ケーフェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケーフェイあるいはケッフェイ: Kayfabe、原語発音:[keɪfeɪb]ケイフェイブ)は、プロレスでの試合・闘いがあたかも演技・演出ではないかのような幻想を人々に与えつづけること、つまり演技を続けること、を指すためのプロレス関係者の隠語

語源[編集]

ケーフェイ (Kayfabe) という語の発祥には様々な説が存在する。

  • Cate Fabri説
ラテン語の「Cate Fabri(偽る)」の頭の"CA-FAB"の英語読み・kayfabeの転化とする説。
  • Kay Fabian説
巡業中のレスラーが目的地に無事に到着したことを知らせるにおいて当時は高額であった長距離の電話代を節約するため家族にコレクトコールで"Kay Fabian"の偽名でかけて断らせたことを起源とする説。
  • Be Fake説
「でっち上げてくれ」を表す英語のBe Fakeを逆から読んだとする説。

概要[編集]

プロレスリングというのは起源はいくつか辿り得るが、ひとつにはカーニバルやキャッチ・レスリングに求めることができ、そこでは"kayfabe" という用語は、"protecting the secrets of the business"(ビジネスの秘密を守る)といった意味のcarny slangとして用いられていた。

観客側の意識はともかくとして、プロレス関係者はプロレスの試合を、観客が見たがっている架空の世界を見せて楽しませるショーとして行っている。 プロレスのリングやリングまわりというのは、演劇で言えば役者が役を演ずる舞台に相当する。 通常の演劇の場合であれば、観客は役を演ずる役者を見て、架空の世界があたかもそこに現前しているかのように感じ、観客にとっての日常からいっとき解放されることを楽しむ。もしも役者が舞台の上で突然演技を止めて素の本人に戻ってしまったりしたら、観客はすっかり興ざめして白けてしまう。演劇の場合ならば、役者は舞台の上だけでその役を演じ切れば(程度の差はありはするが、おおむね)良いと見なされており、舞台を降りれば素の自分に戻ることが(ある程度/それなりに)許されている。演劇ならばある期間ごとに演目が変わり、ひとりの役者が演じる《役》も次々と変化してゆく。ただし役者によっては特定の傾向の《役》ばかりを演じることがあり、観客の中には一定の割合、舞台上や画面内で造られた幻想が現実であって欲しいと願ったり、現実だと錯覚することで役者に惹かれている人々がおり、役者が《役》以外の、本人の素(す)の姿を見せるとそれに幻滅を感じて、それ以降はお客として見に来たりお金を落としてくれなくなってしまう人々が一定割合存在している。特にプロレスの場合は、演技を行う場は、ひとつひとつの試合のリング上だけでなく、ファン向けのあらゆるメディアで報じられることになるリング外でのレスラー同士のやりとりも含んでおり、演劇のようには舞台と舞台外の線引きははっきりしておらず、レスラーはリング上だけでなく、リングの外、レスラー同士のやりとり、果ては通常の生活場面においてもプロレスにおける《役》を演じ続けることが求められる傾向が強い。つまり、プロレスラーにとっては、(業界関係者を除いて)人間がいる場所であればどこでも(演劇で言えば)舞台上にいるようなもので、常に演じることが求められる構造になっているのである。そうしたあいまいな線引きの状況の中で、観客の中には、プロレスラーがリング上で行ったり語ったりする内容が本当に現実のものだと思っていたり、(そうではないと気付いていても)せめて《役》を演じ続けて楽しい幻想を見せ続けて欲しい、と願う素朴な心情を強く持っている人々の割合は多く、プロレス業界というのは観客たちのそうした心情によって成り立っている面が強いので、プロレスラーが人々の前において役を演じることを止めて素の本人に戻ってしまうことは一種のタブーに属することになっているのである。

アメリカでのケーフェイ[編集]

例えば、アメリカのプロレスにおいては、実際は血縁関係の無い者同士が、リング上では血のつながった兄弟を演じているタッグチームや、ガールフレンドを強奪するために相手の試合に場外乱入して決闘を申し込み最後には善玉が悪玉に勝利して善玉とガールフレンドの結婚式がリング上で執り行われるなどの演出が行われる。アメリカにおける「ケーフェイ」とは、このような架空の敵対関係あるいは恋愛関係をリングの外でもマスコミやファンの前で演じる続けることである。アメリカのプロレスラーは、リング外でも、通常の街中でも、一般人が見ている可能性があるところでは、常に自らの「役」を演じ続けなければならない。場合によっては自宅へかかってくる電話でも役名でしか返事をしないなど徹底している場合もあり、演技から解放されるのは、親戚家族や親友及び業界関係者だけしか存在しない状況だけである。

ケーフェイ破り[編集]

このケーフェイが破られた例で有名なのは1996年WWFにおける「カーテンコール事件」で、実生活では親友同士であるがリング上で善玉・悪玉の敵対関係にあるショーン・マイケルズハンター・ハースト・ヘルムスリーディーゼルレイザー・ラモンの4選手が、試合終了後に同団体での最後の試合(後者2名は他団体への移籍が決定していた)を祝して観衆の前で抱擁を交わし、これが観客によって撮影され一般に出回ってしまった事件である。この事件後、違反者は前座に回されるという懲罰を受けた。

また、善玉として認知されていたレスラーが私生活上のスキャンダルをマスコミで報じられた場合、その選手は悪玉に転じ、ファンに知られてしまった悪的な要素を台本に反映するなどして逆利用することもある。

日本[編集]

日本では、「ケイフェイ」について、ミスター高橋が「『聞かれるな、注意しろ。話題を変えよう』という暗号のようなもの」と解説した[1]


ケーフェイの存在が認められた判例[編集]

プロレスの場外乱闘により重傷を負ったとしてプロレスラーが対戦相手及びそのセコンドの側に損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地方裁判所の野村高弘裁判官は、「プロレスでは試合の勝敗等に関する『事前の取り決め』が存在する」という事実を認定した上で、当事者間の一連の行為に対して「観客に見せる興行としてのプロレスとは異質な暴行」や「事前の打ち合わせにない行き過ぎ」といった司法判断を下したことがある[2]

関連書籍[編集]

レスラー自身がケーフェイの詳細について語ったもの。
著者は新日本プロレスの元レフェリー。
  • 井上譲二、『「つくりごと」の世界に生きて ―プロレス記者という人生』、宝島社、2010年、ISBN 978-4796676366
著者はプロレス雑誌「週刊ファイト」の元編集長。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]