井上青龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

井上 青龍(いのうえ せいりゅう、1931年 - 1988年8月18日)は、日本写真家高知県土佐市生まれ。

1951年より岩宮武二に師事。大阪・釜ヶ崎地域の写真を撮り続け、1961年に「人間百景—釜ヶ崎」で第5回日本写真批評家協会新人賞、カメラ芸術新人賞を受賞する。1976年に大阪芸術大学芸術学部写真学科講師となり、1977年に同大学助教授、1987年に同大学教授となった。

しかし1988年、奄美大島での撮影中、波にさらわれて事故死した。享年57。