ジョー・マレンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョー・マレンコ
プロフィール
リングネーム ジョー・マレンコ
ジョー・ソルコフ
本名 ジョー・サイモン
ニックネーム フロリダの仕事師
スープレックス・マシーン
身長 180cm
体重 104kg
誕生日 1955年6月4日(59歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州タンパ
トレーナー ボリス・マレンコ
カール・ゴッチ
トニー・チャールズ[1]
デビュー 1977年[1]
テンプレートを表示

ジョー・マレンコJoe Malenko1955年6月4日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラー。本名はジョー・サイモンJoe Simon)。フロリダ州タンパ出身。

父はプロレスリング・スクール "Malenko School of Wrestling" (マレンコ道場)を設立し、「チェーン・デスマッチの鬼」の異名を持つボリス・マレンコ。実弟はWWEでロード・エージェントを担当しているディーン・マレンコ

来歴[編集]

父のボリス・マレンコや英国人プロレスラーのトニー・チャールズのトレーニングを受け、フロリダ大学卒業後の1977年にデビュー(1978年メキシコキラー・カーンを相手にデビューしたともされる[2])。

インディー団体GWAにて活動後、1985年5月にジョー・ソルコフJoe Solkoff)のリングネーム旧UWFに初来日。1988年からはジョー・マレンコとして全日本プロレスの常連外国人選手となり、1989年1月に渕正信、7月に百田光雄を破り、世界ジュニアヘビー級王座を2回獲得している[3]。弟のディーン・マレンコとのタッグチームでも活躍し、ダイナマイト・キッド&デイビーボーイ・スミスブリティッシュ・ブルドッグスとも好試合を展開した。1992年8月からはプロフェッショナルレスリング藤原組に度々来日し、1995年2月には新日本プロレスに初登場。同年12月には藤波辰爾の自主興行『無我』の第2弾興行にも参加した。

本国アメリカでは1992年にWCWに登場、6月16日開催のPPV "Clash of the Champions XIX" で行われた復活版NWA世界タッグ王座の争奪トーナメントにディーンとのコンビで出場したが、1回戦でリッキー・スティムボート&ニキタ・コロフに敗退した[4]1994年からはECWに参戦し、11月18日にフィラデルフィアECWアリーナにて、ディーンと組んでサブゥー&タズマニアックと対戦している[1]。以降もECWのフロリダでのハウス・ショーに時折出場し、スティービー・リチャーズらと対戦した。

セミリタイア後の1998年5月11日にはWCWの『マンデー・ナイトロ』に登場、当時ディーン・マレンコと抗争していたクリス・ジェリコと対峙した。引退後は地元のフロリダにて薬剤師に転じている[1]

2010年11月、全日本プロレスの『世界最強タッグ決定リーグ戦』に西村修とのチームで出場。両者は1990年代からの旧知の間柄であり、ECWでも対戦したことがある[5]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Wrestler Profiles: Joe Malenko”. Online World of Wrestling. 2010年10月26日閲覧。
  2. ^ 『THE WRESTLER BEST 1000』P164(1996年、日本スポーツ出版社
  3. ^ a b AJPW World Junior Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月26日閲覧。
  4. ^ WCW Clash of the Champions XIX”. Pro Wrestling History.com. 2010年10月27日閲覧。
  5. ^ ECW January - March 1995"”. Pro Wrestling History.com. 2010年10月27日閲覧。

外部リンク[編集]