ひろしまフラワーフェスティバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ひろしまフラワーフェスティバル
Hiroshima Flower Festival
FF2005 hana no to.JPG
花の塔
イベントの種類 祭り
通称・略称 FF、フラワー
正式名称 ひろしまフラワーフェスティバル
開催時期 毎年5月3日 - 5日
初回開催 1977年
会場 広島平和記念公園平和大通り
(メイン会場)
主催 ひろしまフラワーフェスティバル実行委員会
後援 広島県教育委員会
広島市教育委員会
広島国際文化財団
広島県観光連盟ほか
来場者数 180万2千人(2013年)
最寄駅 広島電鉄電車原爆ドーム前停留場袋町停留場など
駐車場 祭り会場周辺の駐車場を利用
公式サイト
祭りの風景

ひろしまフラワーフェスティバル(Hiroshima Flower Festival)は、広島県広島市平和大通り及び広島平和記念公園周辺をメイン会場に、毎年5月3日から5日まで開催される祭りである。動員数は毎年100万人を越え、「博多どんたく」や「弘前さくらまつり」と並び、ゴールデンウィーク中の祭りの中で最大級の動員数を誇る。

概要[編集]

1975年に、平和大通りにて広島東洋カープセントラル・リーグ優勝パレードが行われ、当時としては驚異的な30万人を動員。これに後押しされ、既に平和大通り一帯を会場にした新しい祭りの構想を練っていた中国新聞社が中心となり商工会や市側と折衝を重ね、1977年に初開催。3日間で計125万人を集めて大成功を収めた。

開催当初よりミスフラワーを3人選び、祭りに花を添えている。1991年以降より、ミス・コンテスト批判の高まりよりフラワークイーンに名称を改めている。

新聞などではFFと略される。地元民はフラワーと略すこともある。

また、広島電鉄による生花を飾り付けた花電車が広島市内を走る。

主催団体の1つである中国新聞紙面上でも特集記事が組まれ、他紙が5月6日新聞休刊日にしている場合も、新聞を発行している。

祭りの内容[編集]

祭りのメインは、開催当初から5月3日の花車(祭りの当初は山車と呼ばれていた)と市民の行進である総合パレードと、2002年より行われている5月5日のきんさいYOSAKOIが主な行事になる。

3日の12時に、花の塔に点火して祭りが開始。平和大通り沿いに多くのステージが設置され、主催者が呼ぶフラワー歌手以外にも、多くの有名人がステージに立っている。また、パレードのない時間帯には平和大通りでフォークダンスや綱引きなどがある。

  • 5月3日:総合パレード
  • 5月4日:イベントなど(パレードが行われていた年もあった)
  • 5月5日:こどもの日パレード(2001年まで)、きんさいYOSAKOI(2002年より)

パレード[編集]

パレードは、三川町から平和公園前まで行っている。

2002年まで5月5日にはこどもの日パレードが行われ、2002年はこどもの日パレードときんさいYOSAKOIが両方行われた。2003年からはパレードは1日になり、企業・一般団体と子供団体が一緒に歩く形になった。2008年より、5月3日の総合パレードで、これまでの花ぐるまパレードにあわせて、折りづるみこし連も行われている。

きんさいYOSAKOI[編集]

2002年より、5月5日にはきんさいYOSAKOIが行われている。12時からの大通りパレードを練り歩きながらの演舞と、パレード後に平和公園に設置されたステージでの演舞に分かれ、審査している。

演舞の際は鳴子を使用することを求められ、使用しない場合は減点対象になる。

きんさいYOSAKOIで使われる曲は、きんさいYOSAKOI用にアレンジされた花ぐるま広島音頭広島天国の他、オリジナル曲の使用もできる。

2008年より参加団体の増加により、大通りを2つに分ける形にグループ分けをしてパレードする様になった。

カープ選手によるトークショー[編集]

広島東洋カープの若手2軍選手がトークショーを開催することが恒例行事となっている。毎年フラワーフェスティバル会場内に「マツダZoom-Zoomひろば」が設置され、フラワーフェスティバル限定のカープグッズも多く販売している。しかし、直筆サイングッズに関しては当日販売対象分の購入整理券を配布しなければならない程購入希望者が多く、限定グッズの入手は大変困難である。

ステージ[編集]

平和通り沿い及びサブ会場に、ステージが開設され歌手が歌ったりしている。ステージの名前は、花の名前が付けられている。以前は、開始当初から最近まで「○○(花の名前)ステージ」と呼ばれていた。

2011年に設置されたステージ[編集]

以下は協賛会場

会場[編集]

祭りが始まった当初より、平和大通り及び広島平和記念公園周辺をメイン会場にし、市内各所で開催されている。

2000年頃より、サブ会場として、NTTクレド紙屋町シャレオ広島県庁舎広島城エールエール地下広場、アルパーク、フレスタモールカジル横川、ゆめタウン広島などでも行われている。

祭りのテーマ[編集]

開催当初より、3つのテーマを上げている。

  • 広島を花と緑と音楽のあふれる都市にしよう
  • 平和に生きることのすばらしさと尊さを、参加者みんなで分かち合おう
  • 広島から世界へ、豊かな生活文化と、温かい人間関係の交流を呼びかけよう

また、毎年市民から公募した年ごとのテーマを上げている。

回数 開催年(元号/西暦) 年ごとの大会テーマ
1回 昭和52年/1977年
2回 昭和53年/1978年
3回 昭和54年/1979年
4回 昭和55年/1980年
5回 昭和56年/1981年
6回 昭和57年/1982年 躍動美の創造
7回 昭和58年/1983年 笑顔と笑顔の交流
8回 昭和59年/1984年 花と笑顔で輪をつくろう
9回 昭和60年/1985年 ことし、青春と花の出会い
10回 昭和61年/1986年 街はステージ みんなが主役
11回 昭和62年/1987年 すばらしい 花と仲間がふれあう日
12回 昭和63年/1988年 花になろう 風と遊ぼう
13回 平成元年/1989年 聞こえますか 花のうた
14回 平成2年/1990年 花と語ろう 夢 未来
15回 平成3年/1991年 花いっぱい 夢いっぱい FF15
16回 平成4年/1992年 みんなで咲かそう 花と夢
17回 平成5年/1993年 奏でよう 花と笑顔のハーモニー
18回 平成6年/1994年 咲かそうよ 花と緑と アジアの輪
19回 平成7年/1995年 ききたいな 平和を語る 花のうた
20回 平成8年/1996年 歌おうよ はたちの夢と 花のうた
21回 平成9年/1997年 育てよう 花と緑と 人の輪を
22回 平成10年/1998年 夢のせて ふれあい賛歌 花賛歌
23回 平成11年/1999年 時を超え ひびけ歌声 花アーチ
24回 平成12年/2000年 花と人 笑顔でつなぐ 2000年
25回 平成13年/2001年 花咲け 夢咲け 2001
26回 平成14年/2002年 平和な新世記を 花緑・水の都からの元気発信
27回 平成15年/2003年 踊ろう 歌おう 平和の花
28回 平成16年/2004年 広げよう 花と人の輪 平和メッセージ
29回 平成17年/2005年 つなげよう 人の温もり 平和の輪
30回 平成18年/2006年 ありがとう! 花と平和の30年~smile to smile~
31回 平成19年/2007年 花舞台 はじける笑顔 あなたが主役
32回 平成20年/2008年 届け世界へ 花で創る 平和の鼓動
33回 平成21年/2009年 SUNSUNと 輝け花と 平和の光
34回 平成22年/2010年 きっと咲く! つないだ手と手に 平和の花が
35回 平成23年/2011年 咲き誇る 花が育む 笑顔と平和
36回 平成24年/2012年 笑顔咲く 未来を照らす 希望の花
37回 平成25年/2013年 心に花を 咲かせる笑顔 平和な未来
38回 平成26年/2014年 キラキラと はずむリズム 笑顔の花
  • 第32回 (2008年) では史上初の高校生(八木 一樹)により発案されたテーマが採用された。
  • 第35回(2011年)では大会テーマに加え、同年に発生した『東日本大震災』被災地支援スローガンとして、「届けよう 希望 元気」を使用し、第35回ではテーマよりもスローガンを多く使われている。

公式テーマ曲[編集]

花ぐるま(歌:芹洋子、作詞:滝田常晴、作曲:小椋佳、編曲:高田弘)が代表的な公式テーマ曲である。

第3回のフラワー歌手に芹洋子が選ばれた時に「フラワー賛歌」として使用開始し、会場内やテレビラジオCMなどで多く使われ、公式パンフレットにも歌詞が掲載され、開会セレモニーの時にフラワー歌手などが歌うのが恒例行事になっている。芹洋子は第3回以降も第4回及び第9回にも唯一、フラワー歌手に3回選ばれている。ノーマルバージョンのほか、YOSAKOIバージョンなども存在し、2010年には神園さやかのカバー版がFF公式CDとして、他の公式ソングと合わせて発表された。また、広島市近郊の防災用緊急放送用サイレンで、ワンフレーズだけ午後6時になると時報として鳴らしている。

その他、初回フラワー歌手の、フラワー・フェスティバル(歌:佐良直美、作詞:西川好次郎、作曲:小林亜星、編曲:竜崎孝路)が最初のテーマ曲として使われ、その他初回にフラワー音頭(作詞:岡本淳二、作曲:小林亜星、編曲:竜崎孝路)、第3回の花ぐるまのカップリングの花の想い(歌:芹洋子)、10回記念に作られた花たちの扉(歌:ジュディ・オング、作詞:来生えつこ、作曲:村下孝蔵。その後、村下自身が別の歌詞を付け『かすみ草』のタイトルでアルバム『かざぐるま』に収録している)、近年では青春は輝いて(歌:神園さやか)などもある。

FFスペシャルゲスト(フラワー歌手)[編集]

フラワーフェスティバルでは2006年以降、大会主催者が複数組のFFスペシャルゲストを呼んでいる。呼ばれた歌手は、メインステージなどで歌を披露したりしている。

また、2006年以降FFゲストも呼んでいる。

フラワー歌手が廃止後は、主に地元に縁のある歌手がオープニングセレモニーで花ぐるまを歌っている。

2005年までは、フラワー歌手が一組呼ばれ、5月3日のオープニングセレモニーの時に花ぐるまを歌い、同日のパレード終了後にメインステージで、歌謡ステージが披露されていた。1987年の中山美穂の時は大騒動になり、歌謡ステージが中止になった。

歴代フラワー歌手
回数 開催年(元号/西暦) フラワー歌手
1回 昭和52年/1977年 佐良直美
2回 昭和53年/1978年 佐良直美
3回 昭和54年/1979年 芹洋子
4回 昭和55年/1980年 芹洋子
5回 昭和56年/1981年 桜田淳子
6回 昭和57年/1982年 石川ひとみ
7回 昭和58年/1983年 榊原郁恵
8回 昭和59年/1984年 石川秀美
9回 昭和60年/1985年 芹洋子
10回 昭和61年/1986年 ジュディ・オング
11回 昭和62年/1987年 中山美穂
12回 昭和63年/1988年 早見優
13回 平成元年/1989年 酒井法子
14回 平成2年/1990年 西村知美
15回 平成3年/1991年 坂本冬美
16回 平成4年/1992年 田村英里子
17回 平成5年/1993年 かとうれいこ
18回 平成6年/1994年 オユンナ
19回 平成7年/1995年 マルシア
20回 平成8年/1996年 鈴木蘭々
21回 平成9年/1997年 早坂好恵
22回 平成10年/1998年 キム・ヨンジャ
23回 平成11年/1999年 西田ひかる
24回 平成12年/2000年 遠藤久美子
25回 平成13年/2001年 酒井美紀
26回 平成14年/2002年 島崎和歌子
27回 平成15年/2003年 島谷ひとみ
28回 平成16年/2004年 ソニン
29回 平成17年/2005年 神園さやか
FFスペシャルゲスト
回数 開催年(元号/西暦) FFスペシャルゲスト
30回 平成18年/2006年 HINOIチーム長州小力MAX
31回 平成19年/2007年 秋川雅史上原多香子ユンナ
32回 平成20年/2008年 川嶋あい中孝介東京ディズニーリゾートからやって来る仲間たち
33回 平成21年/2009年 ジェロ水森かおり横田神楽団
34回 平成22年/2010年 ベッキー♪#三倉茉奈・三倉佳奈
35回 平成23年/2011年 Perfume
36回 平成24年/2012年 奥田民生
37回 平成25年/2013年 BENI
38回 平成26年/2014年 一青窈二階堂和美

タレント表記に関しては、公式サイトに合わせている(特に2010年)。

FFゲスト
回数 開催年(元号/西暦) FFゲスト
30回 平成18年/2006年 神園さやか、東真紀森本ケンタGiFT南一誠、JAPAN BLOOD、假屋崎省吾
31回 平成19年/2007年 ★ジョージ★、GiFT、神園さやか、Free Face、山口リエ原田真二、森本ケンタ、長野大憲、南一誠、坪北紗綾香、趙栄春、財満光子、大瀬戸千嶋、姜暁艶、木原健太郎
32回 平成20年/2008年
33回 平成21年/2009年
34回 平成22年/2010年
35回 平成23年/2011年 石井杏奈MMJ、大瀬戸千嶋、CACKY、神園さやか、Green Supply、さらさ、SPL∞ASH、高野友成、竹本洋介、玉城ちはる、cheri、2smile、teiko with 夏目一朗&沖田考司、DOUGH BOY & HDC BACK DANCERS、トランク、間慎太郎、原田真二、FreeFace、VOXRAY、まなみのりさ、水本諭、南一誠、Mebius森恵森本ケンタ、YASS、LEGEND 
36回 平成24年/2012年
37回 平成25年/2013年 秋休、イケメン'ズ、HBR LOVE、EMIKO、MMJ、大瀬戸千嶋、およそ3、花菜、神園さやか、香音、佐々木リョウ、SPL∞ASH、高野友成、タケモトタクシ、玉城ちはる、DOUGH BOY & DANCERS、Honey.、光と風Hi-Fu、ひまり、藤本たから、渕上里奈、FreeFace、万貴音、松田幸治、まなみのりさ、丸本莉子、MIKKO、南一誠、Mebius森恵、ryo-suke
38回 平成26年/2014年 I LOVE YOU@あいり、安芸ひろしま武将隊、秋休、悪女時代、Azur、MMJ、大瀬戸千嶋、Over、およそ3、折重由美子、香音、神園さやか、さらさ、澤井ゆうすけ、ZILcoNIA、SPL∞ASH、タケモトタクシ、立川翼、辻香織、deneb、Dr.Yubi、TOMO、trunk、のら犬、Honey.、原田侑子、VENUS、光と風Hi-Fu、Buga Elena、藤本たから、渕上里奈、FreeFace、万貴音、Maco、松田幸治、南一誠、Mebius、Mercure、李翔雲
オープニングセレモニーで花ぐるまを歌った歌手
回数 開催年(元号/西暦) 歌手
30回 平成18年/2006年 東真紀
31回 平成19年/2007年 秋川雅史
32回 平成20年/2008年 森本ケンタ
33回 平成21年/2009年 森本ケンタ
34回 平成22年/2010年 森本ケンタ・神園さやか
38回 平成26年/2014年 渕上里奈

主催[編集]

祭りの主催は「ひろしまフラワーフェスティバル実行委員会」が行い、主催本部は中国新聞社(広島本社)内部に位置している。

主催団体に参加する団体・企業は、広島祭委員会・広島市広島県広島商工会議所・広島青年会議所・広島観光コンベンションビューロー・中国新聞社・中国放送で構成されている。

また、広島県教育委員会・広島市教育委員会・広島国際文化財団・広島県観光キャンペーン実行委員会・NHK広島放送局広島テレビ放送広島ホームテレビテレビ新広島広島エフエム放送が後援に連ねている。

データ関係[編集]

時期的に三日のうち高い確率で雨が降り、三日とも晴れるのは稀であるとする「雨のジンクス」(都市伝説)がある。しかし、大会主催発表では必ずしもそうとは言えない。

観覧者の数は、開催当初より100万人を超え、100万人を切ったことはない。

回数 開催年(元号/西暦) 観覧者(万人) 5/3天気 5/4天気 5/5天気
1回 昭和52年/1977年 125 晴れ
2回 昭和53年/1978年 165 晴れ 晴れ 晴れ
3回 昭和54年/1979年 155 晴れ 晴れ 晴れ
4回 昭和55年/1980年 147 晴れ 晴れ 晴れ
5回 昭和56年/1981年 144 晴れ 晴れ
6回 昭和57年/1982年 151 晴れ 晴れ
7回 昭和58年/1983年 153 晴れ 晴れ 曇のち雨
8回 昭和59年/1984年 157 晴れ 晴れ 曇のち雨
9回 昭和60年/1985年 140 晴れ 晴れ 曇のち雨
10回 昭和61年/1986年 143 曇のち雨
11回 昭和62年/1987年 150 晴れ 晴れ 晴れ
12回 昭和63年/1988年 125 晴れ
13回 平成元年/1989年 155 晴れ 晴れ 曇のち雨
14回 平成2年/1990年 120 曇のち雨
15回 平成3年/1991年 171 晴れ 晴れ 晴れ
16回 平成4年/1992年 170 晴れ 晴れ 晴れ
17回 平成5年/1993年 163 晴れ 晴れ
18回 平成6年/1994年 133 晴れ 曇のち晴れ 晴れのち曇
19回 平成7年/1995年 135 曇のち雨 雨のち曇 晴れ
20回 平成8年/1996年 138 晴れ 晴れ
21回 平成9年/1997年 140 曇のち雨 晴れ 晴れ
22回 平成10年/1998年 141 曇のち晴れ 晴れ 晴れのち曇
23回 平成11年/1999年 140 晴れ 晴れ
24回 平成12年/2000年 141 晴れ 晴れ 晴れ
25回 平成13年/2001年 141 晴れ 曇のち晴れ
26回 平成14年/2002年 135 曇のち雨 晴れ
27回 平成15年/2003年 161 晴れ 晴れ 晴れ
28回 平成16年/2004年 128 雨のち曇 曇のち雨 晴れ
29回 平成17年/2005年 162 晴れ 晴れ 晴れのち曇
30回 平成18年/2006年 165 晴れ 晴れ 晴れ
31回 平成19年/2007年 158 晴れ
32回 平成20年/2008年 166 晴れ 晴れのち曇 雨のち曇
33回 平成21年/2009年 161 曇のち雨
34回 平成22年/2010年 168 晴れ 晴れ 晴れのち曇
35回 平成23年/2011年 169 晴れ 晴れ
36回 平成24年/2012年 168 - - -
37回 平成25年/2013年 180 - - -

天気及び観覧者数は、2008FF公式写真集および公式サイトを参考にした

参考資料[編集]

外部リンク[編集]