デビッド・テイラー (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デビッド・テイラー
プロフィール
リングネーム デイブ・テイラー
"スクワイア" デビッド・テイラー
"サー" デビッド・テイラー
デビッド "ロッキー" テイラー
本名 デビッド・テイラー
身長 190cm
体重 115kg(全盛時)
誕生日 1957年5月1日(57歳)
出身地 イギリスの旗 イギリスヨークシャー
テンプレートを表示

デビッド・テイラー"Squire" David Taylor1957年5月1日 - )は、イギリスヨークシャー出身のプロレスラー(生年は1955年ともされる[1])。

デイブ・テイラーDave Taylor)の名義でも知られる。1990年代よりアメリカに進出し、WCWWWEで英国貴族ギミックヒールとなって活動した。

来歴[編集]

オリンピック選手でもあった祖父ジョーとプロレスラーの父エリックの指導を受け、1974年スウェーデンでデビュー[1]

1977年1月には、ピート・ロバーツとの英国人コンビで新日本プロレスの『新春黄金シリーズ』に初来日している。同シリーズはスタン・ハンセンが新日本マットに初参戦したことで知られているが(シリーズのエースはタイガー・ジェット・シン)、テイラーはシリーズ開幕から1週間後に急性盲腸炎を患い、日本で摘出手術を受けて緊急帰国を余儀なくされた[2]。なお、昭和期の新日本プロレスには1985年3月の『ビッグ・ファイト・シリーズ第2弾』にも来日している。

イギリスではリヴァプールを拠点とするオールスター・プロモーションズ(現在のオールスター・レスリング)を主戦場とし、ベビーフェイスのポジションでビッグ・ジョン・クイン初代ケンドー・ナガサキとも対戦。1991年4月6日にはデイブ・フィンレーからブリティッシュ・ヘビー級王座を奪取している[3]オットー・ワンツが主宰するドイツのCWAにも遠征し、同年12月21日にクリス・ベノワ1993年7月18日にミレ・ツルノをパートナーに、同団体認定の世界タッグ・タイトルを2度に渡って獲得した[4]

1995年にアメリカへ渡り、WCWにて同じく英国出身のロード・スティーブン・リーガル(現ウィリアム・リーガル)が結成していたタッグチーム・ユニット、ブルー・ブラッズThe Blue Bloods)に加入。スクワイアSquire)をニックネームに、リーガルのパートナーとなって嫌味な英国紳士のヒールを演じた。以降、1990年代後半はWCWを主戦場に、リーガル、クリス・アダムス、英国時代のライバルでもあったデイブ・フィンレーらと共闘。1996年10月にはWCWとの提携ルートで新日本プロレスに久々に来日し、リーガルとのコンビで『SGタッグリーグ戦VI』に出場した。1997年11月23日にミシガンで行われたPPV "World War 3 1997" にもリーガルと組んで出場し、スタイナー・ブラザーズリック&スコット・スタイナー)のWCW世界タッグ王座に挑戦している[5]

2001年のWCW崩壊後はWWFと契約し、当時WWFのファーム団体だったOVWのトレーナーを担当。レスラーとしてもWWFのダーク・マッチに度々出場した。2004年にはTNAにも登場したが、2006年よりWWEと再契約。ファーム団体DSWのトレーナーを経てスマックダウンの所属選手となり、WCW時代の盟友ウィリアム・リーガルとブルー・ブラッズのギミックを再現し、WWEタッグ王者ブライアン・ケンドリック&ポール・ロンドンと抗争。2007年4月からはケインとの抗争アングルも展開された。

リーガルのRAW移籍後はポール・バーチルドリュー・マッキンタイアとコンビを組んでいたが、2008年4月28日にWWEを解雇された。以降はイアン・ロッテン主宰のIWAミッドサウスチカラなどのインディー団体に単発出場したほか、英国に戻りオールスター・レスリングにも参戦している[6]2011年4月2日にはジョージア州アトランタで行われたROHのPPVイベントにてコルト・カバナと対戦した[7]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

  • ブリティッシュ・ヘビー級王座:2回[3]
  • CWA世界タッグ王座:2回(w / クリス・ベノワミレ・ツルノ[4]
  • CWFミッドアトランティック・ヘビー級王座:1回
  • ヨーロピアン・ヘビー級王座:1回

脚注[編集]

  1. ^ a b 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P71(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ スタン・ハンセン著『魂のラリアット』P160(2000年、双葉社ISBN 4575291080
  3. ^ a b British Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月20日閲覧。
  4. ^ a b CWA World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月20日閲覧。
  5. ^ World War III”. The History of WWE. 2010年8月18日閲覧。
  6. ^ Wrestlers Database: Dave Taylor”. Cagematch.net. 2011年12月29日閲覧。
  7. ^ Event Database: ROH Honor Takes Center Stage - Tag 2”. Cagematch.net. 2011年12月29日閲覧。

外部リンク[編集]