田村英里子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たむら えりこ
田村 英里子
本名 坂本 絵理子
別名義 えりりん
生年月日 1973年1月16日(41歳)
出生地 日本の旗 茨城県ひたちなか市(旧勝田市
血液型 B型
職業 女優歌手
活動期間 1988年 - 現在
公式サイト 田村英里子オフィシャルサイト
主な作品
秀吉
HEROES
『REAPER』
受賞
第31回日本レコード大賞・新人賞

田村 英里子(たむら えりこ、1973年1月16日 - )は女優歌手茨城県出身。 血液型B型。T164 B82 W56 H85。 SAGのメンバー。E, Inc.代表取締役。アメリカでの代理人は「CAA」。ニコール・キッドマンと同じ弁護士を雇っている。

来歴[編集]

父親の仕事の都合で8歳から13歳までを旧西ドイツデュッセルドルフ市で過ごし、現地では日本人学校へ通っていた。14歳で日本に帰国し、受けたオーディション「決定!全日本歌謡選抜・スターは君だ」でグランプリを受賞。大手プロダクション各社からスカウトされ、サンミュージックプロダクションに所属することを決める。中学3年の終わりに上京、東映映画『花の降る午後』(大森一樹監督)に古手川祐子と数シーンだが共演しスクリーンデビューを果たす。

3枚目のシングル「真剣(ほんき)」(東芝EMI)では、1989年度の新人賞を総なめにした。特に同期デビューのマルシアとは新人賞レースで、凄まじい激戦が繰り広げられた。

女優としての活動では、NHKに多く出演している。NHK総合テレビ私が愛したウルトラセブン』(市川森一作)では、ウルトラセブンを作った人々の舞台裏を描いた作品で主人公のヒロインを、NHK大河ドラマ秀吉』では、細川ガラシャ役を演じた。民放では、日本テレビ愛さずにいられない』、読売テレビ朝の連続ドラマ『のんの結婚』(主演)などに出演した。

東映映画『首領を殺った男』(中島貞夫監督)では、松方弘樹の相手役でヒロインのブルースシンガー「ジェーン」を演じ、劇中でもその主題歌「悲しみでは終らない」(松井五郎作詞・玉置浩二作曲)を歌っている。

マイク・タイソンが試合の為日本滞在中多数のテレビ番組に出演した折、同じスタジオ内で見かけた田村に夢中になり、その頃タイソンが受けた新聞や雑誌のインタビューで堂々と「日本に好きな女の子ができてしまったんだ」と語っていた。

アイドル伝説えり子と愛称「えりりん」[編集]

愛称の「えりりん」は田村英里子の宣伝を目的としてタイアップ制作されたアニメ『アイドル伝説えり子』の主人公「田村えり子」(声は矢島晶子)のあだ名が「えりりん」だったことから、田村のコンサートでそのまま愛称としてファンや子供達から呼ばれるようになったのがきっかけと言われている。

同アニメはテレビ放送終了後も、漫画単行本やビデオが多数出版されている。ストーリーは完全なフィクションだが、主人公の名前が本人の名前と同名であることや、「えり子」がアニメ本編内で歌う曲が田村のデビュー曲やシングル曲であることから、アニメにおける主人公「田村えり子」のプロフィールである「父親は事務所の社長で、亡くなっている」という項目が、キャラクターのモデルとなった田村英里子本人のプロフィールだと勘違いされたことがある。

日本でのオンエアが終了した後も、スペイン、イタリア、フランス、また中近東でもオンエアが続いている。

日本のテレビ番組への出演[編集]

  • 2000年より、かねてからの夢であったアメリカへ単身留学をし(著書・ハリウッド・ドリーム / 文芸春秋参照)、日本の芸能界からは一時姿を消した。(著書『ハリウッド・ドリーム』文芸春秋参照)この間、ロサンゼルスでは現地の日本人・日系人向けニュース番組『JATV News』のアンカーも務めていた。
  • 2005年6月には、日本のテレビ番組には5年ぶりとなる、NHK総合テレビ『英語でしゃべらナイト』にゲスト出演し、ハリウッドでの経験を語った。その後同番組企画のセレブ・インタビューにも出演している。
  • 2006年10月には、10月7日公開の主演映画『だからワタシを座らせて。通勤電車で座る技術!』の公開に向けての宣伝と試写会出演のため日本に一時帰国し、テレビや雑誌などのマスメディアに積極的に出演した。

海外ドラマへの出演[編集]

  • 2007年9月よりアメリカ全土でオンエアが始まったNBCのドラマ『HEROES』セカンド・シーズンに、主人公のひとりであるヒロ・ナカムラの姉役として抜擢される。(著書『ハリウッド・ドリーム』 / 文芸春秋参照)
  • 2008年7月、アメリカ・ロサンゼルスより『HEROES』宣伝の為、日本へ凱旋帰国し、六本木グランド・ハイアットにて記者会見を行った。
  • 2009年に公開されたハリウッド映画『DRAGONBALL EVOLUTION20世紀フォックス)』にマイ役で出演した。
  • 2009年4月よりアメリカ全土でオンエアが始まった連続ドラマ『REAPER(リーパー)』のシーズン2の第1話で、主人公のひとりSockのヒロインで義理の妹Kristineとして登場、巨漢でさえないSockに狙われる日本人の女の子として、シャワーシーンや水着姿などセクシーなシーンを披露。6話に再び登場しSockと結ばれるが、7話で日本へ帰国。
  • 自身の著書『ハリウッド・ドリーム』(文芸春秋)では、今日に至るまでのハリウッドにおいての様々な経験や、海外生活での苦労を赤裸々に語っている。

訴訟[編集]

2007年3月に、本名と生年月日をweb上に公開されたことはプライバシーの侵害に当たるとして、映画情報サイトIMDBを訴えた。理由は行き過ぎたファンによる自宅襲撃などを恐れてのことであったが、5月には訴状を取り下げた[1]。実際、日本でのアイドル時代に部屋にファンが侵入するという事件に遭い、被害を受けている。

受賞歴[編集]

出演作品[編集]

連続ドラマ[編集]

日本[編集]

アメリカ[編集]

  • アトミックハリケーン(TVムービー)
  • HEROES(2007年、NBC) - ヤエコ 役
  • REAPER / リーパー(2009年、ABC

単発ドラマ[編集]

映画[編集]

日本[編集]

アメリカ[編集]

バラエティ・教養[編集]

CM[編集]

日本[編集]

海外[編集]

ラジオ[編集]

音楽[編集]

発売元は全て東芝EMI(現・ユニバーサル ミュージック EMI R/EMI RECORDS)。

シングル[編集]

No. タイトル 発売日 最高位 c/w 型番 タイアップ
1 ロコモーション・ドリーム 1989.3.15 9位 涙の半分 XT10-2322 カネボウ「SALA」CMソング、テレビ東京系列『アイドル伝説えり子』挿入歌 / 同OPテーマ
2 好きよ 1989.6.21 10位 私はそよ風 XT10-2390 同挿入歌
3 真剣(ほんき) 1989.9.6 9位 NEXT XT10-2415 同挿入歌
4 プロセス 1990.1.31 7位 ガーネット伝説 TODT-2464 同挿入歌
5 Domino 1990.4.25 10位 希望のメロディ TODT-2502
6 リバーシブル 1990.7.18 10位 虹の島から TODT-2546
7 虹色の涙 1990.12.5 12位 イノセンス TODT-2628
8 リトル・ダーリン 1991.5.17 12位 愛のナイチンゲール TODT-2668 TBS系列『少年アシベ』OPテーマ / EDテーマ
9 まかせて! チン・トン・シャン 1991.6.28 39位 - TODT-2690 TBS系列『少年アシベ』OPテーマ
10 誘惑のチャチャ 1991.10.9 18位 東京ビーナス TODT-2723
11 最後に教えて 1992.5.1 49位 I Love Me TODT-2792
12 すてきな雨 1992.10.22 90位 Just All My Love TODT-2926
13 人魚のTシャツ 1993.8.4 94位 Kara Kara 天気 TODT-3083
14 明日(あす)の行方 1993.12.8 123位 Kara Kara 天気 TODT-3163 読売テレビ「のんの結婚」主題歌
15 悲しみでは終わらない 1994.4.27 107位 まぼろしの愛でも TODT-3212
16 寂しさに壊されても 1995.7.19 198位 終わらない終わらせない TODT-3541

オリジナル・アルバム[編集]

  1. May be Dream(1989年7月19日、CT32-5521)
  2. Myself(1990年2月28日、TOCT-5639)
  3. Behind the Heart(1990年9月5日、TOTC-5828)
  4. Der Traum(1991年2月14日、TOCT-6004)
  5. 太陽のバカンス(1991年6月28日、TOCT-6175)
  6. 少女でいられたら(1992年6月24日、TOCT-6520)
  7. 今の私で…(1992年12月2日、TOCT-6906)
  8. Sure(1993年9月22日、TOCT-8157)

ベスト・アルバム[編集]

  1. Discovery(1991年12月4日、TOCT-6356)
  2. BALLAD(1994年8月24日、TOCT-8488)
  3. TWIN BEST/田村英里子(1998年3月28日、TOCT-10248/9)
  4. ゴールデン☆ベスト 田村英里子(2003年6月25日、TOCT-10914)
  5. NEW BEST 1500(2005年8月24日、TOCT-11041)

映像作品[編集]

  1. Today(1990年)
  2. Dream Pilot(1990年)
  3. My Fair Girl(1991年)
  4. 誘惑のシンフォニー(1991年)
  5. Taste of VACANCE LIVE 1991(1991年)
  6. Sweet Farewell LIVE 1992(1992年)

写真集[編集]

  • 田村英里子 ET MAGAZINE PHOTO & HISTORY(1989年、近代映画社
  • 田村英里子 CDダンク(1990年、集英社
  • IMPRESSION(1990年、音楽専科社
  • IMPRESSION・改訂版(1991年、音楽専科社)
  • WHITE HEAVEN(1992年、ワニブックス
  • UNBALANCE(1993年、ワニブックス)
  • E(1995年、竹書房

書籍[編集]

  • ハリウッド・ドリーム(2009年3月、文藝春秋

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Heller, Matthew (2007年3月20日). “Actress Blames Fear of Fan Attacks on Web Site”. On Point News. http://www.onpointnews.com/NEWS/actress-blames-fear-of-fan-attacks-on-web-site.html 2011年10月16日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]