リチャード・スリンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード・スリンガー
リチャード・スリンガーの画像
プロフィール
リングネーム リチャード・スリンガー
(ザ・トルネード)
本名 リチャード・エースリンガー
ニックネーム チャタヌガの旋風
身長 180cm
体重 99kg
誕生日 1971年9月16日(43歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テネシー州チャタヌーガ
デビュー 1988年8月20日
テンプレートを表示

リチャード・スリンガーRichard Slinger、男性、1971年9月16日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラー。本名はリチャード・エースリンガーRichard Acelinger)。身長180cm、体重99kg。テネシー州出身。叔父にテリー・ゴディ、従兄弟にレイ・ゴディがいる。

略歴[編集]

叔父のテリー・ゴディを慕いプロレスの道へ。1988年8月20日にジョージア州の地元団体でデビュー[1]後、翌1989年7月にゴディのコネクションで全日本プロレスに留学生として来日[1]1989年9月4日岩手県水沢市大会で菊地毅を相手に日本デビュー[1]。1989年暮れに帰国するが、1990年6月に外国人選手として来日するも、そのまま道場に住み込んでレギュラー参戦する[1]1993年9月、渕正信が保持していた世界ジュニアヘビー級王座に挑戦するが敗北。

2000年6月、プロレスリング・ノアの設立と同時に、ベイダースコーピオと共に同団体へ主戦場を移す。同年12月、足の負傷から長期欠場。2001年10月、復帰。その後、ベイダーやスコーピオ等と外国人チームケイオスを結成。しかし、後に脱退し、三沢光晴小川良成等の日本人選手と共闘。2005年8月27日ロウキーをパートナーに、杉浦貴金丸義信が持つGHCジュニアヘビー級タッグ王座に挑戦するが敗れる。

身体を壊し、34歳で引退する[1]

なお、1997年3月頃に全日本プロレスに参戦していたマスクマンザ・トルネードの正体ではないかと噂されている。

得意技[編集]

中でもミドルキック二段蹴りを得意とする。
  • チャタヌガ・チュチュ
相手をファイヤーマンズキャリーの体勢で持ち上げ、そこから反転、パワースラムのように叩きつける技。由来は出身地名「チャタヌーガ(Chattanooga)」とグレン・ミラー楽団のヒット曲チャタヌーガ・チュー・チュー (en:Chattanooga Choo Choo)から。

入場テーマ曲[編集]

  • SINK THE PINK

その他[編集]

  • まだ留学生だった1989年9月2日、天龍源一郎とテリー・ゴディとの三冠戦でスリンガーは叔父のゴディのセコンドに就いていたが、ゴング前に天龍にゴディへの見せしめとしてパワーボムを喰らった[1]。これがテレビ初登場だった[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 小佐野景浩のプロレススーパースター列伝 第207回 海を越えてきたサムライ19 リチャード・スリンガー」、大阪スポーツ、2014年3月12日、8頁。

外部リンク[編集]