天山広吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天山 広吉
天山 広吉の画像
プロフィール
リングネーム 天山 広吉
山本 広吉
本名 山本 広吉
ニックネーム 猛牛
嘆きのバッファロー
VIOLENT BULL
身長 183cm
体重 115kg
誕生日 1971年3月23日(43歳)
出身地 京都府京都市
所属 新日本プロレス
スポーツ歴 バスケットボール
ボディビル
トレーナー 山本小鉄
大剛鉄之助
デビュー 1991年1月11日
テンプレートを表示

天山 広吉(てんざん ひろよし、男性、1971年3月23日 - )は、日本プロレスラー京都府京都市出身。新日本プロレス所属。血液型O型。本名および旧リングネームは山本 広吉(やまもと ひろよし)。

来歴[編集]

入門以前 - テンコジ結成[編集]

京都市立北野中学校京都府立山城高等学校卒業、学生時代にボディビルバスケットボールに打ち込み、新日本プロレス学校を経て1990年5月に新日本プロレスに入門。1991年1月11日、今治市公会堂にて本名の「山本広吉」として松田納(現:エル・サムライ)戦でデビュー。

1993年3月、第4回ヤングライオン杯に優勝し、欧州武者修行へ出発。カルガリー大剛鉄之助の元で肉体改造を果たし、1995年1月に凱旋帰国。また、リングネームの姓を「天山」に改めた。2月4日には橋本真也の保持するIWGPヘビー級王座に挑戦するなど、将来性を高く買われていた。2月12日の試合では長州力からピンフォールを奪い、トップレスラーの仲間入りを果たすと同時に、蝶野正洋ヒロ斎藤狼群団を結成。その後、蝶野が結成したnWoジャパンのメンバーとして活動する。

1998年小島聡がnWo入りしたのをキッカケに「テンコジ」を結成。翌1999年東京ドーム大会でIWGPタッグ王座を奪取。2000年度のプロレス大賞では最優秀タッグ賞、2001年にはG1 TAG LEAGUEに優勝するなど、小島と共にタッグ戦線を盛り上げた。しかし、2002年に小島が全日本プロレスに移籍してしまい、テンコジとしての活動を休止する。

2003年[編集]

2003年8月、G1 CLIMAXに出場。これまで何度も優勝候補に挙げられるも、あと一歩で手が届かない天山は、一念発起して再びカルガリーの大剛の元で肉体改造を行い、現地でアナコンダバイスを開発。凱旋帰国を果たす。また、コスチュームも赤を基調としたものに変更し、髪を黒髪に染めた。G1では初戦こそプロレスリング・ノア秋山準に敗北を喫するも、決勝戦で再び対戦。アナコンダバイスでタップを奪い、初優勝を収めた。

また、10月に行われたG1 TAG LEAGUEでは西村修とのタッグで優勝。11月3日には高山善廣が保持するIWGPヘビー級王座を奪取し、初戴冠に至るなど、シングルプレーヤーとしての確固たる地位を築き上げる。

2004年[編集]

2004年2月15日、両国国技館で行われたIWGPヘビー級王座決定トーナメントを制し、第35代王者に君臨。 G1 CLIMAXでは、当時成長著しく「新・闘魂三銃士」と称されていた中邑真輔柴田勝頼棚橋弘至らを決勝トーナメントで順に3タテして、史上二人目となる連覇を果たす。12月5日には全日本プロレスに参戦し、川田利明の保持する三冠ヘビー級王座に初挑戦。12月のプロレス大賞では敢闘賞を受賞した。

2005年[編集]

2005年2月20日、小島聡の三冠ヘビー級王座と、自身の持つIWGPヘビー級王座を賭けたダブルタイトルマッチに臨むも、59分45秒脱水症状によるKO負けを喫した。試合終了後、都内の病院に直行し、検査の結果、意識消失発作と診断された[1]。試合終盤の天山は、汗が止まり、視線は泳いでいた状態になっており、セコンドに付いた選手が、場外に転落した天山を介抱する[1]場面も見られた。

2006年[編集]

2006年、G1 CLIMAXではリーグ戦を全勝で飾り、決勝で小島と対戦。これに勝利を収めて、3度目の優勝及び全勝優勝の快挙を成し遂げた。その後、パートナーだった蝶野正洋との確執を起きてしまいタッグを解消。真壁刀義越中詩郎らと共にG・B・Hを立ち上げ、同ユニットのリーダーとして蝶野と抗争を繰り広げる。

12月、世界最強タッグ決定リーグ戦では小島とのタッグ「テンコジ」として出場し、優勝を果たした。

2007年[編集]

2007年にはG・B・Hのリーダーとして軍団を引っ張っていたが、5月から6月にかけ再三にわたり休場勧告。さらに昨年12月に負傷した首の状態が最悪であることも発覚した。このせいがあり、8月のG1では不本意な成績に終わり、なおかつ越中のG・B・H脱退により本人も「もうアカン、気力だけで通用せぇへん」と休場とも思われる発言をしている。そして10月8日、かつての付き人後藤洋央紀と下克上マッチに敗北。この試合で、後藤が放った変形バックブリーカー(牛殺し)によってとうとう頸椎を損傷し、長期欠場に追い込まれた。

2008年[編集]

2008年2月17日、両国国技館で復帰するも、天山のダイビングヘッドバッドがパートナーの石井智宏に誤爆。試合にも敗北し、G・B・Hを追放される。3月のNEW JAPAN CUPでは1回戦で石井と対戦。勝利を収めるが、試合後にG・B・Hのメンバーによる攻撃を受ける。この状況を見かねた飯塚高史が救出に駆け付け、最初は冷たくあしらっていたが、後に和解し、友情タッグを結成。4月27日、同タッグで真壁刀義矢野通が持つIWGPタッグ王座に挑戦。だが、試合終盤に飯塚がまさかの裏切り行為に走り、敗戦。これをキッカケに飯塚との抗争劇に身を投じる。

7月8日、飯塚とランバージャック・デスマッチで対決。場外でG・B・Hメンバーからの攻撃で流血、後半はレフェリーを不在にさせ無法地帯と化すも、最後は天山がアナコンダバイスで勝利。試合後、納得のいかないG・B・Hが天山を奇襲。その時、盟友である小島聡が救出に駆け付け「天コジ」復活を遂げた。

10月13日、飯塚高史と2度目のデスマッチ、チェーン・デスマッチで激突するが、飯塚にチェーンで首を絞め上げられ、レフェリーが危険とみなしレフェリーストップ負けを喫した。同月に開催されたG1 TAG LEAGUEでは天コジとしてエントリーし、決勝戦で真壁、矢野組と対戦。アナコンダクロスで矢野をギブアップさせ、7年ぶり2度目の優勝を果たす。さらに、全日本プロレス世界最強タッグ決定リーグ戦では諏訪魔近藤修司組を破り、2年ぶりの優勝を遂げ、初のメジャー団体タッグリーグ戦ダブル優勝を飾った。

2009年[編集]

2009年1月4日、レッスルキングダムIIIIWGPタッグ王座に挑戦を決意するも、2008年12月29日に右目の上半分が見えなくなるという異常を訴える。病院での検査の結果、網膜剥離と診断され、休場を余儀なくされてしまい、タッグ王座挑戦を断念する。

5月3日福岡大会で、小島とのタッグ「天コジ」で復帰。復帰戦でジャイアント・バーナードカール・アンダーソン組とIWGPタッグ王座次期挑戦者決定戦に挑んだが、敗北。試合後、テンコジの解散を宣言した。その後、再び飯塚からの襲撃をうけるようになりにより7月21日、3度目のチェーン・デスマッチを行い、リベンジを果たした。

闘病と復帰 - 現在[編集]

8月、脊椎管狭窄症と右肩亜脱臼により無期限の欠場を発表。その後千葉県の病院に入院して9月24日に首の痛みの原因である頸椎後縦靭帯骨化症の手術を受け[2]、10月2日に退院しリハビリを開始したが[3]、その後都内の病院での検査の結果、新たに右肩の腱板断裂が判明した[4]。このため右肩も改めて手術することになり長期休養に入った。

当初は2010年春にも復帰予定だったが、頚椎の状態の回復が遅れた結果復帰は大幅に遅れ、同年11月18日に若手中心の興行『NEVER.4』で復帰を果たす。アントーニオ本多を相手に、アナコンダバイスで復帰戦を勝利で飾った。試合後、記者会見で感極まって号泣した。その後、新日のリングに復帰するも、2008年以降継続して抗争を繰り広げる飯塚高史にしつこく襲撃される。

2011年1月4日、レッスルキングダムVの舞台で「DEEP SLEEP TO LOSE」ルールで飯塚と対戦。レフェリーのブラインドを突いた飯塚の反則攻撃を、実況席のゲスト解説を務めていた青義軍井上亘のとっさの加勢で逃れることに成功。試合は天山がアナコンダクロスで飯塚を失神させた。その後は青義軍と共同戦線を張り、CHAOS(主な相手は飯塚)との抗争を展開していく。

8月、2年ぶりにG1 CLIMAXに出場。開幕以前から全日本プロレスを退団し、昨年から定期参戦している小島聡を敵視していた。最終戦を待たずに予選リーグ敗退が決定するも、最終日にオリジナルTTDの封印を解き、小島の決勝進出の阻止。小島に右目眼窩底骨折の重傷を負わせ、欠場に追い込んだ。9月19日に右目の負傷から回復した小島がフリーではなく新日本所属選手として復帰することを宣言し、復帰戦の相手として逆指名を受ける。10月10日、小島聡復帰戦と銘打たれた試合で小島と対戦。終始小島の右目を狙った攻撃で痛めつけるも、最後はラリアットで撃沈。

11月12日の大阪大会で小島と3度目のシングルマッチで激突。ムーンサルトプレスで勝利を奪い、2勝1敗と勝ち越しを決めたが、直後に飯塚が乱入し、スリーパーホールドで締め上げられる。この状況を見かねた小島が、救出に入り飯塚を追い払った。その後、小島と言葉を交わしあい握手はしなかったものの、再結成への兆しを示唆させた。19日、小島の試合終了後に起きたCHAOSによる小島への執拗な袋叩きに耐え切れず、救出に入る。返り討ちにした後、観客席から「テンコジ」コールに圧される形で、小島と握手を交わした。そして27日に天山の試合終了後に飯塚が天山を襲撃。そこへ小島が救出に入り飯塚を撃退すると、マイクを手に取りテンコジの復活を問いかける。これに対し天山は「もう一回テンコジ、やろうやないかい!」と返答し再結成。12月4日に2009年5月3日以来のテンコジ復活。飯塚、ヒデオ・サイトーと対戦し最後はテンコジカッターからアナコンダバイスで飯塚から勝利を収めた。また、プロレス以外の芸能活動については2011年12月よりマセキ芸能社に業務提携の形で所属することとなった。

2012年1月4日、レッスルキングダムの舞台でBAD INTENTIONSジャイアント・バーナードカール・アンダーソン組)の保持するIWGPタッグ王座に天コジとして挑戦。バーナードをムーンサルトプレスでピンフォール勝ちを収め、第58代王者に戴冠した。以降、同王座を巡ってCHAOS矢野通飯塚高史組やK.E.S.ランス・アーチャーデイビーボーイ・スミスJr.組)と抗争を繰り広げる。

2013年8月、G1 CLIMAXに出場したが、6日目に対戦した内藤哲也との試合で肋骨を骨折[5]。無念の途中欠場となった。

得意技[編集]

必殺技(フィニッシュ・ムーブ)[編集]

TTD(テンザン・ツームストーン・ドライバー)
変形のツームストーン・パイルドライバーで天山の代表的なフィニッシュ・ホールドの一つ。綺麗に決まると相手は首から垂直に落ちるが、ボディスラムの様に相手が背中から先に落ちている場合もあり、決め方や角度にかなりの差異が見られる。欧州式パイルドライバーと同型だが、両膝で相手の頭を固定することはしない。また、ボディスラムの要領で相手を抱え上げそのまま開脚ジャンプした自らの股に相手の頭を落とすオリジナルTTDを使用した時期もあったが、怪我人が絶えなかったため、稀にしか使われない技になっている。因みに原型では、ボディスラムの要領では無く、ツームストーン・パイルドライバーの要領で相手を抱えてそのまま2、3歩後ろに下がり、尻餅をつくようにして落とす技。こちらも怪我人が続出したため現在では完全に封印している。余談だがPS用ソフト闘魂烈伝3及び闘魂烈伝4では特定の条件下においてこの型のTTDが繰り出せる。
アナコンダバイス
2003年にカルガリー遠征中、大剛鉄之助の元で身につけた変型の腕極め式袈裟固め。この技への布石として使用されるのが、ロックボトムの形で組み付き、前にジャンプして尻餅をついて着地するアナコンダスラム。アナコンバイスをこらえ立ち上がろうとする相手を強引にテイクダウンを取る投げをアナコンダバスターという名称で知られている。また、相手の左腕を相手の首の前に巻き付けるように固定した、変形アナコンダバイスをアナコンダクロスと称されている。2011年のG1では更なる進化系(相手の片腕の手首を自らの一方の腕で掴み捻りながら、もう一方の腕を袈裟固めの要領で相手の頭部に巻きつけるように回し、そこから自らの両腕を相手の後頭部辺りで交差させるように極める)アナコンダXを披露した。
ムーンサルトプレス
天山プレスともいわれる。海外修行時に取得し、ダイビング・ヘッドバットとともに長くフィニッシュ・ホールドとして使用している。
 1995年には武藤と負けたほうがムーンサルト封印という条件で勝負し敗北するも1年程で再び使用し始めた。
2002年9月6日の石川県産業展示館3号館大会の西村修戦で敢行した際には回転に失敗して頭から落下し意識不明となったが、1週間足らずで復帰し再び試合で同技を繰り出し、天山のタフさを印象づけるエピソードとなった。直、左腕の感覚には違和感があり、戻るのにはかなりの時間がかかった。近年では首に負担がかかるため使用を控えていたが、自身のデビュー20周年記念興行にて数年ぶりに解禁。以降、ビッグマッチにおいての最上位フィニッシュ・ホールドに再昇華し、2013年のG1ではメインフィニッシャーとして使用頻度を上げている
ダイビング・ヘッドバット
2000年以前にフィニッシュ・ホールドとして多用していた。現在では大舞台での繋ぎ技として使っている。ただ、相手に届かずに自爆といった経験も何度かしており、1997年の橋本との試合では技をかけようとして失敗、右足がロープに絡まって宙吊りになり試合が中断してしまうハプニングがあった。


打撃技[編集]

モンゴリアン・チョップ
独特の呼吸で放ち、使う際会場のあちこちから「シュー」の唱和が飛び交うのがお馴染みとなっている。初期は両手を大きく振り上げ相手の両肩に打ち降ろした後に自らの両腕を一回転させる独特のモーションが印象的であったが後に改良、自身の胸の前で両腕を一旦交差させてバッテンを描くように斜めに振りおろすようになった。現在では肩の故障のためか初期のような打ち方に戻り、さらに自らの両腕を一回転させるアクションは見られなくなった。呼吸とモーションのみ見せ、チョップではなく相手胴部へ頭突きを見舞うフェイント技なども稀に見せる。
天山チョップ
仰向けに倒れた相手の頭側で見得を切り相手の喉元に手刀を振り下ろす技。こちらも打ち降ろした後に自らの腕を一回転させる独特のモーションが印象的であった。
アナコンダ・フック
後頭部にパンチを繰り出す技。勿論反則である。
フライング・ニールキック
主にロープへ振った相手に対して放つ、カウンター式を使う。
ヘッドバット
非常に頭が硬く、オデコに楊枝を刺す芸も見せている。

組み技[編集]

マウンテン・ボム
主にロープから戻ってきた相手に対しカウンターで用いられ、相手を担ぎ上げ、そのまま自身の上半身を預けた状態で後方へ倒れ込み投げる技。しかし近年では、倒れる際に相手を自分より更に後方へ投げ落とす(=自身の体重が相手へ乗っていない)、通常のバックフリップと大差のない投げ方へとなってきている。雪崩式も存在する。
ジャーマン・スープレックス
ここ一番の切り札として、大一番で繰り出す。
大剛式バックドロップ(アナコンダスープレックス)
相手の片足をクラッチして急角度に落としていく変形のバックドロップ。
シュミット式バックブリーカー
ムーンサルトの繋ぎ技として使用していたが、ボディスラムやTTDをムーンサルトの繋ぎ技として使用することが増えたため使われなくなった。

関節技[編集]

バッファロースリーパー
相手の片腕を取ってのスリーパーホールド。考案者は天山の妻。結婚する前、喧嘩で天山が妻にスリーパーホールドをかけられた際、髪をつかもうと手を差し出したとき、その腕ごと奥さんに固められてしまったのがきっかけ。
猛牛足卍(レッグオクトパス / バッファロークラッチ)
変形の足4の字固め。

その他[編集]

カーフ・ブランディング
コーナーにもたれ掛かっている状態の相手に対し、自分はコーナーに上り、膝を相手の頭に押し付けたままマットに叩き付ける。

合体技[編集]

蝶野正洋
CTC (Chono Tenzan Crush)
蝶野のシャイニングケンカキックと天山のラリアットで相手を挟み撃ちにする技。
蝶天魚雷
2人で行うダイビングショルダータックル。
小島聡
テンコジカッター
天山がマウンテンボムで相手の体を抱え、小島が相手の首を捕らえコジコジカッターでマットへ叩きつける。
TCD (TEN COZY DRIVER)
TTDとCCDの危険な複合技。
オレごとアナコンダ
立っている相手をアナコンダバイスの要領で捕獲してから、そこへ小島がラリアットで天山の腕ごと相手をなぎ倒す。
アナコンダカッター
天山が上記の通りに相手を捕らえ、小島がダイヤモンド・カッターの形で相手の顔、胸をマットに打ち付ける。
中邑真輔
天中殺
天山がマウンテンボムの要領で抱え上げ、中邑がコーナーから飛びつき式DDT(ディープインパクト)の形でマットへ突き刺す。

タイトル歴[編集]

新日本プロレス
パートナーは蝶野3回→小島2回→蝶野→西村→蝶野→小島3回。最多戴冠数の記録を持っている。特に蝶野や小島とは名タッグとして知られている。
  • G1 CLIMAX優勝 : 3回(2003年、2004年、2006年)
  • G1 TAG LEAGUE優勝 : 3回(1995年、2001年、2008年)
パートナーは蝶野→小島2回
全日本プロレス
パートナーは小島聡。
NWA
パートナーは小島聡。
CWA
  • CWA世界ジュニアヘビー級王座
プロレス大賞
  • 1995年度プロレス大賞 最優秀タッグ賞
  • 1996年度プロレス大賞 最優秀タッグ賞
  • 2000年度プロレス大賞 最優秀タッグ賞
  • 2004年度プロレス大賞 敢闘賞

パチンコ[編集]

天山はパチンコ好きでも有名で、その面でのメディア露出も多い。

  • 土山しげる作のパチンコ漫画「パチンコファイター猛牛天山!!」で原作を担当していた(2002年に単行本化)。
  • スポーツ報知でも2011年9月までパチンコのコラム『天山の激録!!玉取ったる』を月1回連載していた(ただし、怪我の治療のため、2009年10月から2010年3月にかけては4代目タイガーマスクが代わりに担当していた)。
  • テレビでも『銀玉王 リーチボーイズが行く!』(テレビ神奈川テレビ埼玉千葉テレビ)に準レギュラー出演していたほか、ゲストとしてパチンコ・パチスロ番組へ出演することも多い。
  • 新日本プロレスのマットにパチンコメーカーの広告が出されているため、一時は自分の試合中にそれが目に入り思わずパチンコのことを考えてしまうほどだった(『銀玉王』出演時の発言より)。
  • 2010年に発売されたパチンコ機『CR江戸の始末屋〜最強新日烈伝』(平和)では、蝶野・棚橋・中西学と共に「始末屋」の一人として液晶演出に登場している。

しかし2010年の復帰後はプライベートでのパチンコを「家庭の事情」で禁止されているほか、2012年1月には年始の抱負として「パチンコ引退」を表明するなど、近年はパチンコから距離を置いている[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 東京スポーツ 2005/2/21号より。
  2. ^ 天山24日手術「消えたくない」意欲語る nikkansports.com 2009年9月23日
  3. ^ 復帰待ってるぞ!頚椎手術の天山が退院 - スポニチアネックス 2009年10月2日
  4. ^ 天山広吉、肩も手術。復帰時期はやっぱり未定に - 多重ロマンチック 2009年10月16日
  5. ^ 肋骨骨折の天山「復帰まで1、2カ月」 - スポーツナビ 2013年8月11日
  6. ^ 衝撃! 天山広吉パチンコ引退宣言! - 多重ロマンチック・2012年1月7日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]