国際写真センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際写真センター(International Center of Photography)は、1974年にコーネル・キャパにより開設された、アメリカニューヨークに存在する写真専門の総合施設。

概要[編集]

いわゆる芸術写真よりも、報道写真系統の色彩が強い。一般に、ICPと略称される。ときには、「インターナショナルセンターオブフォトグラフィー」とそのままでカタカナ表記されたり、「国際写真美術館」と表記されたりすることもある。

美術館(展覧会スペース)に、写真に関する学校であるThe ICP Schoolおよび情報センターも併設されている。ブックショップとカフェも設置されている。

3000名以上の写真家の作品を所蔵し、継続的に重要な展覧会を開催するほか(下記「開催された主な展覧会」参照)、写真関連の情報提供を行い、また学校からは多くの卒業生(写真家の卵)を生み出している。

1950年代に、コーネル・キャパの周りで写真家の死が相次いだことで(ロバート・キャパ(1954年)、ワーナー・ビショフ(1954年)、デヴィッド・シーモア(1956年)など)、彼らの写真作品の保存の必要性を感じたコーネル・キャパが、1966年に「the International Fund for Concerned Photography」を設立した。このファンドが発展して、国際写真センターの設立に至った。

開催された主な展覧会[編集]

  • Apropos USSR (1954–1973): Henri Cartier-Bresson 11/16/74–02/15/75
  • Turbulent Decades: Against the Odds, Photographs by Marc Riboud 02/22/75–04/5/75
  • Kamoinge: Eleven Black Photographers "Acting Together" 02/22/75–04/5/75
  • Moments Without Proper Names: Photographs by Gordon Parks 09/27/75–11/11/75
  • An American Experience: Color Photography by Ernst Haas 11/15/75–02/1/76
  • Turn of the Century: Lewis W. Hine 11/16/75–02/1/76
  • Transforming Eye: The Photographs by Clarence John Laughlin 04/10/76–05/16/76
  • Maritime Memories, 1860–1920: Photographs from the Joe Williamson Collection 06/11/76–07/18/76
  • Andreas Feininger: A Retrospective 09/24/76–11/7/76
  • Karl Struss: Man with a Camera 09/24/76–11/7/76
  • Thérèse Bonney: Photographs of French Decorative Arts, 1925–1939 09/24/76–11/7/76
  • Masters of the Camera: Stieglitz, Steichen and Their Successors 11/14/76–01/2/77
  • Dennis Stock Retrospective 01/7/77–03/13/77
  • Disfarmer of Heber Springs by Mike Disfarmer 01/7/77–03/13/77
  • Sudek at Home 05/12/77–07/3/77
  • Josef Sudek Retrospective: 1896–1976 05/12/77–07/3/77
  • Dog Days by Elliott Erwitt 07/8/77–09/11/77
  • Symbolism of Light: The Photographs of Clarence H. White 07/8/77–09/11/77
  • Women Photograph Men 09/16/77–10/9/77
  • Women See Men 09/16/77–10/9/77
  • The Russian War: 1941 to 1945 09/16/77–11/6/77
  • Weegee the Famous 09/16/77–11/6/77
  • The End of the Game by Peter Beard 11/13/77–01/22/78
  • Passport to the World: Swiss Photographers from 1840 until Today 02/3/78–03/5/78
  • Trees by Frank Horvat 03/23/78–04/14/78
  • Munkacsi: Spontaneity & Style 03/23/78–05/28/78
  • Photographic Crossroads: The Photo League 06/2/78–07/9/78
  • Edward Weston: Gifts to His Sister 07/14/78–09/3/78
  • Through My Window by Ruth Orkin 01/11/79–02/4/79
  • The Painter As Photographer: David Octavius Hill, Charles Négre, and Auguste Salzmann 02/2/79–03/11/79

参考文献[編集]

国際写真センターについて本格的に紹介した日本語の文献はまだない。ただ、美術関係では(日本人にとって)ニューヨークの観光名所の1つになっていることから、アメリカやニューヨークの旅行ガイド本(または、海外の美術館を紹介するガイド本)などでは、いろいろと取り上げられ、様々な情報が紹介されている。

外部リンク[編集]