日本カメラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本カメラ(にっぽん-)とは、日本カメラ社から刊行されているカメラ写真に関する月刊雑誌。 いわゆるカメラ雑誌のひとつである。 1950年に創刊。21世紀の現在まで刊行が続けられている。

その内容は、プロの写真家による写真作品を紹介、読者から募集した写真コンテスト入選作の発表と批評、カメラ・レンズなどの撮影機材の紹介、他人に見てもらえる写真の写し方など多義に亙り、1980年頃までは、モノクロ写真の暗室操作に関する記事もあり、アサヒカメラと共通している。又、カメラ機材の紹介を目的として、毎年『カメラ年鑑』(1951年から)も刊行している。さらに、2006年には、機材以外の写真の動向(写真賞、写真展、写真集など)を紹介するため、『写真年鑑』を刊行したが、以降の刊行継続が期待される。

カメラ毎日1954年-1985年)休刊後は、アサヒカメラとともに、カメラ雑誌の二巨頭として君臨している。

毎年開催の「日本カメラフォトコンテスト展」を主催している。これは、誌上月例コンテストの年度賞の上位に入った者が選ばれる。2009年度の審査には、4つの部門ごとに、「モノクロプリント」が齋藤康一、「カラースライド」が小澤忠恭、「カラープリント」が竹内敏信、「ビギナーズ」が今岡昌子が行った(応募点数は80,000点以上にのぼった)。展覧会は、2009年2月~3月に新宿ニコンサロンおよび大阪ニコンサロンで開催された。

別冊的な位置づけで、日本カメラmookシリーズという名称の書籍(主として、個別のカメラに関するものと、撮影技法に関するものとが存在する)がかなり多く刊行されている。

外部リンク[編集]