高野拳磁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高野 拳磁
プロフィール
リングネーム 高野 拳磁
高野 俊二
本名 高野 俊二
ニックネーム 野良犬
人間バズーカ
身長 200cm
体重 130kg
誕生日 1964年2月16日(50歳)
出身地 福岡県北九州市
デビュー 1981年12月8日
テンプレートを表示

高野 拳磁(たかの けんじ、1964年2月16日 - )は、日本の男性プロレスラー。本名は高野 俊二(たかの しゅんじ)。福岡県北九州市出身

キャッチフレーズは野良犬。実兄のジョージ高野(ザ・コブラ)もプロレスラー。

来歴[編集]

1981年12月8日、新日本プロレス蔵前国技館での新倉史祐戦でデビュー。豪快な勝利で将来のエースを予感させた。翌1982年初め、協栄ボクシングジムより新日本プロレスへ日本人初のボクシング世界ヘビー級王者を誕生させる計画が持ち込まれ、候補として高野がピックアップされた。その後当時WBA世界ライトフライ級王者だった渡嘉敷勝男とハワイでトレーニングを開始するが、毒入りオレンジ事件の余波でプランは中止。プロレスに復帰後すぐにカナダカルガリースタンピード・レスリングに武者修行に出発。

1984年、長州力らの離脱による日本人選手層の薄さをカバーするために帰国。未完の大器という扱いでメインやセミでタッグパートナーとして抜擢され、この当時暗黒増殖団としてはびこっていたマシン軍団との抗争の一派に名を連ねる。また一方でビッグネームの外人選手との対決も多く組まれたが、対戦成績は芳しくなく、デビッド・シュルツとのシングルマッチではトップロープからのエルボー・ドロップで1分持たず敗戦という苦い経験もする。ただ、ブルーザー・ブロディには気に入られており、4度のシングル戦のうち後半2回はブロディの希望だったことを、後に雑誌のインタビューで高野本人が語っている。しかし、生来のムラッ気から試合毎の落差が激しく、マシン軍団との6人タッグマッチでのコーナーポストでの戦意喪失によるKO負けや、あまりのふがいなさにアントニオ猪木がリングに飛んできて活を入れるというシーンまであった。

1985年、スーパー・ストロング・マシンヒロ斎藤と共にカルガリーハリケーンズを結成し、新日を離脱。全日本プロレスを主戦場とし、AWA地区への二度目の武者修行へ。しかし帰国前後にスーパー・ストロング・マシンとヒロ斎藤の新日復帰を受けてカルガリーハリケーンズは解散となり、正式に全日本プロレス所属となる。2代目タイガーマスク高木功田上明仲野信市とともに「決起軍」を結成するが、ジャイアント馬場の「全然決起しないから」の一声ですぐに解散となる。しかし、馬場は高野の素材に期待をしており、積極的にジャンボ鶴田とのタッグをマッチメイクしていた。

1990年にSWSへ移籍し、新日本プロレスから移籍していた兄ジョージ高野とパライストラを結成する。1992年に同団体が解散したため、ケンドー・ナガサキを始めとする「道場・檄」のメンバーとNOWを旗揚げするものの、プレ旗揚げ戦後に兄弟揃って脱退。

ジョージとともに1993年、PWCを設立。しかし兄弟仲が険悪となったためジョージのみ離脱。これは、活動資金をジョージが出していたが、拳磁の団体経営に不満があったためとされる。

PWCは所属選手の不足と高野自身の素行不良が重なって旗揚げ後数か月で財政難となり、観客数も伸び悩んで興行を打つのもままならない状況になる。約1年後、当時所属していた黒田哲広をはじめとする選手達が離脱(脱走)。一人残った拳磁は、デスマッチ路線に活路を見出そうと将軍KYワカマツ率いる宇宙パワー軍との抗争を開始。宇宙パワーX、同XXと増殖していく宇宙パワー軍を相手に、高野は金村ゆきひろ(現:金村キンタロー)、荒谷信孝(現:荒谷望誉)、松崎和彦らと「地球防衛軍」を結成。有刺鉄線ボードや五寸釘ボードを用いる血みどろの戦いが繰り広げられた。その際、後のキャッチフレーズとなる「野良犬」と呼ばれるようになる。「野良犬」の由来は、宇宙パワー軍との闘いに敗れた後のマイクアピールで、「リングは盗まれ事務所も閉鎖、みっともなくて情けねえよ。だがよ、俺は飼い犬にはならねえ!!」と絶叫したことによる。当時のインディー団体の交流組織であったレスリング・ユニオンに加盟したため、他のユニオンの加盟団体にも上がっていた。

このころピザーラCMに出演し、「ピザーラ、お届け!」のセリフが受けて脚光を浴びた。続いて作られたピザーラの深夜限定CMでは背景真っ黒で音楽も無い中たった一人で視聴者を威圧するように「こんな遅くにテレビ見てんじゃねえよ、ピザーラ閉まっちまったじゃねえかよ」と語るシーンが深夜族に受けて、同じ深夜の大人気番組である「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」に山崎邦正などの当時の若手お笑い芸人を怖がらせたり襲う役などで度々出演するなど、プロレスファン以外にも知名度を上げた。

1994年には西日本プロレスに参画するもわずか1試合で電撃離脱し、PWCを復興。新たな戦力を確保し、持ち直したかと思われた。またこの時期、みちのくプロレスに覆面レスラー「ザ・グレート・ゼブラ」として登場している。しかしPWCは所属選手が一斉に離脱し、開店休業状態となる。なお、復興したPWCにおいてはビアガーデンプロレス「闘うビアガーデン」を考案し、それをPWCを離脱した選手により旗揚げされたDDTプロレスリングが受け継いで、恒例イベントとして今日まで定着している。

その後はFULLに参戦し「ジャイアント・ドスカラス」になったりもしたが、徐々にプロレス界からフェードアウト(引退表明はしていない)。そのキャラクターを活かし、2006年頃まで映画やVシネマに出演していた。その後はアメリカへ行き、2009年では実業家として法人を立ち上げているという[1]

逸話[編集]

  • 大日本プロレスを中心としたインディー連合が新日本プロレスと対抗戦を行った際、出場選手としてリストアップされたが、「自分が新日のリングに上がるのは、相手に失礼だから」と断っている(なお、もし出場した場合、佐々木健介との対戦が予定されていたと云う)。また街中で、偶然新日時代の後輩蝶野正洋に出会い、蝶野が高級車に乗っていたのを見て寂しい思いをしたこともあったという。自らが育った新日本に対する、高野が抱えた愛憎が垣間見える。
  • 練習嫌いは有名であり、恵まれた体格を持ちながら伸び悩む。山本小鉄曰く「小橋健太のような根性があれば、ゆうに前田日明を越える逸材だった」と語っている。

得意技[編集]

ミサイルキック
巨体の高野が放つと威力抜群で、「人間バズーカ」の異名をとった。
ダイビング・ダブルニードロップ
ダブルアーム・スープレックス・ホールド
 スーパーニンジャの時にフィニッシュとして使用していた。

獲得タイトル[編集]

現在もしくは過去に名乗ったリングネーム[編集]

  • 高野俊二
  • スーパー・ニンジャ
  • 高野拳磁
  • ザ・グレート・ゼブラ
タイガーマスク』のマンガ・アニメに登場した覆面レスラーのパロディー。
  • ジャイアント・ドスカラス

出演映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『別冊宝島1678 プロレス真実一路』、宝島社、2009、49頁。