中元すず香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中元 すず香
2013年9月22日、イナズマロックフェスでのライブ}
2013年9月22日、イナズマロックフェスでのライブ
基本情報
出生名 中元 すず香(なかもと すずか)
出生 1997年12月20日(16歳)
出身地 日本の旗 日本広島県
血液型 B型
ジャンル J-POPヘヴィメタル
職業 歌手アイドル
担当楽器 ボーカルダンス
活動期間 2007年 -
レーベル BMD FOX RECORDS
事務所 アミューズ
共同作業者 KOBAMETAL
公式サイト アミューズオフィシャルサイト
BABYMETALオフィシャルサイト

中元 すず香(なかもと すずか[1]1997年12月20日[1] - )は、日本アイドル歌手タレント。「可憐Girl's」、「さくら学院」の元メンバーで、メタル・ダンスユニット「BABYMETAL」のボーカル&ダンスを担当している。愛称は、すぅ、すぅさん、す〜ちゃん。

広島県出身[1]アミューズ所属。姉は乃木坂46中元日芽香

略歴[編集]

  • 3歳より、モデルとしての活動を開始した。
  • 2003年、バンダイの子供向け化粧品「Jeweldrop(ジュエルドロップ)」のイメージガールとしてグランプリを受賞。
  • 2006年、第4回アルパークスカラシップオーディションでグランプリを獲得し、アクターズスクール広島(ASH) に入学[2]
  • 2007年、アミューズ第2回スターキッズオーディションにて準グランプリ受賞、アミューズのキッズ部門に所属[3]
  • 2008年6月、テレビ東京系アニメ「絶対可憐チルドレン」で、1年限定で結成されたユニット「可憐Girl's」にSUZUKA名義で参加、2009年3月31日に番組終了とともに活動も終了した[4][5][6]。また、このアニメ番組の中でSUZUKA役として声優に初挑戦している。
  • 2009年、 ミュージカルに初出演。
  • 2010年5月、『さくら学院』メンバーとしての活動を開始。2012年春からは、生徒会長(リーダー)としても活躍した。
  • 2010年11月、さくら学院の重音部『BABYMETAL』にSU-METAL名義で参加、活動開始。
  • 2012年3月、西城秀樹山本浩二らと共に、広島県観光PR実行委員会である『広島県おしい!委員会』メンバーに就任[7][8]
  • 2013年3月31日、東京国際フォーラム ホールCにて行われた「The Road to Graduation Final 〜さくら学院 2012年度 卒業〜」をもってさくら学院を卒業[9]。BABYMETALとしての活動は継続する[10]

人物・エピソード[編集]

  • 目標とするアーティストは、アクターズスクール広島、及び所属事務所の先輩でもあるPerfume
  • 夢は、シンガーソングライターになること。中学校に上がるころ、YUIを聴くようになり思いを強めた。歌詞を書くために、日常で思っていること、感じていることを書き溜めている。また、物語を書くことも好き。
  • 出演経験もあるミュージカルに興味がある。
  • アクターズスクール広島(ASH)に通っていた小学3年生の頃は、アイドルに興味をもっていなかった[4]
  • 武藤彩未松井愛莉三吉彩花とはさくら学院卒業後も仲が良い。

メディア出演[編集]

ミュージカル[編集]

(2009年3月5日 - 15日、東京・シアターサンモール) - 潮路 役(Wキャスト)
  • 冒険者たち 再演
(2010年6月10 - 13日、東京・サンシャイン劇場 / 6月19日・20日、名古屋・テレピアホール)- 潮路 役

ステージ・イベント[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

  • さくら学院 中元すず香 2013年3月 卒業(2013年4月1日、近代映画社、編集:辻幸多郎)[11]ISBN 978-4764823730
    • 同年4月7日には、同写真集のお渡し会を開催した[12]

雑誌[編集]

ムック[編集]

  • グラビアザテレビジョン vol.26(2013年3月 、KADOKAWA

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c アイドル最前線2013 117頁
  2. ^ アクターズスクール広島発表会 2006 SPRING ACT”. Scramble-Egg Inc. 2014年6月2日閲覧。
  3. ^ 9歳の女の子が『スターキッズ』グランプリに!”. オリコン. 2014年6月2日閲覧。
  4. ^ a b アイドル最前線2013 115頁
  5. ^ 2008年のJ-POPを牽引するのは、可憐な小学生?”. Barks (2008年6月11日). 2014年4月8日閲覧。
  6. ^ 任務完了!さようなら可憐Girl's”. Barks (2009年2月18日). 22014-04-08閲覧。
  7. ^ おしいをおいしいへ。広島県PRキャンペーンの真相とは”. マイナビニュース (2013年3月31日). 2013年7月2日閲覧。
  8. ^ おしい!広島県
  9. ^ さくら学院、中元すず香卒業「皆さんがすぅを変えてくれた」”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2013年4月2日). 2013年6月1日閲覧。
  10. ^ さくら学院・中元すず香が涙と笑顔の卒業”. ORICON STYLE (2013年3月31日). 2013年7月2日閲覧。
  11. ^ a b 「アイドル三十六房」中元すず香さ学卒業スペシャル配信”. ナタリー (2013年2月19日). 2013年6月1日閲覧。
  12. ^ 中元すず香、卒アルに納得採点「85点」”. 日テレNEWS24. 日本テレビ放送網 (2013年4月7日). 2013年6月1日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「さくら学院 中元すず香×堀内まり菜 INTERVIEW」、『アイドル最前線2013』、洋泉社2013年2月25日、 114-117頁、 ISBN 978-4-8003-0100-0

外部リンク[編集]