中元すず香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中元 すず香
Babymetalfondatheatrelosangeles3.jpg
基本情報
出生名 中元 すず香(なかもと すずか)
別名 SUZUKA、SU-METAL
出生 1997年12月20日(17歳)
出身地 日本の旗 日本広島県
ジャンル J-POP
ヘヴィメタル
職業 アイドル歌手
担当楽器 ボーカル
活動期間 2007年 -
事務所 アミューズ
共同作業者 可憐Girl's(2008年 - 2009年)
さくら学院(2010年 - 2013年)
BABYMETAL(2010年 - )
公式サイト アミューズオフィシャルサイト

中元 すず香(なかもと すずか、1997年12月20日 - )は[1]日本アイドル歌手タレント。「可憐Girl's」、「さくら学院」の元メンバーで、メタル・ダンスユニット「BABYMETAL」のボーカル&ダンスを担当している。愛称は、すぅすぅさんすぅちゃん

広島県出身[1]アミューズ所属。姉は乃木坂46中元日芽香

略歴[編集]

3歳より、モデルとしての活動を開始した。 2003年、バンダイの子供向け化粧品「Jeweldrop(ジュエルドロップ)」のイメージガールとしてグランプリを受賞[要出典]

2006年、第4回アルパークスカラシップオーディションでグランプリを獲得し、アクターズスクール広島(ASH) に入学[2]

2007年、アミューズ第2回スターキッズオーディションにて準グランプリ受賞、アミューズのキッズ部門に所属[3]

2008年6月、テレビ東京系アニメ「絶対可憐チルドレン」で、1年限定で結成されたユニット「可憐Girl's」にSUZUKA名義で参加、2009年3月31日に番組終了とともに活動も終了した[4][5][6]。また、このアニメ番組の中でSUZUKA役として声優に初挑戦している。

2009年、『冒険者たち』でミュージカルに初出演[7]。女子小中学生向けファッション雑誌『DiaDaisy』の専属モデルを務める。

2010年5月、成長期限定ユニット『さくら学院』のオリジナルメンバーとして活動を開始。同年10月28日から、さくら学院の重音部『BABYMETAL』にSU-METAL名義で活動を開始[8]

2012年3月、西城秀樹山本浩二らと共に、広島県観光PR実行委員会である『広島県おしい! 委員会』メンバーに就任[9][10]

2012年春からは、さくら学院の最終学年となる中学3年生になり生徒会長(リーダー)に就任するも、2013年3月31日に東京国際フォーラム ホールCにて行われた「The Road to Graduation Final 〜さくら学院 2012年度 卒業〜」をもって、さくら学院を卒業[11]。BABYMETALとしての活動は継続する[12]

2013年11月、「Japan Pop Culture Carnival in Matsudo 2013」にJAM Projectとのコラボレーション・ユニット「JAM METAL Project with SU-METAL」として出演[13]

人物[編集]

目標とするアーティストは、アクターズスクール広島、及び所属事務所の先輩でもあるPerfume[要出典]。 中学卒業時点の夢はシンガーソングライターになることで、中学校に上がるころYUIを聴くようになり思いを強め、歌詞を書くために日常で思っていることや感じていることを書き溜めている[14]。また、物語を書くことも好きで、出演経験もあるミュージカルに興味がある[14]。 アクターズスクール広島(ASH)に通っていた小学3年生の頃は、アイドルに興味をもっていなかった[4]武藤彩未松井愛莉三吉彩花とはさくら学院卒業後も仲が良い[要出典]

出演[編集]

ミュージカル[編集]

ステージ・イベント[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

  • さくら学院 中元すず香 2013年3月 卒業(2013年4月1日、近代映画社、編集:辻幸多郎) - ISBN 978-4764823730
    • 同年4月7日には、同写真集のお渡し会を開催した[16]

雑誌[編集]

ムック[編集]

  • グラビアザテレビジョン vol.26(2013年3月、KADOKAWA

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b アイドル最前線2013、117頁。
  2. ^ アクターズスクール広島発表会 2006 SPRING ACT”. Scramble-Egg Inc. 2014年6月2日閲覧。
  3. ^ 9歳の女の子が『スターキッズ』グランプリに!”. ORICON STYLE. oricon ME. 2014年6月2日閲覧。
  4. ^ a b アイドル最前線2013、115頁。
  5. ^ 2008年のJ-POPを牽引するのは、可憐な小学生?”. BARKS (2008年6月11日). 2014年4月8日閲覧。
  6. ^ 任務完了! さようなら可憐Girl's”. BARKS (2009年2月18日). 22014-04-08閲覧。
  7. ^ ネルケプランニング
  8. ^ 異色メタルアイドル「ベビーメタル」はなぜ人気? “仕掛け人”を直撃!
  9. ^ おしいをおいしいへ。広島県PRキャンペーンの真相とは”. マイナビニュース (2013年3月31日). 2013年7月2日閲覧。
  10. ^ おしい!広島県
  11. ^ さくら学院、中元すず香卒業「皆さんがすぅを変えてくれた」”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2013年4月2日). 2013年6月1日閲覧。
  12. ^ さくら学院・中元すず香が涙と笑顔の卒業”. ORICON STYLE (2013年3月31日). 2013年7月2日閲覧。
  13. ^ 【櫻井孝昌のJAPAN! JAPAN! JAPAN!】第82回 文化外交で出会った大切な同志、影山ヒロノブ、田中れいな、SU-METAL(BABYMETAL)らとジャンルを超えて〜Japan Pop Culture Carnival④”. asianbeat (2013年12月18日). 2015年3月30日閲覧。
  14. ^ a b 南波一海のアイドル三十六房特別編~中元すず香卒業スペシャル~ 2013年3月20日
  15. ^ 「アイドル三十六房」中元すず香さ学卒業スペシャル配信”. ナタリー (2013年2月19日). 2013年6月1日閲覧。
  16. ^ 中元すず香、卒アルに納得採点「85点」”. 日テレNEWS24. 日本テレビ放送網 (2013年4月7日). 2013年6月1日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「さくら学院 中元すず香×堀内まり菜 INTERVIEW」、『アイドル最前線2013』、洋泉社2013年2月25日、 114-117頁、 ISBN 978-4-8003-0100-0

外部リンク[編集]