海士町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あまちょう
海士町
日本の旗 日本
地方 中国地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 島根県
隠岐郡
団体コード 32525-2
面積 33.52 km²
総人口 2,365
推計人口、2014年6月1日)
人口密度 70.6人/km²
海士町役場
所在地 684-0403
島根県隠岐郡海士町大字海士1490番地
北緯36度5分47.5秒東経133度5分48.5秒
外部リンク 海士町公式サイト

海士町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
隠岐諸島 島前。左の島が海士町。
2008年7月
隠岐神社

海士町(あまちょう)は島根県隠岐郡である。隠岐諸島島前三島のひとつ・中ノ島に位置する。

面積33.5平方キロ、世帯数1,100世帯、人口2,451人(2007年8月末)。町役場は海士町大字海士1490番地に所在する。

歴史[編集]

古代の隠岐国海部郡3郷・布施郷、佐作郷、海部郷の地である。

1221年には後鳥羽上皇が海部郡に流刑となり、源福寺を配所として崩御するまで19年間暮らした。1939年、上皇の700年祭を記念して隠岐神社が創建された。

江戸時代には松江藩の支配を受け町域は海士村、豊田村、崎村、宇津賀村、知々井村、福井村、太井村に分かれていた。1904年に1郡1村の海士郡海士村となり、村役場を海士に置いた。村の人口は1950年に6,986人とピークを記録したが、その後は一貫して減少している。

1969年1月1日に海士町に昇格。同年、旧隠岐国4郡が合同して1郡となり隠岐郡海士町に改称した。

人口[編集]

Demography32525.svg
海士町と全国の年齢別人口分布(2005年) 海士町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 海士町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
海士町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 4,257人
1975年 3,809人
1980年 3,537人
1985年 3,339人
1990年 3,119人
1995年 2,857人
2000年 2,672人
2005年 2,581人
2010年 2,377人
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

町の行政機関[編集]

県の行政機関[編集]

立法[編集]

町政[編集]

町議会

  • 議長 亀谷 潔
  • 副議長 柏原廣行

県政[編集]

海士町(隠岐選挙区)から選出される島根県議会議員の定数は1議席である。

  • 門脇誠三

国政[編集]

経済[編集]

産業[編集]

海士町の産業就業人口は1,199人である[1]。産業別人口では第一次産業が211人(17.6%)、第二次産業が241人(20.1%)、第三次産業が747人(62.3%)となっている[1]

農林水産業と共に建設業が大きな産業となっており、建設業の従事者数は191人と全産業従事者数の15.9%を占める[1]1953年離島振興法制定以後漁港道路などの公共事業が多く行われてきたが、近年の国・地方自治体の財政難から公共事業が減少し厳しい状況となっている。

近年は「隠岐牛」のブランド化やCAS凍結システム導入による海産物の鮮度向上など様々な産業振興の取り組みが行われており、雇用創出や定住者の増加などの効果を挙げている。

主要企業[編集]

教育[編集]

隠岐島前高等学校

市外局番[編集]

市外局番は08514(2~9)となっている。

郵便[編集]

  • 菱浦郵便局(集配局):684-04xx
  • 海士郵便局
  • 崎郵便局
  • 知々井簡易郵便局
  • 御波簡易郵便局

交通[編集]

隠岐・中ノ島 菱浦港(2012年3月20日)

航路[編集]

バス[編集]

出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 総務省統計局(2005年)『平成17年国勢調査』
[ヘルプ]

外部リンク[編集]