アダム・ピアース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アダム・ピアース
Adam Pearce.jpg
プロフィール
リングネーム アダム・ピアース
ピアース
US・マーシャル・アダム・ジュニア
アダム・オブライエン
マスクド・スパイマスター2
エル・イホ・デル・マット・クラシック
トミー・リー・リッジウェイ
本名 アダム・ピアース
ニックネーム スクラップ・アイアン
スクラップ・ダディー
マニアック・イン・ブラック
身長 188cm
体重 111kg
誕生日 1978年6月24日(36歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンディエゴ
スポーツ歴 アメリカンフットボール
野球
トレーナー エース・スティール
ソニー・ロジャース
ランディ・リッチ
ダニー・ドミニオン
デビュー 1996年
テンプレートを表示

アダム・ピアースAdam Pearce1978年6月24日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーカリフォルニア州サンディエゴ出身。

来歴[編集]

少年時代にはアメリカンフットボール野球などのスポーツに明け暮れていたが、コンパートメント症候群を患っていたこともあり、手術を受けたことにより激しい運動をすることができなくなってしまった。1995年、リハビリをしていた期間にプロレスのトレーナーであるソニー・ロジャースランディ・リッチに出会ったことからプロレスラーになることを決意[1]

1996年5月16日、地元の高校で開催された大会にてプロレスラーデビューを果たす。以降、ウィスコンシンミルウォーキーを拠点とするインディー団体を転戦。1997年にはアダム・オブライエンAdam O'Brien)のリングネームWWFに参戦し、主にジョバーとして活動した。プロレスの技術を向上させるためにエース・スティールダニー・ドミニオンが主宰するスティール・ドメイン・トレーニングセンターの一期生として入門。2000年にはWCWへ入団する機会が訪れるも内容が二転三転していくうちにプロレスへの情熱を失い始めたと感じプロレスを休業することになった[1]

2001年、プロレスに復帰し、PWG(Pro Wrestling Guerrilla)やUPW(Ultimate Pro Wrestling)といったカリフォルニアを拠点するインディー団体を中心に活動。

2004年メキシコのXLUM(Xtreme Latin Universal Wrestling)に参戦。2005年には新日本プロレスロサンゼルスにて主宰している新日本ロス道場へトレーニングに出向いていたことから来日する機会が訪れ来日。公開トライアウトという名目で5月14日、NEXESSのダークマッチに出場してジョージ・カストロと対戦した。

同年7月、ROHに参戦したことをきっかけにジム・コルネットより勧誘を受けて定期参戦することになる。2006年にはコルネットよりコミッショナー代理として任命され、CZWとの対抗戦にROH代表の一人として出場するなど活躍した。

ROHと並行してNWAに加盟している団体へ参戦し、2007年6月よりTNAからNWAへと返還されたNWA世界ヘビー級王座争奪トーナメントであるReclaiming the Gloryに出場。準決勝でブライアン・ダニエルソンに敗戦するもダニエルソンが負傷欠場することになったために代役として決勝に出場し、9月にブレント・オルブライトと対戦して勝利。NWA世界ヘビー級王者となった[2]。オルブライトとはこの決勝戦での対決をきっかけに因縁が生まれ、NWA加盟団体やROHで抗争が展開された。

以降、ROHでは2010年よりブッカーとして活動し、NWAでは2012年までにNWA世界ヘビー級王座を5度獲得するなど活躍。

2013年3月28日、TNAのガットチェックマッチに出場し、マグノと対戦して勝利するが、契約するまでに至らなかった[3]

得意技[編集]

スパイク・パイルドライバー
ラックボム
バックブリーカーの体形からパワーボムへと移行する。
フィギュアフォー・レッグロック
ダイビング・スプラッシュ

獲得タイトル[編集]

NWA世界ヘビー級王者時代
NWA
PWG
  • PWG世界王座 : 1回
IWAミッドサウス
  • IWAミッドサウスライトヘビー級王座 : 1回

他、アメリカのインディー団体を中心に多数のタイトルを獲得。

入場曲[編集]

  • Walk
  • Skeletons of Society
  • Free Bird
  • Black Betty(Remix)
  • Prelude to a Bludgeoning - 現在使用中

脚注[編集]

  1. ^ a b Complex forging of ROH's Adam Pearce Slam! Sports、2010年8月4日閲覧。
  2. ^ IWA Puerto Rico CageMatch、2007年9月1日閲覧。
  3. ^ IMPACT Wrestling #456 CageMatch、2013年3月28日閲覧。

外部リンク[編集]