乗っていた。

永禄4年(1561年)4月に父が急死すると、幼少のため伯父の三好長慶は5月1日に十河家の老臣に、7月20日に乳母にそれぞれ養育することを約束した。永禄6年(1563年)8月に従兄で長慶の世子であった三好義興が早世したため、長慶の養子として迎えられ三好姓に改めた[2]

当時長慶の後継者候補には他に弟の安宅冬康やその子信康、更に次弟義賢(実休)の3人の息子達がいた。長慶が三好姓で息子が3人いる実休からではなく、息子が1人しか居ない一存から養子に迎えたため、十河家は実休の次男存保を養子に迎えなければならなくなる。何故このような不自然な養子相続関係になってでも義継が後継者に選ばれたのかは、九条家との関係が考えられる。九条家は、足利義晴・義輝と2代に渡って将軍の正室を出した近衛家と対立しており、これに対抗するため一存に養女を嫁していた。こうした九条家と三好一族の近い関係が、義継を後継者に押し上げたと考えられる[3]

永禄7年(1564年6月22日三好長逸松永久通ら4000人を従えて上洛し、これに大納言広橋国光宮内卿清原枝賢、三位の竹内季治らを加えて23日に義輝に謁見して家督相続の許しを得ている。その後、長慶が重病のため直ちに京都を離れて河内飯盛山城に戻った。7月に長慶が死去すると、後見役の三好三人衆(三好長逸・三好政康岩成友通)の支持を受けて家督を継ぎ名実共に三好家の当主となる[4]

傀儡の当主[編集]

家督相続時、既に重臣の松永久秀や三好三人衆が主家を凌駕する実力を保持していて、義継は彼らの傀儡に過ぎなかった。

永禄8年(1565年5月1日室町幕府第13代将軍足利義輝から「義」の字を賜って義重と改名、義輝の奏請により左京大夫に任官された[5]。しかし5月19日、久秀や三人衆に担ぎ出されて二条御所を襲撃し義輝の暗殺に加担[6]キリスト教宣教師を京都から追放した(永禄の変)。

ところが、直後に三人衆と久秀が不仲になると、11月16日に三人衆によって傀儡の当主として擁立され、強引に飯盛山城から河内高屋城へ移され久秀と戦うことになる。戦況は三人衆側が終始有利であったが、三人衆が本国阿波から義輝の従弟に当たる足利義栄を呼び寄せ、彼を次の将軍にすべく画策する一方で義継をないがしろにしていったため、永禄10年(1567年2月16日に久秀の手引きで三人衆のもとから逃れて高屋城から脱出、へ赴き久秀と手を結び、大和筒井順慶と結んだ三人衆と交戦、10月10日東大寺大仏殿の戦いで松永勢が勝利し、久秀の勢力が持ち直す契機となった[7]

織田信長との戦い[編集]

永禄11年(1568年)に織田信長足利義昭(義輝の弟)を擁立して上洛してくると、久秀と共に降り河内北半国と若江城の領有を安堵された(抵抗した三人衆は居城を落とされ阿波へ逃亡、義栄も上洛出来ないまま急死)。永禄12年(1569年)1月に阿波から畿内に上陸した三人衆が義昭を襲撃すると、畿内の信長派と合わせて三人衆を撃退(本圀寺の変)、3月に信長の仲介により義昭の妹を娶る。

その後しばらくは信長の家臣として三人衆など畿内の反信長勢力と戦っていたが(野田城・福島城の戦い)、元亀2年(1571年)頃から久秀と手を結んで信長に反逆し、信長包囲網の一角に加わった。元亀3年(1572年)には織田方の畠山昭高細川昭元(いずれも信長の妹婿)と河内・摂津方面で戦い、勝利している。

しかし元亀4年(天正に改元、1573年)4月、信長最大の強敵であった武田信玄が病死すると織田軍の反攻が始まり、7月には義兄にあたる足利義昭が信長によって京都から追放され、室町幕府は滅んだ[8]

最期[編集]

追放された義昭を若江において庇護したため信長の怒りを買い、天正元年11月、信長の命を受けた佐久間信盛率いる織田軍に若江城を攻められ(義昭は直前に堺へ脱出)、若江三人衆と呼ばれた重臣らの裏切りにもあって若江城は落城し、妻子と共に自害して果て、首は信長のもとへ届けられたという(若江城の戦い)。享年25[9]。これによって戦国大名としての三好家の嫡流は断絶した。三人衆は信長の前に敗れ壊滅状態となり、久秀は信長に降伏したため助命されたが、後に再度謀反を起こして敗死した。

3男長元の子・長勝が柴田勝家に仕え、その子宣賢は古田織部に仕えたと言われるが、年代的に合わないため、義継の家系ではない可能性が高い。

脚注[編集]

  1. ^ 阿州将裔記
  2. ^ 長江、P199、P227、今谷、P250、
  3. ^ 天野、P191 - P193。
  4. ^ 長江、P254、今谷、P252 - P253、天野、P190。
  5. ^ 伊勢貞助記』『足利季世記』『続応仁後記』(長江、P227)、天野、P193 - P194。
  6. ^ 将軍暗殺の中心となったのは久秀であるが、実際に御所を襲撃したのは久秀の息子久通と義継の軍勢である(永禄以来年代記)、大阪府、P364、今谷、P255 - P257、福島、P127 - P128。
  7. ^ 大阪府、P430 - P437、今谷、P258 - P263、福島、P132 - P139。
  8. ^ 大阪府、P438 - P458、今谷、P263 - P270、福島、P139 - P142。
  9. ^ 興福寺の記録による。大阪府、P458 - P459、今谷、P273 - P274。

参考文献[編集]

関連項目[編集]