イノキ・ゲノム・フェデレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イノキ・ゲノム・フェデレーション株式会社
INOKI GENOME FEDERATION
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 IGF
本社所在地 日本の旗 日本
105-0003
東京都港区西新橋1-18-6
クロスオフィス内幸町7階
設立 2007年3月
業種 サービス業
事業内容 総合格闘技興行
プロレス興行
代表者 代表取締役会長 猪木寛至
代表取締役社長 高橋仁志
資本金 1億3,000万円
主要子会社 上海愛武文化発展有限公司
関係する人物 アントニオ猪木(創業者)
外部リンク IGF公式サイト
テンプレートを表示

イノキ・ゲノム・フェデレーションInoki Genome Federation)は、総合格闘技プロレス団体[1]。略称はIGF(アイ・ジー・エフ)。

歴史[編集]

イノキ・ゲノム[編集]

2006年新日本プロレス筆頭株主(実質は株主預かり)であった猪木が、所持する全株をユークスに売却、実質オーナーから退いた。同時に、同年9月1日に日本武道館にて、猪木vsモハメド・アリ30周年を記念し「イノキ・ゲノム 〜格闘技世界一決定戦2006〜」なる興行を開催することを明言。38万円のリングサイドチケットなど話題を振りまいたが、直前になっても武道館側が「予約すら入っていない」ことを明かし、その後延期を表明。10月15日に同所で行うことを猪木が明言したが、再び延期となり、11月に大木金太郎の追悼として韓国にて興行を行うと発表されたが、会場指定もされずに実現しなかった。1月に延期することが発表されたが、こちらもやはり実現しなかった。

IGF旗揚げ[編集]

2007年3月8日にプロレス復興をテーマに新団体旗揚げを発表。猪木は新団体の社長となった。猪木の娘婿であるサイモン・ケリー猪木も新日本プロレス社長を辞職し、新団体に合流した。

3月14日、資本金1億円で会社登記。東京・銀座に事務所を構え、4月1日から営業を開始。2006年より居酒屋チェーン「アントニオ猪木酒場」を展開している、焼肉屋さかいなどを傘下に持つ外食産業大手のジー・コミュニケーションの支援を得て、IGFの事務所も同社の東京オフィス内に構えられた。

IGF旗揚げ後[編集]

6月29日両国国技館にて旗揚げ興行「闘今 BOM-BA-YE」を8,426人の観衆を集めて開催。大方の予想を覆して大成功を収めた。観客数は実数で発表していると公表したが後に旗揚げの観客数は手違いで少なめに発表してしまったとサイモンが告白。メインイベントでは新日本プロレスで3代目IWGPヘビー級王座を獲得して、王座剥奪後も新日本にチャンピオンベルトを返却しなかったブロック・レスナーカート・アングルと非公式な3代目IWGPヘビー級王座戦で対戦し、アングルがアンクル・ロックで勝利してベルトを獲得した。その他、ジョシュ・バーネット小川直也らが勝利を収めた。

ちなみに、大会名を「闘魂」ではなく「闘今」としたのは、この時点で「闘魂」という商標が新日本プロレスのものになっていたからである[2]

ただし、その内側では当初協力を申し出ていた藤波辰爾及び藤波が代表を務める無我ワールド・プロレスリング(現:ドラディション)の参戦は実現せず直前になってハッスル等の他団体へ選手の貸し出しを要請したり、早々にメインとして決定したレスナーvsアングル戦を一旦白紙に戻した上でカード発表を開催当日に行うといったドタバタ劇が繰り広げられた。猪木は「予定通りでは面白くない。非常識の批判はあるが、その方が面白い。見たくない奴は来るな」とコメントした[3]

9月8日日本ガイシホールにて第2回大会「GENOME」を開催。メインではジョシュとドン・フライのUFC王者同士の対戦が実現し小川とプレデターのド迫力ファイト等、好試合を展開。試合内容に賛否はあるものの、小原道由タカ・クノウ等の我武者羅ファイトは概ね好評であった。

12月20日有明コロシアムにて第3回大会「GENOME2」の開催。アングルが再度参戦し、当初はブッカー・Tと対戦予定であったが、「書類上の不備」で来日せず、代わりにIGF初参戦のケンドー・カシンと対戦した。メインイベントは、三つ巴戦で既にレネ・ローゼを破っていた安田忠夫小川直也であったが、小川がSTOで安田をKOすると猪木が突然リングイン。小川と乱闘を繰り広げ、大混乱のまま大会が終了した。

2008年2月16日、「GENOME3」が有明コロシアムで開催され、小川とジョシュが初めてシングルで激突。ジョシュが小川から勝利を奪うも小川の抗議により再試合。2試合目は小川の勝利で1勝1敗となる。また、ブッカー・Tが初参戦してTAJIRIにフォール勝ちした。当時新日に参戦していたトラヴィス・トムコがIGF電撃参戦というハプニングもあった。

2008年9月13日U.W.F.スネークピットジャパンとの業務提携を発表。代表宮戸優光が現場部長、ヘッドコーチビル・ロビンソンがスーパーバイザーに就任した[4]

2010年5月9日に開催された「GENOME12」にて、キックボクサー角谷正義のデビュー戦を組んだ。以後は角谷を中心に、1大会に1試合程度のペースでキックボクシングルールマッチを組んでいる。

2010年9月25日に開催された「GENOME13」[5]にて、総合格闘家ティム・シルビアが参戦し、初のプロレスルールマッチでジョシュ・バーネットとの元UFC世界ヘビー級王者同士の対決が行われた。

2010年11月29日、同年に新日本プロレスを退団してフリーとなった猪木の愛弟子である蝶野正洋のプロデューサー就任が発表された[6]

2010年12月3日に「INOKI BOM-BA-YE 2010」[7]にを開催。

当初は所属選手ゼロで興行を打っていたが、2009年頃から猪木がスカウトした選手を抱えるようになった。

IGF王座設立、元K-1選手参戦[編集]

2011年にはIGF王座も新設され、2億円のチャンピオンベルトが披露され、2月5日の「GENOME14」から初代王者決定トーナメントを開始した。

2011年4月28日東京ドームシティホールで開催された「GENOME15」[8]に、K-1の看板スターであるキックボクサーのジェロム・レ・バンナが電撃参戦し、さらに初代IGF王座決定トーナメント1回戦にて異種格闘技戦鈴川真一と対戦し、プロレスルールとされた試合にもかかわらず、ケーフェイの無い完全なガチンコの真剣勝負で行われたことでファンや関係者に大きな衝撃を与えた。同大会を視聴していた総合格闘家の青木真也北岡悟らもTwitter上でこの試合が真剣勝負だとツイートした。

アントニオ猪木は以前から「俺はプロレス(ケーフェイ)と格闘技(ガチンコ・真剣勝負)を分けて考えたことは一度も無い。強さの追求をしているという点で根は同じ」と語っており、バンナvs.鈴川戦について聞かれた各インタビューでもそのことを改めて強調した。その後も、IGFでは表向きはプロレスルールとした試合でガチンコと思われるような試合が稀に行われている。

2011年にはK-1を主催するFEGが資金難によるファイトマネー未払い問題やK-1の大会開催予定の目処が全く立たないため、バンナのIGF参戦をきっかけにレイ・セフォーピーター・アーツらK-1ファイター達がIGFに参戦するようになった。

同年6月20日、「アントニオ猪木道場」を設立。本格的な選手育成に取り組む。また、「IGF中国」の設立も発表した。その後もヨーロッパやアメリカなどに支部を設立し、IGFのテレビ放送を世界各国で放送する計画を発表している。

同年8月27日東日本大震災復興イベントとして「INOKI GENOME 〜Super Stars Festival 2011〜」[9]を開催した。

同年12月2日INOKI BOM-BA-YE 2011[10]を開催。12月4日には宮田和幸の提案もあって、震災被災地である福島県いわき市いわき明星大学にて「闘魂祭り in いわき」を開催した。

同年12月31日総合格闘技団体DREAMと合同で「元気ですか!! 大晦日!! 2011[11]を開催した。

2012年7月10日、IGF中国改め「上海愛武」旗揚げ戦となる「第1回世界総合格闘技(KF-1)大会」を上海国際体操中心にて開催した。

同年12月、猪木が現役時代アクラム・ペールワン戦を行ったパキスタンでの興行を決行。

総合格闘技を重視へ[編集]

2012年12月31日、両国国技館にて単独での大晦日興行となるINOKI BOM-BA-YE 2012を開催。北京オリンピック柔道男子100kg超級の金メダリスト石井慧と契約して、元UFC世界ヘビー級王者ティム・シルビアとの対戦を総合格闘技(MMA)ルールで実現させたほか、PRIDE無差別級GP2006王者でK-1 WORLD GP 2012王者ミルコ・クロコップを参戦させるなど、MMAルールの試合が4試合組まれた。

2013年からも、GENOME28を除く全ての大会で石井慧を主力としてMMAルールの試合が組まれており、GENOME 24では石井慧 vs. ジェフ・モンソン(ただし、モンソンは急遽欠場)、GENOME 26では石井慧 vs. ペドロ・ヒーゾといった、独占契約のUFCに所属していない選手の中で実績ある選手の参戦も実現させた。また、GENOME 24までは大会名称に「IGFプロレスリング」と入っていたが、真剣勝負を意味する「ガチンコ」の対義語として予定調和の意味で「プロレス」という言葉が使われている事に以前から苛立ちを露わにしていた猪木が、GENOME25以降は団体名から「プロレス」を削除した。

2013年には日本最大の総合格闘技団体だったDREAMが完全に消滅したこともあって、日本国内に総合格闘技の大規模な大会がなくなり、海外に活躍の場を求める選手が増える一方で日本国内で戦うことにこだわる総合格闘家がIGFに参戦するようになる。同年12月31日、INOKI BOM-BA-YE 2013を開催し、同大会には第2代DREAMライト級王者で現ONE FC世界ライト級王者の青木真也や初代戦極ライト級王者北岡悟らの参戦、さらにStrikeforceBellator MMAのヘビー級で活躍したブレット・ロジャースと4ヶ月前までUFCに参戦していたフィリップ・デ・フライの対戦を行ったほか、メインイベントのIGF王座戦が初めてMMAルールで行われるなど、プロレスルールよりもMMAルールの試合の方が多く組まれた。

2014年の興行より、従来のプロレスルールをメインにした大会「GENOME」と、総合格闘技ルールをメインにした新たな大会「INOKI GENOME FIGHT」の2種類を開催していき、「INOKI BOM-BA-YE」は両大会のオールスター大会として開催、2014年からはMMAとプロレスの割合は、7:3か8:2でMMAを重視していき。2014年の全大会がフジテレビ地上波放送されることを発表した。なお、2013年まではIGFで行われるプロレスルールのことをIGFルール、MMAルールのことをIGF MMAルールと呼んでいたが、2014年からはプロレスルールのことを『GENOMEルール』、MMAルールのことを『IGFルール』にそれぞれ名称変更し、やや紛らわしくなっている[12][13]

8月30日、31日には北朝鮮平壤柳京鄭周永体育館で興行が行われる。

タイトルホルダー[編集]

IGFが管理する王座
タイトル 保持者 歴代 防衛回数 次期挑戦者
IGF王座 ミルコ・クロコップ 第4代 0

所属選手[編集]

スタッフ[編集]

役員[編集]

過去のスタッフ[編集]

故人[編集]

フリー、他団体参戦選手[編集]

試合中継[編集]

テレビ放送は当初、スカチャンで2000円のペイ・パー・ビューによる生中継、地上波では、第2回大会以降を東海3県ローカルの東海テレビで放送していた。

2009年以降はFIGHTING TV サムライで中継。

2011年8月からニコニコ動画にて「アントニオ猪木密着チャンネル 1,2,3 猪木ダァー!!」を開始し、IGFの記者会見や大会の裏側などを生中継している。

2011年8月27日の「INOKI GENOME 〜Super Stars Festival 2011〜」で初めてニコニコ動画での無料生中継を行った。

2011年12月31日の「元気ですか!! 大晦日!! 2011」は15時~18時までの第一部をニコニコ動画とFIGHTING TV サムライで無料生中継、18時以降はニコニコ動画は第二部は無料、第三部は有料、スカチャンでは第二部・第三部ともに有料で生中継することを発表した。

2012年からはニコニコ動画での無料生中継に加えて、BS11にて「スーパーファイティングIGF」のタイトルでGENOME18からGENOME23までを録画放送された。

2012年12月31日のINOKI BOM-BA-YE 2012は、BSフジにて大会当日の19時から2時間25分枠で録画中継され、加えてフジテレビ関東ローカルにて2013年1月3日の25時40分から1時間枠で地上波放送された。

2013年の大会は中継が無いままだったが、大晦日のINOKI BOM-BA-YE 2013は、ニコニコ動画で有料生中継されたほか、フジテレビで2014年1月3日の25時40分から1時間枠で地上波放送された。

2014年は全大会がフジテレビで地上波放送されることが決定している。

大会一覧[編集]

大会名 開催年月日 会場 開催地 入場者数
INOKI BOM-BA-YE 2014 2014年12月31日 両国国技館 日本の旗東京都墨田区
GENOME31 2014年10月13日 愛知県体育館 日本の旗愛知県名古屋市 3,888
INOKI GENOME FIGHT 2 2014年8月23日 両国国技館 日本の旗東京都墨田区 7,035
東日本大震災復興チャリティーイベント
元気祭り2014
2014年7月27日 青森産業会館 日本の旗青森県青森市 1,200
2014年7月26日 グリーンピア三陸みやこ多目的アリーナ 日本の旗岩手県宮古市 1,000
2014年7月25日 大船渡市民体育館 日本の旗岩手県大船渡市 700
2014年7月24日 気仙沼市総合体育館 日本の旗宮城県気仙沼市 1,000
2014年7月23日 石巻市総合体育館 日本の旗宮城県石巻市 -
2014年7月22日 岩沼市総合体育館 日本の旗宮城県岩沼市 1,100
2014年7月21日 スポーツアリーナそうま 日本の旗福島県相馬市 -
2014年7月20日 いわき明星大学陸上競技場 日本の旗福島県いわき市
GENOME30 2014年7月13日 福岡国際センター 日本の旗福岡県福岡市 4,889
INOKI GENOME FIGHT 1 2014年4月5日 両国国技館 日本の旗東京都墨田区 6,899
INOKI BOM-BA-YE 2013 2013年12月31日 9,123
GENOME29 Road to INOKI BOM-BA-YE 2013 2013年10月26日 東京ドームシティホール 日本の旗東京都文京区 3,098
GENOME28 2013年9月28日 愛知県体育館 日本の旗愛知県名古屋市 5,005
GENOME27 2013年7月20日 ボディメーカーコロシアム第1競技場 日本の旗大阪府大阪市 5,678
GENOME26 2013年5月26日 東京ドームシティホール 日本の旗東京都文京区 3,095
GENOME25 2013年3月20日 福岡国際センター 日本の旗福岡県福岡市 6,008
GENOME24 2013年2月23日 東京ドームシティホール 日本の旗東京都文京区 3,070
INOKI BOM-BA-YE 2012 2012年12月31日 両国国技館 日本の旗東京都墨田区 8,778
INOKI BOM-BA-YE WORLD SERIES in PAKISTAN 2012年12月5日 カイユームスタジアム パキスタンの旗ペシャーワル 25,000
2012年12月2日 ナショナルホッケースタジアム パキスタンの旗ラホール -
GENOME23 2012年10月16日 東京ドームシティホール 日本の旗東京都文京区 3,022
GENOME22 2012年9月29日 愛知県体育館 日本の旗愛知県名古屋市 5,378
GENOME21 2012年7月14日 ボディメーカーコロシアム 日本の旗大阪府大阪市 5,826
第1回世界総合格闘技(KF-1)大会 2012年7月10日 上海国際体操中心 中華人民共和国の旗上海市 5,588
GENOME20 2012年5月26日 東京ドームシティホール 日本の旗東京都文京区 2,828
GENOME19 2012年3月20日 福岡国際センター 日本の旗福岡県福岡市 6,005
GENOME18 2012年2月17日 東京ドームシティホール 日本の旗東京都文京区 2,806
元気ですか!! 大晦日!! 2011 2011年12月31日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗埼玉県さいたま市 24,606
闘魂祭り in いわき 2011年12月4日 いわき明星大学 日本の旗福島県いわき市 2,000
INOKI BOM-BA-YE 2011 2011年12月2日 両国国技館 日本の旗東京都墨田区 8,655
GENOME17 2011年9月3日 愛知県体育館 日本の旗愛知県名古屋市 6,288
INOKI GENOME 〜Super Stars Festival 2011〜 2011年8月27日 両国国技館 日本の旗東京都墨田区 11,600
GENOME16 2011年7月10日 東京ドームシティホール
(旧・JCBホール)
日本の旗東京都文京区 3,088
GENOME15 2011年4月28日 2,988
GENOME14 2011年2月5日 福岡国際センター 日本の旗福岡県福岡市 5,885
INOKI BOM-BA-YE 2010 2010年12月3日 両国国技館 日本の旗東京都墨田区 8,625
GENOME13 2010年9月25日 JCBホール 日本の旗東京都文京区 2,958
GENOME12 2010年5月9日 大阪府立体育会館第1競技場 日本の旗大阪府大阪市 6,588
GENOME11 2010年2月22日 JCBホール 日本の旗東京都文京区 2,780
GENOME10 2009年11月3日 2,780
GENOME9 2009年8月9日 有明コロシアム 日本の旗東京都江東区 6,523
GENOME8 2009年3月15日 広島サンプラザホール 日本の旗広島県広島市 5,278
GENOME7 2008年11月24日 愛知県体育館 日本の旗愛知県名古屋市 5,983
GENOME6 闘魂BOM-BA-YE 2008年8月15日 両国国技館 日本の旗東京都墨田区 7,288
猪木GENKI祭 2008年6月25日 函館市民体育館 日本の旗北海道函館市 2,836
GENOME5 北海道元気サミット 2008年6月23日 月寒アルファコートドーム 日本の旗北海道札幌市 4,647
GENOME4 大阪初見参! 2008年4月12日 大阪府立体育会館第1競技場 日本の旗大阪府大阪市 5,582
GENOME3 〜猪木Memorial65〜 2008年2月16日 有明コロシアム 日本の旗東京都江東区 6,139
GENOME2 〜猪木Fighting Xmas〜 2007年12月20日 6,233
GENOME 2007年9月8日 日本ガイシホール 日本の旗愛知県名古屋市 7,684
闘今BOM-BA-YE 2007年6月29日 両国国技館 日本の旗東京都墨田区 8,426

脚注[編集]

  1. ^ 公式サイト・IGFとは?
  2. ^ 新日本 猪木の肖像権を取得 この中に「闘魂」という商標も含まれている
  3. ^ 1・2・3・詐欺ダァー?アントニオ猪木の興行大混乱 - 夕刊フジ(2007年6月28日号)
  4. ^ IGF、スネークピット・ジャパン業務提携 IGF公式サイト 2008年9月17日
  5. ^ プロレスデビュー戦で元若麒麟・鈴川がコールマンから大金星!ジョシュはUFC元王者対決を制し、WWEのビンス会長が猪木に対戦要求!? - バトル・ニュース 2010年9月25日
  6. ^ 蝶野IGFプロデューサーに就任 - 日刊スポーツ 2010年11月30日
  7. ^ 7年ぶりに開催された猪木祭りのメインで、強敵シウバを倒した鈴川は両国国技館のど真ん中で四股を踏む! - バトル・ニュース 2010年12月3日
  8. ^ 何度ダウンしてもバンナに向かっていった鈴川だが、トーナメント1回戦で敗退!猪木は自粛ムードを元気で吹っ飛ばす - バトル・ニュース 2011年4月28日
  9. ^ 初代王者のバンナが藤田をKOして2億円ベルト初防衛!鈴川は何度も立ち上がるが、アーツに惨敗!蝶野は自演乙に貫禄勝ち! - バトル・ニュース 2011年8月27日
  10. ^ バンナがジョシュをKOして真のIGF王者に!初のタッグマッチでアーツが藤田をハイキック葬!猪木は国王よりも大王になりたい!? - バトル・ニュース 2011年12月2日
  11. ^ ヒョードルが年明け直前に石井をKO!桜庭相手に鈴川&澤田が大暴れ!菊野と自演乙は壮絶な殴り合い!青木は北岡に激勝! - バトル・ニュース 2011年12月31日
  12. ^ 4.5 IGF 1両国大会で「石井慧vsフィリップ・デ・フライ」!2014年間スケジュールも発表!”. アントニオ猪木 IGFプロレスリング (2014年2月6日). 2014年2月6日閲覧。
  13. ^ 【IGF】猪木がMMAをメインに2大会、大みそか開催も発表 - eFight 2014年2月6日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]