ショーン・デバリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ショーン・デバリ
ショーン・デバリの画像
プロフィール
リングネーム ショーン・デバリ
シーク・アブドゥル・ベシア
デバリ
コシロ・デバリ
アル・ダバリ
ラヒーム・アリ・アサード
シーク・アブドゥル・バジリ
身長 178cm
体重 95kg
誕生日 1984年4月30日(30歳)
出身地 イランの旗 イランテヘラン
トレーナー エディ・シャーキー
アドナン・アル=ケイシー
トム・プリチャード
デビュー 2000年
テンプレートを表示

ショーン・デバリShawn Daivari1984年4月30日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラープロレスマネージャーデバリDaivari)のリングネームで知られる。WWEのRAWに所属していた。近年はアル・ダバリAl Daivari)を名乗り全日本プロレスに参戦。

来歴[編集]

生まれはイランテヘラン。後に一家でアメリカのミネソタ州ミネアポリスに移住した。プロレスデビュー時は、イラン出身のレスラーであるアイアン・シークの本名コシロ・バジリに由来したコシロ・デバリKhosrow Daivari)を名乗っていた。

TNAROHをはじめインディ団体を転戦後、2004年にWWEと契約。アラブ系ギミックヒールモハメド・ハッサンマネージャーとしてRAWに登場した。

2005年バックラッシュではハッサンと組んでハルク・ホーガンショーン・マイケルズ組と対戦している。同年6月23日からはハッサンと共にスマックダウンへ移籍し、ジ・アンダーテイカーとの抗争を開始した。しかしスマックダウンを放送するTV局からのクレームで番組には登場できなくなり、グレート・アメリカン・バッシュでの試合を最後にスマックダウンを離脱。

その後ハッサンとのコンビを解消し、デバリは単独キャラクターとしてOVWDSWに参戦するようになった。11月7日、再度RAWに登場してカート・アングルと新コンビを結成。このときもマネージャー役が中心で、アングルとジョン・シナの抗争の最中にはレフェリーも行っている。2006年1月、アングルと共にスマックダウンに復帰するも、短期間でアングルとのコンビを解消。以降は“ワールド・ストロンゲスト・マン”マーク・ヘンリーグレート・カリのマネージャーを担当した。その後ECWに行ったがまたスマックダウンに逆戻り。さらにすぐさまRAWへ移籍するも、2007年10月にWWEを退団した。

2008年4月、全日本プロレスにアル・ダバリのリングネームで来日。VOODOO-MURDERSの一員として活動している。

2009年まではTNA、その後はROHに参戦。

得意技[編集]

トップロープ・レッグドロップ(トップロープからのギロチンドロップ)
レスラーとして活躍している時に使用していた得意技。
マジック・カーペット・ライド(ボディ・スプラッシュ
OVW時には使用していたがRAW昇格後は封印。
キャメルクラッチ
DDT

移籍記録[編集]

デバリは、WWEの在籍(活動)期間年数に最も移籍をしたレスラーとしてWWEのAluminiに記録(最高移籍記録として)されている。活動期間3年の中で実に6回も移籍をしている(1年に2回は移籍している)。以下がその移籍記録である。

  • ハッサン退団のため自身もフェードアウト、カート・アングルのマネージャーとして再びRAWに登場(2005年末)。

  • カート・アングルのスマックダウン移籍に伴い、自身もスマックダウンに移籍する(2005年末)。

  • カリが一人立ちしRAWに行ってしまったため自身はスマックダウンに移籍(2006年)。

  • スマックダウンのクルーザー級戦線に殴り込みをかけるかと思われたが、すぐにRAWへ移籍(2007年)。

マネージャー[編集]

下記のレスラーはデバリがマネージメントしたレスラーたちである。そのすべてがヒールレスラーであった。

外部リンク[編集]