ケンドール・ウインダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケンドール・ウインダム
プロフィール
リングネーム ケンドール・ウインダム
本名 ケンドール・ウインダム
身長 196cm
体重 118kg(全盛時)
誕生日 1967年12月15日(46歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州スウィートウォーター
トレーナー ブラックジャック・マリガン
デビュー 1984年
引退 2002年
テンプレートを表示

ケンドール・ウインダムKendall Windham1967年12月15日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーテキサス州スウィートウォーター出身。

父親はブラックジャック・マリガン、兄はバリー・ウインダムマイク・ロトンドは義兄で、彼の息子ウィンダム・ロタンダ(ブレイ・ワイアット)テイラー・ロタンダ(ボー・ロトンド)の叔父にあたる。

来歴[編集]

1984年ブラックジャック・マリガンバリー・ウインダムが主戦場としていたNWAフロリダ地区のCWF(チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ)にてデビュー。ロン・バスケビン・サリバンなどベテランのヒールと対戦してキャリアを積み、1986年にはアメリカ修行時代のホワイト・ニンジャこと武藤敬司とNWAフロリダ・ヘビー級王座を争った[1]

1987年からはWCWの前身団体であるNWAミッドアトランティック地区のジム・クロケット・プロモーションズに移籍。WCW発足後の1988年12月よりダスティン・ローデスタッグチームを結成して頭角を現し、1989年2月23日には当時リッキー・スティムボートが保持していたNWA世界ヘビー級王座に挑戦[2]。同年3月から4月にかけてはレックス・ルガーUSヘビー級王座にも度々挑戦した[2]

その後はフロリダ地区に戻り、CWFの後継プロモーションFCW(フロリダ・チャンピオンシップ・レスリング)に参戦したが、1990年、父のマリガンと共にドル紙幣偽造の罪で逮捕され、2年間の懲役刑を受けた[3]

服役後の1992年、フロリダのインディー団体ICWA(インターナショナル・チャンピオンシップ・レスリング・アライアンス)にてプロレス業界に復帰[2]。同年11月、ダニー・スパイビーのパートナーとして全日本プロレス世界最強タッグ決定リーグ戦に初来日した。全日本には翌1993年の7月と9月にも参戦している。

以後、アメリカではWCWやECWに単発出場し、1997年下期よりWCWに定着したが、ジム・ドゥガンフィット・フィンレイミングディーン・マレンコヒュー・モラスといった中堅選手のジョバーとなるなど、活躍の機会が与えられることはなかった[4]

しかし1999年カート・ヘニング、バリー・ウインダム、ボビー・ダンカン・ジュニアらによるカウボーイギミックのヒール・ユニット、ウエスト・テキサス・レッドネックスのメンバーとなってタイトル戦線に浮上。8月23日の『マンデー・ナイトロ』ではバリーとのコンビでハーレム・ヒートとの兄弟タッグ対決に勝利し、WCW世界タッグ王座を獲得した[5]

WCW離脱後はバリーとのウインダム・ブラザーズで活動し、プエルトリコWWCでは2000年9月2日にサンダー&ライトニングからWWC世界タッグ王座を奪取[6]。11月には同世界タッグ王者チームとして全日本プロレスに来日、世界最強タッグ決定リーグ戦への2度目の出場を果たした。

2002年の引退後は、フロリダ州ブランドンにてバリー・ウインダムと共にセキュリティ事業を運営している[2]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座:4回[1]
フロリダ・チャンピオンシップ・レスリング(プロフェッショナル・レスリング・フェデレーション)
  • FCWヘビー級王座(PWFヘビー級王座):1回
  • FCWタッグ王座(PWFタッグ王座):1回(w / ロバート・フラー
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWC世界タッグ王座:1回(w / バリー・ウインダム)[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b NWA Florida Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年5月11日閲覧。
  2. ^ a b c d Wrestlers Database: Kendall Windham”. Cagematch.net. 2012年5月11日閲覧。
  3. ^ Blackjack, The Nature Boy And More Memories”. The Post and Courier. 2012年5月11日閲覧。
  4. ^ WCW Yearly Results 1998”. The History of WWE. 2012年5月11日閲覧。
  5. ^ a b WCW World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年5月11日閲覧。
  6. ^ a b WWC World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年5月11日閲覧。

外部リンク[編集]