歴代NWA世界ヘビー級王者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NWA世界ヘビー級王座 > 歴代NWA世界ヘビー級王者

歴代NWA世界ヘビー級王者(れきだいNWAせかいヘビーきゅうおうじゃ)は、NWAが管理するチャンピオンベルトであるNWA世界ヘビー級王座を獲得したことがある人物の一覧である。

ジャイアント馬場の初獲得を第49代とした場合で一覧は構成しており、旧NWAの初代から第37代を参考として掲載している。また、オービル・ブラウンを初代王者とする場合は下記に掲載されている第38代が第2代となる。

伝説の時代(初代 - 第37代〔NWA発足以前〕:参考)[編集]

レスラー 戴冠回数 戴冠日付 戴冠場所、実際のタイトル
初代 フランク・ゴッチ 1 1905年10月
第2代 フレッド・ビール 1 1906年12月1日 ニューオーリンズ、American Mixed-Style ヘビー級
第3代 フランク・ゴッチ 2 12月16日 カンザスシティ、American Mixed-Style ヘビー級
第4代 チャーリー・カトラー 1 1914年7月4日
第5代 ジョー・ステッカー 1 1915年7月5日 世界ヘビー級
第6代 アール・キャドック 1 1917年4月9日 世界ヘビー級
第7代 ジョー・ステッカー 2 1920年7月4日 世界ヘビー級
第8代 エド・ルイス 1 1921年12月13日 ニューヨーク、世界ヘビー級
第9代 スタニスラウス・ズビスコ 1 1922年3月3日 ウィチタ、世界ヘビー級
第10代 エド・ルイス 2 3月22日
第11代 ウェイン・マン 1 1925年1月8日 カンザスシティ、世界ヘビー級
第12代 スタニスラウス・ズビスコ 2 4月25日
第13代 ジョー・ステッカー 3 5月30日
第14代 エド・ルイス 3 1928年2月20日
第15代 ガス・ソネンバーグ 1 1929年7月4日 ボストン、AWA世界ヘビー級(ボストン版)
第16代 エド・ダン・ジョージ 1 1931年2月10日
第17代 ヘンリー・デグレーン 1 5月7日
第18代 エド・ダン・ジョージ 2 7月7日
第19代 ダノ・オマホニー 1 1935年6月30日 ボストン、旧NWA世界ヘビー級
第20代 ディック・シカット 1 1936年3月2日 ニューヨーク、AWA世界ヘビー級(ボストン版)
第21代 アリババ 1 4月24日
第22代 エベレット・マーシャル 1 6月26日 コロンバス、旧NWA世界ヘビー級
第23代 ルー・テーズ 1 1937年12月29日 セントルイス、MWA世界ヘビー級
第24代 スティーブ・ケーシー 1 1938年2月11日 ボストン、AWA世界ヘビー級(マサチューセッツ版)
第25代 エベレット・マーシャル 2 9月-日 旧NWA総会により認定、旧NWA世界ヘビー級
第26代 ルー・テーズ 2 1939年2月23日 セントルイス、旧NWA世界ヘビー級
第27代 ブロンコ・ナグルスキー 1 6月23日 ヒューストン、旧NWA世界ヘビー級
第28代 レイ・スチール 1 1940年3月7日 旧NWA世界ヘビー級
第29代 ブロンコ・ナグルスキー 2 1941年3月11日 ミネアポリス、旧NWA世界ヘビー級
第30代 サンダー・ザボー 1 6月5日 セントルイス、旧NWA世界ヘビー級
第31代 ビル・ロンソン 1 1942年2月19日 旧NWA世界ヘビー級
第32代 ユーボン・ロバート 1 10月17日 モントリオール、旧NWA世界ヘビー級
第33代 ボビー・マナゴフ 1 11月27日 ヒューストン、旧NWA世界ヘビー級
第34代 ビル・ロンソン 2 1943年2月19日 旧NWA世界ヘビー級
第35代 ホイッパー・ビリー・ワトソン 1 1947年2月21日 旧NWA世界ヘビー級
第36代 ルー・テーズ 3 4月25日 旧NWA世界ヘビー級
第37代 ビル・ロンソン 3 11月21日 旧NWA世界ヘビー級

ルー・テーズの時代(第38代 - 第44代)[編集]

レスラー 戴冠回数 戴冠日付 戴冠場所
オーヴィル・ブラウン 1 1948年1月5日 デモイン
第38代 ルー・テーズ 4 1949年11月27日
第39代 ホイッパー・ビリー・ワトソン 2 1956年3月15日 トロント
第40代 ルー・テーズ 5 11月9日 セントルイス
第41代 ディック・ハットン 1 1957年11月14日 トロント
第42代 パット・オコーナー 1 1959年1月9日 セントルイス
第43代 バディ・ロジャース 1 1961年6月30日 シカゴ
第44代 ルー・テーズ 6 1963年1月24日 トロント

※1957年6月14日、イリノイ州シカゴにおいて、エドワード・カーペンティアがルー・テーズを破ったが、裁定に食い違いが生じ、その後しばらくの間はカーペンティアとテーズが共にNWA世界王者を名乗った。

※1962年8月31日オハイオ州コロンバスにおいて、ビル・ミラーカール・ゴッチが、NWA世界ヘビー級王者バディ・ロジャースと控え室でトラブルを起こし試合を控えてたロジャーズは欠場。一時 対戦相手のジャイアント馬場に移動するが結局 馬場は返上。レコードとしては認められていない。

黄金期の時代(第45代 - 第60代)[編集]

レスラー 戴冠回数 戴冠日付 戴冠場所
第45代 ジン・キニスキー 1 1966年1月7日 セントルイス
第46代 ドリー・ファンク・ジュニア 1 1969年2月11日 タンパ
第47代 ハーリー・レイス 1 1973年5月24日 カンザスシティ
第48代 ジャック・ブリスコ 1 7月20日 ヒューストン
第49代 ジャイアント馬場 1 1974年12月2日 鹿児島市
第50代 ジャック・ブリスコ 2 12月9日 豊橋市
第51代 テリー・ファンク 1 1975年12月10日 マイアミ
第52代 ハーリー・レイス 2 1977年2月6日 トロント
第53代 ダスティ・ローデス 1 1979年8月21日 タンパ
第54代 ハーリー・レイス 3 8月26日 オーランド
第55代 ジャイアント馬場 2 10月31日 名古屋市
第56代 ハーリー・レイス 4 11月7日 尼崎市
第57代 ジャイアント馬場 3 1980年9月4日 佐賀市
第58代 ハーリー・レイス 5 9月19日 大津市
第59代 トミー・リッチ 1 1981年4月27日 オーガスタ
第60代 ハーリー・レイス 6 5月1日 ゲインズビル

リック・フレアーの時代(第61代 - 第72代)[編集]

レスラー 戴冠回数 戴冠日付 戴冠場所
第61代 ダスティ・ローデス 2 1981年6月21日 アトランタ
第62代 リック・フレアー 1 9月17日 カンザスシティ
第63代 ハーリー・レイス 7 1983年6月10日 セントルイス
第64代 リック・フレアー 2 11月24日 グリーンズボロ
第65代 ハーリー・レイス 8 1984年3月21日 ニュージーランドウェリントン
第66代 リック・フレアー 3 3月23日 シンガポール、カラン
第67代 ケリー・フォン・エリック 1 5月6日 アービング
第68代 リック・フレアー 4 5月24日 横須賀市
第69代 ダスティ・ローデス 3 1986年7月26日 グリーンズボロ
第70代 リック・フレアー 5 8月9日 セントルイス
第71代 ロニー・ガービン 1 1987年9月25日 デトロイト
第72代 リック・フレアー 6 11月26日 シカゴ

※1984年4月にデビッド・フォン・エリックの王座獲得が内定していたが、その年の2月に死亡したために幻に終わっている。

WCWの時代(第73代 - 第82代)[編集]

レスラー 戴冠回数 戴冠日付 戴冠場所
第73代 リッキー・スティムボート 1 1989年2月20日 シカゴ
第74代 リック・フレアー 7 5月7日 ナッシュビル
第75代 スティング 1 1990年7月7日 ボルチモア
第76代 リック・フレアー 8 1991年1月11日 イーストラザフォード
第77代 藤波辰爾 1 3月21日 東京
第78代 リック・フレアー 9 5月19日 セントピーターズバーグ
第79代 蝶野正洋 1 1992年8月12日 東京(リック・フレアーWCW離脱後のNWA王座復活トーナメント優勝での獲得)
第80代 グレート・ムタ 1 1993年1月4日 東京
第81代 バリー・ウインダム 1 2月21日 アッシュビル
第82代 リック・フレアー 10 7月18日 ビロキシ

この後、WCWがNWAより離脱したため、王座凍結

※1991年3月21日のリック・フレアー対藤波辰爾戦では、藤波が3カウントフォールを奪った(新日本プロレスのルールでは藤波の勝ち)ものの、その前にフレアーがオーバー・ザ・トップロープとなっており(NWA/WCWのルールでは藤波の反則負け)、藤波はNWA王座、フレアーはWCW王座とされた。藤波を正式にNWA王座に認めるかについては諸説ある。

インディーの時代(第83代 - 第94代)[編集]

レスラー 戴冠回数 戴冠日付 戴冠場所
第83代 シェーン・ダグラス 1 1994年8月27日 フィラデルフィア(王座決定トーナメントで2・コールド・スコーピオを倒しての戴冠)
第84代 クリス・キャンディード 1 11月19日 チェリーヒル(王座決定トーナメントでトレイシー・スマザーズを倒しての戴冠)
第85代 ダン・スバーン 1 1995年2月24日 アーランガー
第86代 小川直也 1 1999年3月14日 横浜
第87代 ゲーリー・スティール 1 9月25日 シャーロット
第88代 小川直也 2 10月2日 トマソン
第89代 マイク・ラパーダ 1 2000年9月19日 タンパ(王座決定トーナメントでジェリー・フリンを倒しての戴冠)
第90代 サブゥ 1 11月14日 タンパ
第91代 マイク・ラパーダ 2 12月22日 ナッシュビル
第92代 スティーブ・コリノ 1 2001年4月24日 タンパ
第93代 橋本真也 1 12月15日 マクニースポート(スティーブ・コリノ、ゲーリー・スティールを倒しての戴冠)
第94代 ダン・スバーン 2 2002年3月9日 東京

この後、2002年5月28日よりTNAが管理する王座となり、ダン・スバーンの王座は取り上げられている。

TNAの時代(第95代 - 第112代)[編集]

レスラー 戴冠回数 戴冠日付 戴冠場所
第95代 ケン・シャムロック 1 2002年6月19日 ハンストビル(王座決定バトルロイヤルを制しての戴冠)
第96代 ロン・キリングス 1 8月7日 ナッシュビル
第97代 ジェフ・ジャレット 1 11月20日 ナッシュビル
第98代 A.J.スタイルズ 1 2003年6月11日 ナッシュビル
第99代 ジェフ・ジャレット 2 8月22日 ナッシュビル
第100代 A.J.スタイルズ 2 2004年4月21日 ナッシュビル
第101代 ロン・キリングス 2 5月19日 ナッシュビル
第102代 ジェフ・ジャレット 3 6月2日 ナッシュビル
第103代 A.J.スタイルズ 3 2005年5月15日 オーランド
第104代 レイヴェン 1 6月19日 オーランド
第105代 ジェフ・ジャレット 4 9月15日 オールドキャッスル
第106代 ライノ 1 10月23日 オーランド
第107代 ジェフ・ジャレット 5 11月3日 オーランド
第108代 クリスチャン・ケイジ 1 2006年2月12日 オーランド
第109代 ジェフ・ジャレット 6 6月18日 オーランド
第110代 スティング 2 10月22日 デトロイト
第111代 アビス 1 11月19日 オーランド
第112代 クリスチャン・ケイジ 2 2007年1月14日 オーランド

2007年5月13日、TNAとの業務提携終了によりNWA王座を剥奪した。[1]

インディーの時代(第113代 - )[編集]

レスラー 戴冠回数 戴冠日付 戴冠場所
第113代 アダム・ピアース 1 2007年9月1日 プエルトリコ(王座決定トーナメントを制しての戴冠)
第114代 ブレント・オブライト 1 2008年8月2日 ニューヨーク
第115代 アダム・ピアース 2 2008年9月20日 フィラデルフィア
第116代 ブルー・デーモン・ジュニア 1 2008年10月25日 メキシコシティ
第117代 アダム・ピアース 3 2010年3月14日 シャーロット
第118代 コルト・カバナ 1 2011年3月6日 ハリウッド
第119代 ザ・シーク 1 2011年4月23日 ジャクソンビル
第120代 アダム・ピアース 4 2011年7月31日 コロンバス
第121代 コルト・カバナ 2 2012年4月8日 グレンデール
第122代 アダム・ピアース 5 2012年7月21日 カンザスシティー
第123代 カハガス 1 2012年11月2日 クレイトン
第124代 ロブ・コンウェイ 1 2013年3月16日 サンアントニオ
第125代 小島聡 1 2014年1月4日 東京
第126代 ロブ・コンウェイ 2 2014年6月2日 ラスベガス

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NWA strips TNA, Cage, Team 3-D of NWA World Championships (NWA本部による公式声明)”. National Wrestling Alliance (2007年5月13日). 2009年10月13日閲覧。

外部リンク[編集]